LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

映画『ボクソール★ライドショー 〜恐怖の廃校脱出!〜』公開記念 白石晃士(本作監督)インタビュー

2016年1月16日、ユナイテッド・シネマ豊洲他全国順次ロードショー!

映像に合わせて座席が動いたり、水や風が吹きつける体感型上映システム「4DX」を体験したことはあるでしょうか? これまでの4DX映画は2D映画に4DXの機能を追加したプログラムが中心でした。しかし、映画『ボクソール★ライドショー 〜恐怖の廃校脱出!〜』は4DX専用映画であるため、4DXの機能と内容が完全にマッチした究極の4DX体験を楽しむことができます。監督は「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズなどで独自のホラーとユーモアを展開し熱狂的なファンも多い白石晃士監督。「4DX×白石晃士」という組み合わせに、垂涎もののファンも多いはず。そこで、今回LOADSHOWでは本作の魅力や4DXの可能性を白石監督から聞きました。

「4DXの機能を前提に発想していった」(白石)

初めて4DXの映画を見たのですが…
白石晃士(以下、白石):おお! バージンいただきましたね(笑)。
とても面白くて驚きました。映画の質感(スピードや感触)が本当に感じられ新しい映画体験としてワクワクしっぱなしでした。それで今作は4DX専用映画ということで、4DXの仕掛けありきの映画作りだったのだと思います。普段の映画作りとどのような違いがあったのでしょうか?
白石:仰る通り4DXの機能を念頭に置いて発想していったのが、やはり普段とは決定的に違いましたね。脚本段階から4DXの機能を考え描写を練っていました。ロケハンの時も「ここにプールありますね…、じゃあ、水 バシャーンで行きますか!?」みたいな(笑)。
脚本のト書きにも4DXの機能を書き込んだんですか?
白石:そうですね。4DXの演出がはっきりと目立つシーンには「フラッシュ」(雷鳴のようなストロボ機能)とか「エアー」(鑑賞者に直接風が当たる機能)みたいなト書きを書いてスタッフや演者の方々と共有しました。
現場でも4DXを念頭に置いた演出はあったのでしょうか?
白石:現場ではスモークを焚いたくらいです。4DXにはスモーク機能もあるので、現場でもスモークを焚いて画面の向こうと劇場空間がリンクするようにしました。

命の根っこに触れる

本作も「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズなどと同様にドキュメンタリーの体裁を取り入れているため、鑑賞者と作品の関係性が明確に提示されているように感じました。観客との関係性についてどのような意識があったのでしょうか?
白石:『ボクソール★ライドショー』は「生放送のロケ」という設定なので劇場の暗闇の中で見ているお客さんが、画面の向こうに起きていることがリアルタイムで起きていることなのだと想像してもらえるように作りました。なので、その設定にハマって見て頂けたら一番楽しめるんじゃないかな。
妖怪やフリークスなど異世界のものの質感が、風や水など4DXの機能を通して伝わって来たのがとても面白かったです。
白石:ありがとうございます(笑)。私の作品ではよく異世界の表現としてミミズとかヒルみたいな生き物を大量に出すんですね。なんというか、命の根っこに触れる感覚を覚えていただければいいと思っていて。4DXの機能がそういった「命の根っこ」を具体的にしていたということならとても嬉しいです。
現れる妖怪やフリークスの造形は見世物小屋を意識されたという話を聞いたのですが、確かに恐怖とともにユーモアもあるように感じました。
白石:基本的に娯楽映画を作る場合は、ワクワクしたいし、ワクワクさせたいという気持ちがあって、そういう、ワクワク感というのが見世物小屋のようなイメージに繋がっていったんです。

また、『ボクソール★ライドショー』はホラー以外に、冒険活劇の側面を持っていると考えています。活劇には、やっぱり登場人物達の友情であったり、仕事を遂行していく面白さがある。なので、最初はびっくりしながらも、最終的にワクワクして見ていただけたらと思っております。

立てなくなるほどのライド感が味わえる

4DXの細かな演出はどの段階で行うのでしょうか?
白石:2Dバージョンを完成させてから、4DXの演出に入りました。「椅子はここでどんな風に傾けてほしい」など、それぞれの機能を吟味しながら状況に合わせた演出を注文して、仕上がりを4DXで体験して、再度調整するという流れで進行しました。
監督が初めて本作を4DXで見たときはどんな印象を覚えましたか?
白石:お腹いっぱいだなって(笑)。
といいますと?(笑)。
白石:最初に注文を出したバージョンは劇場公開となるバージョンよりも遥かに激しいものでした。やりすぎ感があって個人的にはとても面白かったんですけど…、椅子が動きすぎて映画に集中できなくなるという声もあって(笑)。
監督として想像を超える感動はありましたか?
白石:そうですね、ここまでライド感があるものだったのか、という驚きはすごくありました。初めての試写後はもう立てないというくらいの満腹感があって、これなら1300円(チケット代)とっても大丈夫だと思いました。

白石晃士監督の演技と演出

現場や出演者のみなさんのお話を聞かせてください。映画を見ていて出演者の活気が伝わってきました。実際、現場の雰囲気はどうだったのでしょうか?
白石:現場はですね…、暑かったです(笑)。本当に暑かった。僕は額からは汗がずっと垂れていましたし、女優陣も走り回るシーンばかりで大変だったと思いますよ(笑)。
「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズでディレクターの工藤として人気の大迫茂生さんは今回、いつものイメージとは違う感じでしたね。
白石:そうですね。私からはおかまっぽいイメージでと注文していたのですが、他には何も伝えていなかったのであれはほとんど大迫さんが考えてくれた芝居です。
岡本夏美さんなど女子高生3人も活き活きとしていて、怖がっている様などとても面白かったです。
白石:ざっくりとしたキャラクター像というか役割は伝えましたがあとは本人にまかせるというか、役を自分に寄せて演じてもらうようにしました。年の差があるので、上手くコミュニケーションが取れていたかは分かりませんが、とても頑張っていただきました。
白石監督もカメラマン兼ディレクターとして出演されていますが、ある意味、白石監督の演技が演出的というか、演技の指針にもなっている気がしました。
白石:そうですね、そういう面もあったかもしれません。出来事に対して、女子高生の3人にはたくさんリアクションを取ってもらいたいと思っていたので、僕の方から率先してリアクションを取るようにしていましたね。

4DXは映画館の新しい魅力になる!?

実は、4DXに対して少しうがった先入観を持っていたのですが、本作を見て4DXの持つ可能性に驚きました。白石監督は映画に対して考え方が変わったところはありましたか?
白石:4DXがすごく可能性のある機能だなというのは僕も感じました。実を言うと、3D表現にはあんまり興味がなかったりするんです。映画の表現の幅を狭めてしまっているような気がして。しかし、4DXは2Dの楽しさを残したまま楽しめるので、そこがすごくいいところだと思っています。また4DXは『ボクソール★ライドショー』のように、短編でもアトラクションのように楽しむことができる。よく、映画館のあるところはゲームセンターもあったりしますが、4DXというアトラクションも映画館で楽しめるっていうのは映画館の新しい魅力になるのではないかと考えています。
たしかに。家の近くに4DXの映画館があって、月に1本新作があったら絶対行くと思います。
白石:『ボクソール★ライドショー』がヒットして4DXの知名度が広がり、もう少し値段が下がって気軽なものとなったら、他の映画にもすごく良い影響が出てくるんではないかと思いますね。とにかく僕は、映画館に足を運んでくださる人を増やしたいので、そういう役割を4DXは果たすのではないかと考えています。
なるほど。
白石:4DXは劇場によって機能の強弱をつけられるみたいなので、「辛口・甘口」みたいに劇場によって強弱の様々なバージョンがあっても楽しいかもしれませんね。「私は激辛派だから◯◯の映画館で見るのが好き!」みたいな(笑)。そういう発想を思いついたりするので、まだまだ可能性はあるなと感じます。
次回は是非、より水に特化した映画をみてみたいです。
白石:ははは! めちゃめちゃ濡れるやつですよね(笑)。映画館の掃除が大変そうですけど、わかりました!
映画公開楽しみにしています。本日はありがとうございました!

白石晃士監督作品『ボクソール★ライドショー 〜恐怖の廃校脱出!〜』
2016年1月16日、ユナイテッド・シネマ豊洲他全国順次ロードショー!

取材・構成・写真:島村和秀
『ボクソール★ライドショー 〜恐怖の廃校脱出!〜』

監督・脚本・撮影・出演 白石晃士

出演:岡本夏美、渡辺恵伶奈、松本妃代、大迫茂生、久保山智夏 

製作:「ボクソール★ライドショー」製作委員会 /(C)2016vauxhallrideshow

協力:ユナイテッド・シネマ/制作:Uhuru Films/制作協力:ダブ

配給・宣伝: KICCORIT/上映時間:約25分

ストーリー:新人アイドルのナツミ、エレナ、キヨ。プライベートでも仲の良い女子高生3人組が番組ロケにやってきたのは山の中にある薄暗い廃校だった。夜な夜な女のすすり泣きが聞こえるというウワサの廃墟となった中学校。「私達、これから肝試しをしまーす!」「こわーい!」。TVディレクターの田代がカメラを回し、生中継する肝試し企画はいつも通りのよくあるバラエティになるはずだった―。はしゃぐアイドル達とは裏腹にどこかから不気味な口笛が響く。突如彼女たちの目の前に現れたのは珍妙な服装をした学校の番人だった!突然の遭遇に廃校に逃げ込んだのはよかったが、外から刃物を持って見張っている。「なんだこれ何のつもりだ!」予想外の事態に田代も次第に事態の深刻さと逃げ場のない廃校に入ったことを後悔し始める。「ええええー何!」「きいてない、きいてない!事務所の人はどこ!?」ディレクター田代のマジな焦り顔に、アイドルたちの表情に本物の恐怖が浮かび始める!いたずらのつもりで用意した肝試し、学校の様々な仕掛けが今、地獄の装置へと変わる!「ぎゃははは!!!!」番人の不気味な笑い声が響く、そして、ひとりのアイドルが…消えた!!!果たしてアイドルたちは、この異空間を脱出できるのか?
  • 『白石晃士(しらいし・こうじ)』
    1973年、福岡県生まれ。九州産業大学時代に自主映画を制作。97年の自主映画『暴力人間』(共同監督・笠井暁大)が、ひろしま映像展98で企画脚本賞・撮影賞を受賞。 翌年製作した『風は吹くだろう』(共同監督・近藤太)が、ぴあフィルムフェスティバル99で準グランプリを受賞。2004年に若槻千夏主演映画『呪霊 THE MOVIE 黒呪霊』で長編初監督を務める。その後、数多くのビデオ作品でフェイク・ドキュメンタリーを扱ったホラーを手掛け、2005年に公開された映画『ノロイ』は一部で日本版『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と呼ばれ、その作風は2008年のビデオ作品『裏ホラー』や2009年公開の映画『オカルト』にも引き継がれている。近年の劇場公開作品は、『カルト』(13)、『讐 ~ADA~』(13)‎、オリジナルビデオ『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズから派生した『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版』(13)、『ある優しき殺人者の記録』(14)、『殺人ワークショップ』(14)など。