LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

染谷将太 主演 『寄生獣 完結編』公開記念企画「見てきたよミギー!」

4月25日(土)ROADSHOW

染谷将太が主演する映画『寄生獣 完結編』 (2015/監督:山崎貴)が、4月25日より全国公開となる。若手実力派としてこれまで数々の映画に出演し、『ヒミズ』(2012/監督:園子温)では、第68回ヴェネチア国際映画祭 / マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。今後も多くの話題作が公開待機中となっている。今回LOAD SHOWでは『寄生獣 完結編』の公開を記念して、「見てきたよミギー」と題したサプライズ・プレゼント企画を敢行!プレゼントの中身は、『寄生獣』の巨大パネル前で撮影された、染谷氏をよく知る仲間達の集合写真!果たして氏のリアクションや如何に!?

おもむろに染谷氏にパネルを手渡します。

※写真奥左より、菊地健雄(映画監督)、川瀬陽太(俳優)、結城秀勇(映画批評)、手嶋慎(Makers デザイナー)、竹鶴陽一(カメラマン)、写真手前左より、北原豪(株式会社Sunborn CEO)、長岡亮介(音楽家)、岡本英之(LOAD SHOW Producer)、写真上段左より、浜本亮(ミュージシャン)、川邊崇広(LOAD SHOW Director)

撮影中、『寄生獣』ファンのおじさん達の集まりにしか見られていませんでした……。

爆笑!!

リアクションがあって良かった……。

おまけの集合写真とともに、染谷氏へのメッセージを掲載して、本企画を締めくくりたいと思います!

アクションとユーモアを右手に、人の怒りと哀しみを心の両手に宿した染谷将太にロックンロールを感じました。

菊地健雄(映画監督)

朝起きたら右手が右手がペンキ塗り用のハケになってました。どうする?(大喜利風にお答えください)

川瀬陽太(俳優)

※回答はどこかで発表したいと思います!

「染谷将太」。彼はわたしたちが実験により創りあげたか弱い「仲間」の1人ではあるが…… 無敵だ。

結城秀勇(映画批評)

漫画ドンピシャ世代なので、色々不安はありましたが、見事に裏切られました(笑)。ストーリーの抑揚と、パラサイトの食事シーン、漫画では伝わり難かった所が実写で、リアルなものになってゾクゾクもんでした。はい、完結編、観に行きますよ。

手嶋慎(Makers デザイナー)

いよいよの公開おめでとうございます!劇場で拝見するのが楽しみです。また一緒に写真やりましょう。

竹鶴陽一(カメラマン)

ミギーは僕のヒーローです。だから、染谷くんも自動で僕のヒーローです。

北原豪(株式会社Sunborn CEO)


公開おめでとう。前編でじわじわと変わっていく、じわじわと強くなっていく染やん、じゃないか新一か、が後半でどうなるのか本当に楽しみです。見に行くぜい。

長岡亮介(音楽家)

ミギーと話せる染谷さんに尊敬の念を込めて。完結編、またほろ酔いで観に行きます。

川邊崇広(LOAD SHOW Director)

『寄生獣』が実写作品になるとは、読んでいた時には思いもしませんでした。今だにびっくりしてます。配役にもびっくりしました。

浜本亮(ミュージシャン)

今夜の完成披露試写会にわくわくしながら、『寄生獣 完結編』のいくつかの原稿を仕上げているところです。楽しみ、楽しみ。

岡本英之(LOAD SHOW Producer)

※完成披露試写会は4/13に終了

映画『寄生獣 完結編』4月25日(土)ROADSHOW

企画・構成・写真 :岡本英之
      写真 :川邊崇広
      写真 :島村和秀
『寄生獣 完結編』
(C)2015 映画「寄生獣」製作委員会
原作:岩明 均「寄生獣」(講談社刊)

監督・脚本・VFX:山崎 貴

脚本:古沢良太/音楽:佐藤直紀

キャスト:染谷将太 深津絵里 阿部サダヲ

橋本 愛 新井浩文 岩井秀人 山中 崇 ピエール瀧 豊原功補

大森南朋 北村一輝 國村 隼 浅野忠信

東宝・日本テレビ提携作品

製作:映画「寄生獣」製作委員会

制作プロダクション:ROBOT

制作協力:東宝映画

配給:東宝
Story
右手に寄生生物ミギーを宿す高校生・泉新一は、要注意人物として人間からもパラサイトからもマークされていた。いまや、新一の住む東福山市は、市長・広川を中心に組織化されたパラサイト達が、一大ネットワークを作り上げていた。一方、人間側も、寄生生物殲滅を目的とした対パラサイト特殊部隊を結成。アジトと化した東福山市庁舎に奇襲を仕掛けようとしていた。激化する戦い…。人間の子を産み、人間との共存を模索するパラサイト田宮良子は、新一とミギーの存在に可能性を見出したが、肝心の新一は、母親を殺された事件がきっかけで寄生生物への憎悪を募らせていた。そんな彼らの前に、最強パラサイト・後藤が、その姿を現した。 生き残るのは人間かパラサイトか。そして「寄生獣」とはいったい何なのか。 新一とミギー、最後の戦いがついに始まる。
  • 『染谷将太(そめたに・しょうた)』
    1992年9月3日生まれ、東京都出身。9歳の時に『STACY』(01/友松直之監督)で映画デビュー。『パンドラの匣』(09/冨永昌敬監督)で長編映画初主演。以降、日本映画の新世代を代表する俳優として活躍し、2011年『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(瀬田なつき監督)で第66回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、2012年『ヒミズ』(園子温監督)で第68回ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞、『ヒミズ』と『悪の教典』(三池崇史監督)で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞、2013年にエランドール賞新人賞を受賞。近年の主な出演作に『リアル〜完全なる首長竜の日〜』(13/黒沢清監督)、『永遠の0』(13/山崎貴監督)、『不気味なものの肌に触れる』(13/濱口竜介監督)、『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』(14/矢口史靖監督)『ぶどうのなみだ』(14/三島有紀子監督)『さよなら歌舞伎町』(15/廣木隆一監督)。公開待機作に『ソレダケ / that's it』(15/石井岳龍監督)『ストレイヤーズ・クロニクル』(15/瀬々敬久監督)『バクマン。』(15/大根仁監督)などがある。
    http://www.shotasometani.jp/

  • 『菊地健雄(きくち・たけお)』
    1978年栃木県生まれ。映画監督。明治大学政治経済学部卒業。映画美学校在籍中に瀬々敬久監督に誘われ助監督となる。助監督としての参加作品は『ヘブンズ・ストーリー』、『かぞくのくに』、『ルームメイト』、『岸辺の旅』など多数。チーフ助監督を務めた『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』のスピンオフ企画『episode.0 回遊と誘拐』では監督も務めた。今年、満を持しての長編映画初監督作『ディアー ディアー』が公開予定。
  • 『川瀬陽太(かわせ・ようた)』
    1969年生まれ、神奈川県川崎市出身。当初、自主制作映画の助監督の仕事を中心に活動していたが、たまたま参加していた福居ショウジン監督の自主映画『RUBBER'S LOVER』に主役として出演する事に。この後、福間健二監督の『急にたどりついてしまう』(1995年)に出演。この映画の制作に参加していたスタッフの多くがたまたまピンク映画出身であったため、そうした経緯で瀬々敬久監督をはじめとしたピンク映画の関係者と交流を深め多くの作品に参加、近年では『サウダーヂ』(11/富田克也監督)、『クローバー』(14/古澤健監督)、『超能力研究部の3人』(14/山下敦弘監督)など一般映画やテレビ分野、舞台へも進出し、その個性的な演技で注目を集めている。公開待機作に『みずち』(15/堀江実監督)、『ジョーカー・ゲーム』(15/入江悠監督)、『新しき民』(14/山崎樹一郎監督)、『息衝く』(木村文洋監督)、『蜃気楼の舟』(竹馬靖具監督)、『月夜釜合戦』(佐藤零郎監督)、冨永昌敬監督の新作『ローリング』など。瀬々敬久監督とのコンビが有名。
  • 『結城秀勇(ゆうき・ひでたけ)』
    1981年生まれ。映画批評。雑誌「nobody」編集部。同誌24号から36号まで編集長を務めた。共編著に『映画空間400選』(2011、LIXIL出版)。 「nobody」では染谷将太の「sometime」好評連載中。
  • 『手嶋慎(てしま・しん)』
    Makers デザイナー。ショップスタッフ、バイヤーを経て2009年より、シューズブランドを立ち上げる。
  • 『竹鶴陽一(たけつる・よういち)』
    カメラマン。雑誌からWeb媒体まで幅広く手掛ける。
  • 『北原豪(きたはら・ごう)』
    映画サイト「LOAD SHOW」を運営する株式会社Sunbornの代表取締役CEO。
    Webシステム開発/Webサイト制作/自社メディア運営など、幅広く事業を展開している。
    http://sunborn.co.jp
  • 『長岡亮介(ながおか・りょうすけ)』
    神出鬼没の音楽家。ギタリストとしての活動の他に楽曲提供、プロデュースなど活動は多岐にわたる。 「ペトロールズ」の歌とギター担当。
    http://nagaokaryosuke.com
  • 『川邊崇広(かわべ・たかひろ)』
    1984年生まれ、映画美学校10期卒業。修了制作『見知らぬ恋人』(2010)を監督。『思惑』(2013)が、2013年の福岡インディペンデント映画祭で優秀賞を受賞。近年は、LOAD SHOWディレクターとしての活動とともに、CM制作、短編映画『フラフープ』(2014)を監督するなど幅広く活動中。
    https://www.youtube.com/watch?v=4Jl-NJ2j6jM
  • 『浜本亮(はまもと・りょう)』
    シンガー/ソングライター/ギタリスト。Ryo Hamamoto名義での作品リリースやライブ活動を行っている。その他にもバンドmooolsでギタリストを努め、また様々なバンドやプロジェクトにも参加。英詞提供なども行っている。
    http://ryohamamoto.tumblr.com/
  • 『岡本英之(おかもと・ひでゆき)』
    LOAD SHOW プロデューサー。主な映画プロデュース作品に『不気味なものの肌に触れる』(2013/主演:染谷将太/監督:濱口竜介)、『ハッピーアワー』(監督:濱口竜介)。ミュージシャン・俳優としても活動し、出演作に『親密さ』(2012/監督:濱口竜介)、『2045 Carnival Folklore』』(2013/監督:加藤直輝)、『シミラー バット ディファレント』(2013/監督:染谷将太)などがある。
    https://soundcloud.com/hideyuki_okamoto