LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ホン・サンス監督作品『ソニはご機嫌ななめ』『ヘウォンの恋愛日記』公開記念!犬山紙子さん(イラストエッセイスト)トークイベント!

ホン・サンス映画から学ぶ、恋愛あるあるテクニック!

祝・ご結婚!犬山紙子さんが語る、幸せになる方法

韓国のみならず、ヨーロッパでも絶大な人気を誇り、近年、特集上映をきっかけに日本でもファンが急増しているホン・サンス監督。加瀬亮主演『自由が丘で』(12月公開予定)の本年度ヴェネチア国際映画祭への正式出品が決まるなど、その勢いは止まることを知らない。

そのホン・サンスが昨年発表した恋愛映画の新作2本『ヘウォンの恋愛日記』、『ソニはご機嫌ななめ』がシネマート新宿にて公開中。連日満席が出るほど盛況の本作の公開を記念して『ソニはご機嫌ななめ』の上映後にイラストエッセイストの犬山紙子さんをお招きしてのトークイベントが行われた。

【開催概要】

日程:8月23日(土)18:20-18:50

場所:シネマート新宿 スクリーン2(新宿区新宿3丁目13番3号 新宿文化ビル7F)

登壇者:犬山紙子さん(イラストエッセイスト)

『ソニはご機嫌ななめ』をすごく気に入っていただいたとのことですが。
犬山さん:男性が描いた女の子っていうのは、神格化されてることが多くて、かわいくてちょっと変なんだけどピュアで一途みたいな女の子だったり、もしくは風俗とかで働いてるんだけどすごくピュアみたいな、そういう設定の女の子が多くて、ファンタジーだからいいんですけど、こんな都合のいい女の子はいないよねと思ってたので、『ソニはご機嫌ななめ』を見てすごいと思いました。神格化されずにヒロインが描き切れていると思って感動しました。
神格化されていない、主人公ソニのキャラクターをどうご覧になりましたか。
犬山さん: 最近よくサークルクラッシャーと言う言葉をネットなんかではよく聞くんですが、そういうタイプかなと思いました。ひとつのサークル、集まりの中にいてみんなをメロメロにさせて、仲を悪くする女の子ですね。ファム・ファタール的な女性ですね。それで、クリエイターっぽい人が集まるサークルには、ソニのような人が存在しがちで、みんなでマンガ書こうよっていうコミュニティの中には実際いましたね、こういう人。そういう人が巻き髪に白ワンピとかだと、モテを狙ってるとわかってみんな警戒するんですよ。
ただソニくらいの絶妙なファッションでみんな警戒しなくなるんですよ。肌の露出もないし、デニム履いて洋服に無頓着な女の子のイメージなんですよ。スッピン、黒髪、マフモコ……マフラー巻いて髪の毛の後ろがクシャってなるんですよ(笑)、それにリュックとかも男性みんな好きじゃないですか。そういうので警戒心を解きつつ、実は計算されていて、でも実は選ばれし女子にのみ出来ることだと思うんですよ。
そんなソニを好きになってしまう男性3人はどうですか?
犬山さん:メッチャかわいくて、バカだなーと思いながらもホントかわいいと思って(笑) 男性3人はクリエイターなのでソニのことをめちゃくちゃ神格化してるんですよね。「あいつはかわいいけど、ちょっと変わってるんだよ」とか。そこにホン・サンス監督の3人の男性についての“愛のある皮肉”をすごく感じて、その皮肉を交えて見ると、すっごくかわいく見えますね。バカだなーとは思いますけども。
実際、ソニは幸せなんですかね。
犬山さん:どうですかね。 本人の幸せをどこに置くかだと思うんですけど、彼女って夢を叶える女性だと思うんですよ。周りの男の子がドンドンドンドン押し上げてくれるというか、これもクリエイター女子あるあるだと思うんですけども。クリエイター志望で、かわいくって、ちょっと素朴な感じのする子っていうのは、才能のある男性が、ちょっとでもいいところすごく褒めて、上に上げて伸ばしてくれるいい環境に来ることが多い。女からは嫉妬を買うと思うんですけど、最終的に夢を叶えるっていうのは案外できるんじゃないかなと思うんです。ただ奔放さが事件を呼ぶことがおおいので、私生活はハラハラするものになるんじゃないと思いますね。
ソニに学ぶ、明日から使えるモテ・テクニックを教えてください。
犬山さん:冒頭で言ったファッションとか、ただあれは選ばれし者のみのもので。ただ、やっぱり地味になり過ぎちゃったりもするので、一見無頓着に見せるっていうのはすごい強いかなと思います。「男の目線を意識してませんよ」っていうのはすごく使えると思います。ソニは「オレだけにしかわからない、あいつの良さ」みたいなのを演出するのがすごくうまくて(笑)いつもソニは1対1で全部勝負をしかけてる、誰かいる時に勝負をしかけるんじゃなくて。ちゃんと1対1で女の一面を見せたりする、っていうのはやっぱりうまいですね。頰っぺさわるとか、お母さんが子どもを触るような仕草でもあり、やっぱりちょっとドッキリさせるみたいなほんとにいいあんばいのスキンシップですよね。
犬山さんの「モテ」の分類だと、ソニはどう位置づけされますかね?
犬山さん:王道モテと邪道モテ。ソニはまさしく邪道モテタイプじゃないですかね、サークルクラッシャータイプ。ソニは、またその中で分類するとニッチモテというところにあるのかなと思います。女の子があまりいないところに入っていって、いまで言うとオタサーの姫、オタクのサークルにひとりいる女の子、それが姫って呼ばれるんです。ソニがもし女子アナみたいな中に入ったら、うまくいかないんですよ。ちゃんとウブなクリエイター男子の所にいってるっていうのはすごいと思います(笑)
ほかにも、ソニの恋愛テクニックはありますか。
犬山さん:ソニはもう、はぐらかす能力がピカイチだなと思いました。男の子が核心をついた話をしようとするじゃないですか、その時に「また今度ね」っていうんですよね。そこをスパッと断るんじゃなくて、まだ何かあると匂わせつつ今は言わないみたいな、今は私も辛いのよ、みたいなことを言いながら、期待しか煽らないみたいな。演歌の女みたいなすごいテクニックを使いますね。“はぐらかす”っていうのは昔からある恋愛のテクニックのひとつだなと見ながら思いましたね。
この映画ならではのおもしろポイントはありましたか?
犬山さん:誰かが言ったことを自分のものにして、更に酒の席だとほんとに自分のものだと勘違いして、めぐりめぐって自分のとこに来るかと(笑)あるなーって、めちゃくちゃおもしろいですよね。たぶん私もやってると思うんですよね。本で読んだ知識とかを、勝手に自分のものにして言ってたりとか。
映画にそんな詳しくない私が見ても、ホン・サンス監督の映画はめちゃくちゃおもしろいと思いました。軽薄な女子にも大丈夫(笑)。私も洞察力とか言われるんですけど、みんな観察してるし、洞察もしてるんですけど、それを表に出すかどうかの違いと思うんですよ。「みんな見てるなー」って思いますよ、人と話してると。みんな観察してます、洞察してますっていうと性格悪いって言われるので表に出さないんですけ、私はそれを表に出した(笑)
ホン・サンス監督も、犬山さんのブログみたいに描き方が独特だと思うんですが?
犬山さん:あんな長回しよくできるなっていう。しかもほんとに自然な。みんなすごいリアルな演技をされるじゃないですか、そこにそのままいそうっていう。そこにチキン屋があった、そこにいそうっていう。隣で見てる感じがあって。 でも現場で実際お酒を飲んでるって言うのを聞いて、なるほどって思いました。お酒を仕事の前に一杯飲んでおくといいんですよね。今日も一杯だけ飲んで来たんですけど(笑)。一杯のむと自然な気取らない感じになるので。だから役者さんたちも全然気取ってない、そこにいる人たちになってましたね。酒ってやっぱりすごいなって思いました(笑)
今日は男性の方もたくさんいますが、ソニに引っかからないためにはどうしたらいいですかね?
犬山さん:女性を神格化し過ぎないことですかね。体の関係がないと、より神格化しやすい傾向にあるんですよ。私の友達も、1回キスをしただけの関係の男性と別れて、3年くらい男性に追いかけられたんですけど、会わなければ会わないだけ神格化が進み、最終的には君は「ブラジルの聖なる山だ、石だ」みたいなポエムが届いて(笑)。その時、その友達がヤッてないと、こうなるんだねってお酒飲んで笑ってたんですけども(笑)
犬山さん、ご結婚されたということで本当におめでとうございます。彼氏がずっといないとおっしゃっていて、急にご結婚されて、なにか変化はありましたか。
犬山さん:彼氏が出来たのは1年2ヶ月前なんですけど、それもほんとにタイミングと運と、出会う、出会わないとはそういう所なので。 やっとそのタイミング来た、みたいなそんな感じですね。自分にとっていい人。他の人からしたら、何であんなとか、犬山なんかには勿体ないみたいな感じもあると思うんですけど、一番私が苦手とする分野を得意としてる方なので。というのは、私がほんとに性格が気が短くて、猛々しいんですよ、日本海の荒波のような(笑)。逆に彼は気が長くって、怒らないタイプなので、長くやっていくにはこういう人なのかなと思いました。
付き合うっていうのは私からですね。向こうは若干最初、逃げてたんですけど、そのまま突っ走って。結婚もプロポーズがあったとかそういう風ではなくて、ただただ現実の中の延長線上で結婚があったというか、私が実家に帰るたびに「いつ結婚するんだ」と言われる、それを私がすごいストレスに感じる、それを彼氏に荒波のようにぶつける、彼氏はそれをストレスに思う(笑)。毎回こんな思いするんだったら結婚してしまった方が早いっていう。そんな感じでしたね。
ぜひ旦那さんとも『ソニはご機嫌ななめ』見ていただきたいと思います。
犬山さん:実はさっき一緒に見て来ました。トークをするにあたってもう一度見直そうと思って。「神格化されてない女が描かれているから一緒に見よう」って。見てたら旦那のほうも、「わかるわかる。こういう女の子、いる。やっぱかわいいもん」って。旦那も音楽プロデューサーでクリエイティブな業界にいます(笑)。でも旦那がマジでソニのことかわいいって言うと、ちょっとイラっとしましたけど(笑)。なに、ダマされてんだよって(笑)。でも男性だけじゃなくて、女の子が見て、このヒロインしっくり来るっていう、その爽快感に満ちあふれてるので、ぜひ女の人にも見て欲しいですね。
ホン・サンス監督作品『ソニはご機嫌ななめ』『ヘウォンの恋愛日記』
シネマート新宿にて絶賛<2作品>同時公開中!
■公式サイト 
http://www.bitters.co.jp/h_s/index.html
■関連記事 ホン・サンス監督作品『ヘウォンの恋愛日記』『ソニはご機嫌ななめ』コメント到着!
http://culture.loadshow.jp/topics/hon-santh/
『ソニはご機嫌ななめ』

【内容】

ホンサンスソニは、アメリカ留学の推薦状を頼むため、チェ教授に会いに大学を訪れる。その帰り道、元カレのムンス、先輩の映画監督ジェハクに出会う。 ソニに気がある3人の男たちは、それぞれ「人生訓」を披露する—ソニをめぐる四角関係を描く本作は2013年ロカルノ国際映画祭 監督賞を受賞、監督作史上最大のヒットを韓国本国で記録した一作である。

監督:ホン・サンス

出演:チョン・ユミ、イ・ソンギュン、キム・サンジュン、チョン・ジェヨン

提供:ビターズ・エンド、サードストリート/配給:ビターズ・エンド

『ヘウォンの恋愛日記』

【内容】

ヘウォンは大学生。教授であるソンジュンとの秘密の関係を終わらせたいと思っている。カナダに移住する母親との別れで落ち込んでしまい、しばらくぶりにソンジュンに連絡してしまう— ヘウォンを演じるチョン・ウンチェはモデルとしても活躍し『超能力者』(10)で映画デビューした韓国の新星女優。また、本作にはなんとジェーン・バーキンが特別出演。冒頭の主人公ヘウォンとジェーン・バーキンの何ともチャーミングなやり取りは必見。

監督:ホン・サンス

出演:チョン・ウンチェ、イ・ソンギュン、ユ・ジュンサン、イェ・ジウォン/特別出演:ジェーン・バーキン

提供:ビターズ・エンド、サードストリート/配給:ビターズ・エンド

  • 『犬山紙子(いぬやま かみこ)』
    1981年生まれ。愛犬家。イラストエッセイスト。

    美女達のトホホネタをまとめたエッセイ「負け美女」(マガジンハウス刊)、峰なゆかとの対談本「邪道モテ!」(宝島社刊)をはじめ「街コンのホントのところ」(新人物往来社刊)、「嫌われ女子50(ベストセラーズ)、「高学歴男はなぜモテないのか」 (扶桑社新書)などが好評発売中。テレビやラジオ、雑誌などでも活躍。瀧波ユカリとの共著の新刊「女は笑顔で殴りあう?マウンティング女子の実態?」(筑摩書房)も話題に。