LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

映画音楽家 小野川浩幸さんインタビュー 

音楽を担当された作品『いなべ』が渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開中。音楽家であり、サウンド・クリエーション会社「ARTSTA」の代表でもある小野川浩幸(おのがわ・ひろゆき)さんに映画音楽家としての原点や音楽制作、音作りについて聞いてみた。

「作り出す時までは自分でどういう音楽を作るかはあまり想像もしないですね」

小野川さんが音楽を担当された深田晃司監督作品『いなべ』が現在、渋谷シアター・イメージフォーラムで公開されています。この『いなべ』という作品、音楽家としてどうような映画を目指されましたか?
小野川:特にこの映画難しかったのは、深田さんの作品をよく知ってる方は分かると思うんですけど、音楽をあまり映画に使いたがらない監督さんなんですよ。で、音楽を入れたくない理由をこの前ちょっと聞いたんですけどね。深田さんは「音楽がすごく力があるのは分かる。音楽で観ている人の感情を引っ張るのが分かるから、それを実は自分では映画の脚本と役者で観客の感情を引っ張りたい。そこを音楽で引っ張られるのは安易過ぎるから、それは嫌だ」と。

そういうのがあるんで、一般でよく使われている様な人の感情をなぞるような音楽は入れたくない。ていうのが今回あって、『いなべ』でも最初にそういう話をして、「そういう音楽であれば、多分私は使いませんが」という事を最初に話をして、で、それで「じゃあ一回やってみましょう」という事で、この『いなべ』はスタートしたんですよね。

小野川さんが音楽家として活動されてて、その深田監督のスタンスっていうのは近いものを感じたんですかね?
小野川:いや、あんまそういうのは何も無いんですけどね。近いものを感じたっていうか、まず深田さんの作品を一度も観た事が無かったので、どういう監督か分からなかったんですけど。作品を観る前に結構監督さんと話をする機会が今回はあったんで、話をしてみて、あ〜この人面白いなと思って、だったらやってみようかなっていう感じですね。
脚本を読まれた時は、音楽のイメージというのは何かあったんですか?
小野川:自分では映画の脚本とか映像を観て音楽のイメージっていうのが湧いてきたりとかいう事はあんまり無くて。音楽を作る時はあくまでも自分は音楽を作ろうとした時に、音楽を作ろうとする時僕の場合はコンピューターだったりするんですけど、コンピューターの前に座って、作り出す時までは自分でどういう音楽を作るかはあまり想像もしないですね。
その方が良いものが生まれやすいのですか?
小野川:あの、自分の経緯は少し変わっていて、音楽を始めたのも大学を卒業してからがメインという事なんで、何か楽器が好きで、音楽が好きで、その延長として映画音楽を作っているっていう形ではなくて、最初から映画音楽家になりたいって思って、そこからスタートしたんで。だから、最初から楽器を弾いているとかいうのもまるで無いんで、最初から音楽を作ることイコール、映画の音楽を作る。で、それはイコール、仕事として捉えていたんで、あまり最初から楽器を演奏する楽しさとか、そういうのは全然自分では感じた事は無くて。

だから、脚本もらった段階で適当に、何も考えずに、何も感じずに、よし仕事に入ろうと思う時に、その時に自分の頭に浮かんできた楽器で曲を作りたい、というのが僕の中であって。だから、決まった楽器を使わないっていうのは、一応脚本もらって自分が作曲に入る瞬間までは使う楽器を決めない、という事です。

「邦画を観るなんて、そんなダサい事はしないっていう感じだったんですよね、最初は」

映画音楽に興味を持ち始めたきっかけというのは何だったんですか?
小野川:僕の友人でカメラマンがいまして、そのカメラマンの友人にしつこくこの映画を観ろと勧められて。で、その観た映画が、自分では結構衝撃的で、あ〜これだったら一生続けてもいいなって思える仕事かなと自分で思ったんですよね。
その映画は何だったんですか?
小野川:タルコフスキーの『ノスタルジア』。いきなりあんなもの観せられてって感じですけどね(笑)。
そこからどう拡がっていったんですか?
小野川:やっぱタルコフスキーを最初はずっと観てて。『サクリファイス』観て、『ストーカー』とか『鏡』とか、どんどんタルコフスキーの作品を観るようになって、それからロシア系の監督さんとか、エミール・クストリッツァとか、そういうのが大好きでたくさん観るようになって。で、イギリスのピーター・グリーナウェイとかデレク・ジャーマンとかも好きだし。そういうのずっと観てました。

だから、僕は最初、映画音楽を始めようと思った時も洋画しか当然観てなくて。まあ、あの時代は特別そうだったんですけど、邦画がダサいって。邦画を観るなんて、そんなダサい事はしないっていう感じだったんですよね、最初は。まあ全然知らなかったんで、日本映画のこと。邦画のこと知らなかったんで、ダサいぜ、そんなの俺は観ないぜって思ってたんですけどね。

実際それで、ロシア映画とかそういう色んな映画を観て、で、ある映画監督志望の友達にこれを観ろよって言われて観せられた日本映画が石井聰互(現 石井岳龍)だったり、塚本晋也だったんですよ。それでスゲーと思って。なんだなんだ日本映画すごいじゃんと思って、そこからですね。邦画も観るようになったのは。

「映画っていうものにちゃんと向き合って学んだのは、石井さんからなんで」

今出てきた石井聰互(現 石井岳龍)監督作品では、いくつも小野川さんが音楽を担当された作品がありますけど、小野川さんが石井監督と出会ったきっかけというのは何だったんですか?
小野川:バーで飲んでて意気投合したっていうのがきっかけなんですよね。バーで飲んでて、共通の友人がいて、紹介されて、その時はまだ石井監督の作品を一本も観た事がなくて、「何やってる人なんすか?」って言ったら、「映画撮ってます」って言われたんで、「僕も音楽やってまーす」って言って、「何か一緒にやりましょう」って言う話をしたのを記憶してます。
それでいきなり仕事に繋がっていったっていう事なんですか?
小野川:そうです。
映画音楽を作られたのは石井監督の作品が最初だったんですか?
小野川:そうですね。その前は舞台の音楽はちょこちょこやってたんですけど。映画は石井監督が最初ですね。
小野川さんの現在の音楽にも石井監督による影響は残っていますか?
小野川:僕が映画っていうものにちゃんと向き合って学んだのは、石井さんからなんで、石井さんの影響はすごくあると思いますけど、自分の音楽に石井さんの作品がどう影響してるって事はあんまり分からないですね。

「自主映画でもすごく予算がある商業映画でもやってる事は多分何も変わらないですね」

小野川さんは現在では商業映画からインディーズ映画までかなり幅広く活動されてますけど、実際のところ予算以外に商業映画とインディーズ映画っていうのは携わってみてどうような大きな違いがあると思いますか?
小野川:はっきり言って違いはないと思いますね。本当に全然ない。ただ、時間とお金をどこにかけるかっていう事だけの違いだけであって。だから実際いまあんま具体例は上げれないですけど、商業映画も自主映画も予算にそこまでの開きが無くなってきてるって気もしてて、だからその、何がインディーズなのか、何が商業映画なのか区別があんまりつかないのかなと。役者さんもいま、すごく色んなインディーズ作品にも出るじゃないですか。ていう形に今はなってきてんのかなって気がしますね。
それは、どちらかというと商業映画の方がインディーズ寄りになってきてしまっているという事ですか?
小野川:うん。と思いますね。やっぱカメラがデジタルになって、フィルムを使わなくなって、仕上げも含めてやっぱ低予算で出来るっていう事が大きいのかなって気がしますね。
音に関する作業の際にも、特に垣根はなくやられているという感じですか?
小野川:そうですね。そこに差は無いと思います。差は僕らの段階ではつけてないですね。だから、本当に自主映画でもすごく予算がある商業映画でもやってる事は多分何も変わらないですね。ただ本当、そこにかけれる時間だったりは、予算があればたくさん時間が使えるし。別に使えれば、全然自主も商業も差は無い気がします。音に関してはですよ。

「アコースティックギターを録るように、どうやったらもっとこの台詞がきちんと録れるかっていう事をまず考えて」

現在、小野川さんの会社である「ARTSTA」では録音、整音、音楽と、音に関する全てを担当されてますけども、特にその3つの分野における役割やこだわりみたいなものがそれぞれあれば教えて下さい。
小野川:まあ、無いです(笑)。僕らいまARTSTAのメンバー全員そうなんですけど、取りあえずみんな作曲からスタートしてて、音楽をやっている以上、より良い音楽を聴かせるためにはミックスも必要だし、必要なのは音楽だけのミックスだけだったのが、いま映画のミックスもやるようになって。そこに必要な効果を足して、それに対して必要な台詞の整音があって、何か全部それが一つに繋がっているっていうか。だから僕らアコースティックギターを録るように、現場で録音も、どうやったらもっとこの台詞がきちんと録れるかっていう事をまず考えて、そこには単純にあんまり映画的な発想っていうよりも、音楽をやってた人から広がっていった発想っていう方が近いですね。
音を作る側としては、録音、整音、音楽の3つを一体として考えるのは自然な事なんですかね。
小野川:うん。と思いますよ。撮影する方も照明もやっぱり自分が撮影に必要な照明にしたいじゃないですか。だからあんまりそこは分けてないと思うんですよ。ここは照明、ここは撮影って多分分けてないと思うんで。こういう画を撮りたいためにこういう照明が必要だっていう事を多分考えてると思うんで。
なるほど。映画音楽だけ依頼されるっていう事も結構あるんですかね?その時は録音、整音というのは別の方がやられた状態ですよね。
小野川:やっぱりそっちの方が多いですし、僕もそっちの方が長いんで。
そういった時っていうのは、また作業の仕方は変わってきますか?
小野川:変わりますね。全然違いますよね。自分が全部コントロールした方が良い場合もあるし、自分がこの部分だけ特化して自分のアイディアを出していった方が結果として良い事もあるし。多分色々あると思います。自分ではやっぱり自分で全部コントロールした方が絶対面白いと思いますけどね。
映画業界の中で、音の作業全てをやられる方って少ないとは思うんですが。今後もARTSTAとしては全てに関わっていきたいという感じでしょうか?
小野川:そうですね。もっともっと、その分野ごとのプロフェッショナルにしていきたいですね。

「その人から滲み出て来たものしかいらないって監督に言われて」

仕事として関わられた今までの作品の中で特に印象深い作品、もしくは印象深い人などいらっしゃいますか?
小野川:作品としてはやっぱり『水の中の八月』(石井聰互監督作品)が印象深いですね。やっぱり、自分の最初の作品だったいうのもあるんですけど。
その時は、音楽を小野川さんがすべて作られたんですか?
小野川:いいえ、四人位いました。作曲家が。最初は僕に依頼が来た時は、小野川さん、一曲作ってきて下さいって言われて。で、二週間後に七曲位作って持って行ったんですよ。最初は全然イメージが違ったみたいで、監督に結構ひどい事言われて。「俺はこんなものなんか望んでいない」みたいな事を言われました。

最初僕も舐めてて。映画監督だったら今こういうのが流行ってるからこういうのが欲しいだろうと思って、そういうのをいっぱい作って持ってったんすけどね。違う!って言われて。もっと本当に、その人しか持ってないもの、その人から滲み出て来たものしかいらないって監督に言われて、あ、そっかって思って。本気のもの作った方がいいんだって思って、それで次にまた二週間位して七曲位持って行ったら、これだよこれって話になって(笑)。

石井監督が小野川さんの潜在的なものを引き出してきたっていう感じではあったんですか?
小野川:そうですね。ただ単純に私のこう、覚悟を試したんじゃないですかね。本当にやれるかどうか。僕も覚えてるんですけど、一度石井監督に言われたんですけど、「小野川くん、小野川くんにとって人生が変わってるかもしれないんだよ」って。「こんな大事な時にどうしてそんな適当なもの持って来れるの」って言って、そんで怒られた事があります。
それで次に作った曲の時は石井監督にはどう言われたんですか?
小野川:それから七曲位作って持って行った以降は、「じゃあこの映画全部小野川さんに任せましょう」って話してた。で、『水の中の八月』は多分七割から八割くらい僕が作ったんじゃないですかね。

「作品の中の一部になるって事が自分の中で一番大事にしてる事なんで」

そこから、『ユメノ銀河』、『五条霊戦記 GOJOE』、『ELECTRIC DRAGON 80000V』など、石井監督作品の音楽を小野川さんが担当されてますけど、作品作りの際にケンカやぶつかり合いなどもあったんでしょうか?
小野川:いや、石井監督って実は何も言わないんですよね。作品に対して。だから本当に、いつも作品を聴かせる度に、これ次第でもう次あるかどうか分からないっていう状況でした。僕の中でいつも。毎回。だから、ケンカっていうよりもこれを出した時に、僕の中では石井監督のイメージよりももっと良いもの、少しでも良いものを出そうって思ってたんで、それが彼の想定内で終わる作品であれば、多分彼は僕に次の仕事は頼まないだろうって、いつも思ってたんです。だからケンカというよりも毎回勝負でした。
現在色んな監督とやられてて、今もそういう関わり方はありますか?
小野川:どうですかね。何かでも、自分も表現の仕方が少し幅が広くなったのもあって、そういう関わり方しなくても作品を高めていく方法を少しは身に付けてきたかなって気がします。自分の音楽性として、すごく押しの強い音楽のように思われやすいんですけど、実はそんな事なくて、自分は作品を強く押すっていうよりも、その作品の中の一部になるって事が実はすごく自分の中で一番大事にしてる事なんで。

だから、あの映画音楽は良かったねって言われる事は全然僕の中で興味なくて。音楽賞とか取れたらいいねってよく言われるんですけど、全然そういうの興味なくて、作品が人に評価されるっていうのがベストだなって思いますね。

「リスペクト出来る人と同じ様な世界を見たい」

深田晃司監督の作品は海外でも高く評価されてますけど、小野川さん自身も作品が海外で認められるって事はかなり意識してますか?
小野川:そうですね。これもう、小学校から同じ事ずっと言ってる事の一つであって。自分がリスペクト出来る人と一緒に仕事をして、そのリスペクト出来る人と同じ様な世界を見たいなっていうのが、自分がずっと小学校から言ってる夢だったんで。やっぱり日本よりも、よりもじゃないですけどね。日本も含めて、より高い、自分がリスペクト出来る人と仕事したいですね。
今後は日本に限らず、海外含めてなんですけど、映画でどういった人と関わっていきたいですか?もし具体的に関わってみたい人などいましたら教えて下さい。
小野川:いや、色々、いっぱいいますから。本当にいっぱいいるんですけど。ちょっと前だともっと話が違ったかもしれないんですけど、今はあんまりこの人と仕事したいっていうよりも自分が気に入った作品をやりたいっていう感じが大きいですね。人もどんどん変わっていくんで、やっぱり。

そういう意味で、前だったらジム・ジャームッシュとかレオス・カラックスとかと仕事したいっていうのもあったんですけど、今はその人の作品っていうよりも面白い作品がいいですね。自分がやりたいって思える作品。それをやった方が逆に世界に認められるのは近道だなという気がしますね。

原作ありきっていう映画が最近は多いですけど、そこに関してはどうお考えですか?
小野川:いや全然良いと思いますよ。面白い世界であれば。だから、別に映画監督さんがオリジナルでお話を作らなければいけないとか、っていう事は何も俺はないと思ってますんで。原作があって良いと思います。キューブリックもほとんど原作あるものしか撮ってないし。だから全然それでオリジナリティが作れないっていうのも無いと思うし。

今本当自分が興味あるのは、今年の秋に自分が関わってる深田晃司監督の『さようなら』っていう企画。それの音楽を作りたいっていうのが今一番強いっすね。多分それは、僕の中でレオス・カラックスとかから仕事来たよっていうのと同じ位、自分としては凄いわくわくしてますね。

それは海外の人にも是非観てもらいたいっていう作品ですよね。
小野川:そうですね、海外っていうか全世界に観てもらいたいですね。
是非今後も日本、海外、全てに目を向けた作品を作って頂きたいと思っています。本日は貴重なお時間、ありがとうございました。
『いなべ』(監督 深田晃司 音楽 小野川浩幸)
渋谷シアター・イメージフォーラムにてレイトショー公開中
■上映時間
21:15〜(6/13(金)まで)
聞き手:川邊崇広
写真・構成:川邊崇広
『いなべ』
監督・脚本・編集:深田晃司

プロデューサー:原 知行・坂本直彦/撮影:根岸憲一/録音:宮崎祐介/音楽:小野川浩幸/後援:いなべ市 いなべ市教育委員会/制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー/製作:吉本興業株式会社 2013/38分/HD/16:9 (C)吉本興業

出演:松田洋昌(ハイキングウォーキング) /倉田あみ/伊藤優衣/井上みなみ /望月皇希/康光岐/鈴木Q太郎(ハイキングウォーキング) /西田幸治 (笑い飯) /哲夫 (笑い飯) /桂三輝/ほんこん
【Story】養豚場で働く智広(松田洋昌)のもとに、赤ちゃんを連れた姉の直子(倉田あみ)が十七年振りに帰ってきた。「なんで帰ってきたの?」突然の帰郷に訝る智広に「理由いんの?」と直子は素っ気ない。ぽつりぽつりと記憶を辿るうちに、幼い頃に二人で埋めた「何か」を掘りに行こうと、昔と変わらぬ命令口調で智広を連れ歩く直子。 仕方なくついていく智広だが、やがて故郷を歩くうちに、姉と一緒に過ごした日々が蘇る。思い出と共に二 人が掘り起こしたものとは一体?
http://inabecinema2013.wix.com/inabe
  • 『小野川浩幸(おのがわ・ひろゆき)』
    1963年生まれ、長崎県出身。音楽家で、サウンド・クリエーション会社「ARTSTA」の代表でもある。石井聰互(現 石井岳龍)監督作品『水の中の八月』、『ユメノ銀河』、『五条霊戦記 GOJOE』、『ELECTRIC DRAGON 80000V』、『DEAD END RUN』、『鏡心』などの音楽を担当。近年では、『さよならドビュッシー』(利重剛監督作品)、『天心』(松村克弥監督作品)、『東京ハロウィンナイト』(岡田まり監督作品)、『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』(加藤行宏監督作品)、『いなべ』(深田晃司監督作品)など幅広く数多くの映画に携わっている。