LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

フランソワ・オゾン監督作品『17歳』

若さはいつも美しくて愚かしい

『まぼろし』、『8人の女たち』、『しあわせの雨傘』など新作を発表するたびに、全く違うジャンルの新しいテーマを打ち出し続けてきたフランソワ・オゾン。第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された最新作『17歳』。女性心理を巧みに描いてきたオゾンが、17歳の少女の大きく変化していくセクシュアリティに真正面から向き合うという、センセーショナルな試みを果たした。イザベルに扮するのは、本作が映画初主演となるマリーヌ・ヴァクト。「彼女の瞳のなかに、内なる世界と神秘を感じた」と語るオゾンが見出したミューズだ。今、フランス映画界の次世代を担う存在として、最も期待されている女優である。若さと美しさをキーワードに、幾層にも緻密に構成されたオゾン・ワールドが、ここに完成した。

【Story】イザベルは、すべてに恵まれた少女だ。名門高校に通い、母親は大病院のドクター、生活に困ったことなど一度もなく、休みのたびに家族で長期のバカンスに出かける。両親の離婚で実の父とは別れたが、母親の再婚相手と何の問題もない。気品に溢れた美しさで異性から注目を浴び、17歳の誕生日を迎える直前には、夏のリゾート地で初体験を終えた。だが、秋の訪れと共にイザベルは変わっていく。放課後、SNSを通じて知り合った不特定多数の男たちと密会を重ねるようになったのだ。ある日、初老の男が行為の最中に急死、イザベルはその場から逃げ去るが、まもなく警察によって彼女の秘密が家族に明かされる。快楽のためではなく、ましてや金のためでもないと語り、あとは口を閉ざすイザベル。いったい彼女に何が起きたのか──?

『17歳』公式サイト→ http://17-movie.jp/
■劇場情報
http://17-movie.jp/theater/
『17歳』
©MANDARIN CINEMA–MARS FILMS–FRANCE 2. CINEMA-FOZ
脚本・監督:フランソワ・オゾン/製作:エリック&ニコラス・アルトメイヤー/撮影:パスカル・マルティ/録音:ブリジット・テイランディエ/ラインプロデューサー:シルヴァン・モノド/出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェラルディン・ペラス、グレデリック・ピエロ、ファンタン・ラヴァ、ヨハン・レイセン/2013年/フランス/カラー/94分/アメリカンヴィスタ/5.1ch
http://17-movie.jp/
  • 『定者如文(じょうしゃ・ゆきぶみ)』
    兵庫県神戸市出身。映画少年だった幼少期、バイクに溺れた10代、旅行に彷徨った20代前半を経て26歳で大阪芸術大学映像学科に入学、30歳で卒業・上京し東京藝術大学映像研究科第一期生として過ごし31歳で映像業界へと進む。その後映像業界で数々の現場をこなし東京で過ごした10年のキャリアの集大成として本年度の文化庁新進芸術家海外研修制度を利用してアメリカへと渡る予定。