LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

配信中の『カノジョは大丈夫』監督・安川有果×主演・前野朋哉 対談!

現在、LOAD SHOWで配信中の『カノジョは大丈夫』。監督・安川有果は昨年開催された第14回 TAMA NEW WAVEで監督作品『Dressing UP』がグランプリに輝いた注目の若手作家。主演・前野朋哉は自身も映画監督でありながら、テレビに映画にひっぱりだこの実力派俳優。久しぶりに再会したという2人に大阪で制作された『カノジョは大丈夫』の秘話から近況までを語っていただいた。

当時から私にとって前野さんはスターでした(安川)

LOAD SHOW(以下、LS):お二人は共通点がたくさんありますよね。まず関西在住経験がある。安川さんは奈良県出身で、前野さんは大阪芸大のときに住んでいたと聞いています。それにCO2(シネアスト・オーガニゼーション大阪)の助成で映画を撮ったことがあるというのも同じですね。その後、前野さんは「青春H」で作品を撮って、安川さんもこれから撮る予定なんですよね。
安川:そうなんです。
前野:初めて会ったのは、僕が第5回CO2の助成作品で『脚の生えたおたまじゃくし』を制作していたときです。僕と共同脚本の水野くんと2人で脚本を書いていたんですけど、僕らが全然女の子書けなくてどうするってなったときに、CO2の実行委員だった西尾さんに安川さんを紹介してもらって、ちょっと書いてもらったりアドバイスをもらったりしていたんです。
安川:全然役に立てなくて、セリフを何個か使っていただいたくらいなんですけど。
前野:いえいえ参考になりました。結局最初の感じのまま作ったんですけど、迷走していたのでいろんな人に話を聞いていました。
LS:大阪で映画を撮るとCO2のつながりが大きいですね。安川さんはなぜ『カノジョは大丈夫』の主演を前野さんにお願いしたんですか?
安川:前野さんは大阪芸大出身で、関西で自主映画を撮られていて、石井裕也監督の作品にも出演されていました。私にとっては当時からスターだったんですよ。個人的にいつかご一緒したいと思っていて、でも売れちゃうんじゃないかなと勝手に思って、早めに声をかけたんです。『カノジョは大丈夫』は桃まつり(若手女性監督による映画製作・上映集団)の企画で、ユーロスペースでの上映が決まっていたので、制作の時間があまりなかったんです。私の場合、普段作品を作るときはテーマから出発するんですけど、そのときは役者さんを先に決めて面白い作品を作れないかと考え、宛書きしました。
前野:初めて知りました。
LS:撮影はどんな感じでしたか?
安川:『カノジョは大丈夫』は本格的に作った初めての作品でした。制作体制が整っていない中インしてしまったので現場は本当にハチャメチャでした。前野さんがいつもやっているスタッフの方が前野さんを助けようと、手伝いにきてくださったんですよ。本当に申し訳ないことばかりでした。
前野:あのとき僕、同時にCO2助成作品の石原貴洋監督『VIOLENCE PM』の制作に入ってたから、安川さんの現場でめっちゃ電話してた記憶があります(笑)。石原組のスタッフが勝手に手伝いに来たりしてたんだよね。
安川:それにあの時期、前野さんはゆうばりに受かっていましたよね?私の現場で受かったっていう電話がきて、みんなで「おめでとう!」と祝ったのを覚えています。
(※ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010で『脚の生えたおたまじゃくし』は審査員特別賞&シネガー賞W受賞)
前野:そう、安川さんの現場で連絡きたんだ。

最近ようやく家族から認知されてきました(前野)

安川:前野さんがスターになる寸前の自主映画だったと思います。 あれからすぐに東京に行かれましたよね。東京に行くきっかけは何だったんですか?
前野:ひとつは、僕が今所属している事務所がちゃんと会社になるからどう?というお話をその頃もらっていたんです。もうひとつは、監督として企画をもらっていました。結局その企画は流れたんですが、それで東京出てきました。
安川:順調にお仕事をされていますよね。
前野:役者で呼んでもらって、監督の仕事をたまに振ってもらえるようになりましたね。ここ4年くらいは役者としてやっていこうと思ってたんですけど、最近「撮ってみませんか」っていう話をたまにもらえるようになったんで、撮っていこうかとは思ってます。すごい甘ちゃんなんですけど、どんな形でもいいから映画に関わりたいと学生の頃から思っていたので、そういう意味ではどういう方向でもいいかなと思っています。でも昨日、大阪芸大時代の友達と飲んでて「お前何になりたいんや!」って怒られましたけどね(笑)。
安川:前野さんが『桐島、部活やめるってよ』(2012/監督:吉田大八)に出られたときは、まわりの友達とかご家族の間で大騒ぎにならなかったですか?
前野:友達は笑ってましたね(笑)。親は僕が役者をやってることに対して「あんた監督になりたくて東京出たんでしょ?何になりたいの?」って言うんですよ。あまり映画を見ない家なので、情報は伝えてはいるんですけど見にまでは行ってくれなくて。ドラマとかCMをやって初めて家族に認知されました。でも、きっとそれが一般的なんですよね。
安川:シネコンに1年に1、2回行くくらいが一般的って言いますもんね。
前野:うちの親もそうなんで、何を見に行ってるのかけっこう気になります。こないだ僕が「『少年H』(2013/監督:降旗康男)出てるからもし時間あったら見てください」って言ったら、2週間後くらいに「『そして父になる』(2013/監督:是枝裕和)見に行きました」って連絡がきて(笑)。
安川:見たいやつ行っちゃったんですかね(笑)。私の母親はけっこう映画を見る人なので、私の作品も全部見てくれていて、「私あんたの作品のファンよ」みたいなことを言ってくれています。
前野:優しい!うちはDVD送ってもまず見てくれないもん。実家帰ったら未開封で置いてあって悲しいですよ。頑張ろうという気持ちになります。

学生のとき石井裕也監督の作品で初めて役者をやったんです(前野)

LS:前野さんの初出演作は石井裕也監督の『剥き出しにっぽん』(2005)だとお聞きしていますが、そのきっかけはなんだったんですか?
前野:僕は当時大阪芸大の1年で、照明助手として初めて現場に行ったんですけど、ある日、来る予定だった役者さんが来れなくなって「誰か出たい人いない?」って聞かれて、いい機会だったので「はいはいはい!」って手を挙げました。石井さんと僕2人でしゃべるシーンでしたね。
LS:当時は映画監督になろうと思って大阪芸大に入られたんですか?
前野:その時はなぜか照明をやろうと思っていました。で、ある程度やったときに照明難しくてセンスまったくないわと思って。ちょうどそのとき『剥き出しにっぽん』を試写で見たら予想以上の感動があったんです。自分が初めて関わって初めてちゃんと見た映画がPFFでグランプリとったり色んな賞をもらっていてすごいなと思って、僕も監督してみようかなと思いました。
LS:『剥き出しにっぽん』を観て前野さんに役者をお願いされた監督もいらっしゃったんじゃないですか?
前野:石井さんがまた呼んでくれました。同じ河原でまた石井さんと2人でしゃべるってシーンで(笑)。
安川:大阪芸大はスターの監督を生み出しているイメージがあります。それにつながり強くてうらやましいなと思っていました。
前野:昨日、喧嘩をしましたけど僕は大学で映画撮ってた仲間が1番濃いですね。仕事仲間でもあるので「あいつ今なんの仕事してんのかな」って互い気にかけ合っています。ライバル心もありますけど、せっかく大阪から出てきたのでみんなで盛り上がればいいなと思います。

自分の意見というより、いいスタッフのおかげだなと思います(安川)

安川:今まで出演された作品の監督で印象に残ってる監督さんはいらっしゃいますか?
前野:沖田修一監督の作品が大好きで、『南極料理人』(2009)は好きすぎて1日に3回見たことがあるんですけど。
安川:私も『横道世之助』(2013)は2回見ました。
前野:どんな人なんだろうと思っていたら、先日深夜ドラマで沖田さんが1話監督をしたときにたまたま呼んでもらえたんです。現場でわかったのは、ものすごく笑う人だということですね。役者が演じてることにウケてくれるのでめちゃ気持ちいいんですよ。それも乗せようという感じじゃなくて自然なんです。演出は監督によって全然違いますね。
LS:色んな監督とお仕事をされて前野さんが監督をするときの演出も変わりしましたか?
前野:いえ、結局変わらないですね。僕は現場のスタッフは友達ばかりなんで、ダメだしばっかりされますね。「元気出せや」とか言われて、元気出してたけど!みたいな。 演者やスタッフがどこかしら楽しんでいる姿を見られたら嬉しいですよね。
安川:それは嬉しいですよね。私は前回撮った『Dressing UP』がけっこうシリアスな内容で、出演者にいつも思い詰めたような顔ばかりしてもらっていたのでちょっと辛かったです。もっと笑顔が出るようなシーンを作りたいと思って反動ですごいコメディになってしまいました。
前野さんの『脚の生えたおたまじゃくし』って、シナリオはシンプルな話で前野さんのこだわりってどこなんだろうって思ってたんですけど、できあがったものを見てみたらめちゃめちゃ演出にこだわってるように見えました。
前野:えっ(笑)?真逆ですね。あんまり言わない方だとは思います。この前、NHK 青山ワンセグ開発という企画オーディション番組で「ねんりき!北石器山高校超能力研究部」っていうドラマの監督をしたときがそうだったんですけど、役者さんが僕の想像力なんかを軽く飛び越えてくるので。
安川:でも斬新なカメラワークとかありましたよね?
前野:そこはカメラマンの力です。だからもう監督が2人いるようなもんですよ。
安川:それはちょっとお聞きしました。「青春H」のスタッフの方が「前野くんはカット割りをカメラマンの方に任せる」と。
前野:任せるっていうか、本当はダメなんですけどね。じゃあ現場で何してんだって話なんですけど(笑)。「カット!」って言ってます。
安川:それは私も同じで、技術の人に助けてもらうことは多いです。『Dressing UP』の最後のシーンも主演の女の子を捉えた切り返しがいいと言ってもらっているんですが、あれも実は切り返しじゃなくて遠くから撮ったようなカットも撮っていたんです。編集のときもどうしようと悩んでいたら、録音の松野さんという方に「そこはベタでも感動的なシーンにするべきところじゃない?」と言ってもらって、切り返しっていう編集にしたんです。だから自分の意見というより、いいスタッフのおかげだなと思いました。
前野:そうですよね。そこでまた決定するのは自分ですけど、こっちの方がいいなと思えるものがきたときは嬉しいですよね。

次回作で前野さんにやっていただきたい役があるのですが…(安川)

LS:前野さんが今後やってみたい役はありますか?
前野:わがままな殿様とかやりたいですね。
安川:いいですね(笑)。前野さんは色々させたくなるような感じがありますよね。こないだお父さん役をCMでやってましたよね。でも中学生役も違和感なくできてしまうのがすごいです。その辺は違和感ないですか?
前野:いやいや、違和感ありますよ(笑)。ひやひやしてますよ。やっぱり実際の年齢と同じくらいの役の方が楽ではありますよね。朝、めっちゃひげ剃らなくてもいいし、多少太っててもいいかなくらいに思いますけど、リアル中高生ってだいぶおぼこいですからね。
安川:でも『桐島部活やめるってよ』のときは出演者の中でも1番高校生っぽく見えましたよ。
前野:あれもけっこう年齢バラバラでしたからね。まさか20代後半になって制服いっぱい着ると思ってなかったんで楽しいですよ。この前、とある駅前でゲリラ撮影をしたとき、僕は制服着てて、スタッフも最小人数だったんですけど、ものすごいハラハラしました。悪いことしてる気分になって。
安川:たしかに、普通に考えたらおかしいですもんね。
前野:27で制服着て駅前でぷらぷらしてたら頭おかしいよね(笑)。
安川:前野さんは今をときめく女優さんと共演されていますよね。森永ダースのドラマ見ました。
前野:波瑠さん。いやー、かわいかった。
安川:きれいな方とばかり共演されていて感覚おかしくなりませんか?
前野:なんないですよ。非日常ではありますけどね。きれいな人はいっぱいいるんだな!って思ってます。中学生の自分「今童貞だけど頑張れよ」って言ってあげたいですね。
安川:教えてあげたらたいがいのこと頑張れそうですよね(笑)。
あの、今度撮る「青春H」の主演の女の子が足しげく通っているレンタルビデオ屋の店員を前野さんにやっていただけないかという妄想を抱いていたんですが。もしスケジュールが合えばお願いできないでしょうか。
前野:もちろん、スケジュール合えばやりますよ。レンタルビデオ屋は何回かやったことあります。バイト顔なんですかね。
(※実際は別の役での出演になったそうです。公開をお楽しみに!)
安川:ありがとうございます!後半で主役の女優さんとちょっといい仲になる役なんですよ。

キス10テイクぐらいやったんですよ。あれキスしたなぁ(笑)(前野)

前野:あ!それで思い出したけど、今やってる役はまさかのキスシーンがあるんですよ。
安川:へー、今までなかったんですか?
前野:いやいや!あなたの作品ですよ(笑)!
安川:ああ、そうだ!ごめんなさい!
前野:あれが初めてのキスシーンです。
LS:『カノジョは大丈夫』にキスシーンないですよね?
安川:はい、カットしたんですよ。最低だ私!編集のとき、照れちゃって。あぁ、思い出してます今。すみません。
前野:ははは。キス10テイクぐらいやったんですよ。あれキスしたなぁ(笑)。 あ、俺今色んな人に見られながらキスしてると思ってました。楽しかったです。安川さんはけっこうテイク重ねますよね。悪い意味じゃなくて、こだわりが強いんだと思いますよ。ワンテイクOKってあんまりないでしょ?
安川『Dressing UP』のときは1テイクOKが結構多かったです。2年に1回くらいのペースで撮ってるんですけど、何かが変わってしまったみたいです。『カノジョは大丈夫』当時は、もっといいのが出てきそうみたいな感じがあって。
前野:それはすごい伝わってきました。まあ、キス10回しましたし(笑)。
LS:前野さん、安川さんに「青春H」のアドバイスをお願いします。
前野:僕、絡みのシーンでビビっちゃって1テイクしかまわさなかったんですごい後悔してるんですよ。せっかく脱いでやってくれてるので、せめてもう1テイクやればよかった。しかも素材は多い方がいいじゃないですか絡みの部分。だからビビらず10テイクやってください。
安川:肉体の接触は苦手ではあるんですが、そういうのも挑戦して行こうと思って。覚悟決めてやるっきゃないですね。 意外と私はやってみたらテイクを重ねてしまいそうです。
前野:いいんじゃないですか、鬼の安川で(笑)。
聞き手・構成・写真:石川ひろみ
■安川有果監督作品『カノジョは大丈夫』¥500
LOAD SHOWにて販売中!
ご購入はこちらから!→http://loadshow.jp/film/she-is-all-right
■前野朋哉監督最新作『ねんりき!北石器山高校超能力研究部』
・NHK 青山ワンセグ開発(毎週木曜深夜 午前0:30〜0:55)
オンエア情報
★2月07日(金)0:30-0:55#1
★2月14日(金)0:30-0:55#2
★2月21日(金)0:30-0:55#3
★2月28日(金)0:30-0:55生放送!!
『カノジョは大丈夫』

2010年/32分/HD/カラー

監督・脚本: 安川有果/撮影:倉本光佑/照明:白鳥友輔/録音:高安正志/音楽:浅見旬一/整音:松野 泉/制作:三山 優、杉崎百依/衣装:福嶋達哉/出演:前野朋哉、牧野鏡子、板倉善之、一ノ瀬美和子(祭美和)、ヨーク、藤宮 隼

安川有果にとって2作目の中編。若手女性監督による映画製作・上映集団「桃まつり」が “うそ” をテーマに製作したオムニバス作品群の1篇。主演は、監督であり俳優の前野朋哉(『桐島部活やめるってよ』)、魅力的な “カノジョ” 役は牧野鏡子(『モスリン橋の、袂に潜む』)。
【Story】ファミリーレストランで働きながら平凡で地味な生活を送っている吉田輝男。 今日も同僚の女の子の恋愛話に付き合わされうんざり気味だったが、そんな憂鬱を吹き飛ばす出来事が起こった。 中学時代の憧れだった同級生、明石幸子が店に現れたのだった。 何度となく現れるようになった幸子と輝男は付き合うようになるが、幸子の知られざる一面が次々と発覚し……。
購入はこちらから→ http://loadshow.jp/film/she-is-all-right
  • 『安川有果(やすかわ・ゆか)』
    1986年生まれ。大阪美術専門学校で映像制作を学び、09年桃まつり presentsうそにて『カノジョは大丈夫』を監督。渋谷ユーロスペース他にて上映される。この作品を参考作品に、11年大阪映像文化振興事業 CO2(シネアスト・オーガニゼーション・大阪)に出した企画が通り、『DressingUP』を監督。主演の祷キララが CO2新人俳優賞を受賞、第14回 TAMA NEW WAVEでグランプリに輝いた。最新作、青春H『激写!カジレナ熱愛中!』3月中旬公開予定。
  • 『前野朋哉(まえの・ともや)』
    1986年岡山県出身。大阪芸術大学芸術学部映像学科在学中より、映画監督と俳優の経歴をスタートさせる。2009年、CO2の助成作品として製作した『脚の生えたおたまじゃくし』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞&シネガー賞W受賞。近日公開の監督作品として、Eテレ青山ワンセグ開発『ねんりき!北石器山高校超能力研究部』(橋本愛主演)。出演は、映画『桐島、部活やめるってよ』など多数映画作品、テレビドラマ、CMなど多方面で活躍。最新作として、映画『大風呂屋エイジ』随時公開、映画『銀の匙』3/7公開、映画『大人ドロップ』4/4公開。