LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

加藤直輝監督作品『2045 Carnival Folklore』キノトライブ2014 にてワールドプレミア!

全てをフィードバックさせろ!

2045年。かつて「ヨコハマ」と呼ばれた都市「YKHM City」は党「兄弟」により独裁的に統治されていた。YKHM Cityで市民に配給され続ける「ソイレント食品」とはいったい何なのか。その製造の鍵を握るとされるヨシザワ博士とは何者なのか。エージェントアーサーは YKHM Cityの謎を探り始める……。

2012年より、横浜を舞台に撮影・制作が進められてきた加藤直輝監督による新作SF映画 『2045 Carnival Folklore』(旧タイトル『Sonic Road Movie YOKOHAMA!』)。『アブラクサスの祭』(10)以来、待望の長編である。2013年1月19日には、“Space is howling”と題して横浜みなとみらい赤レンガ広場にてライブの公開撮影イベントを開催するなど、様々なミュージシャンとの共同作業を経て、音響と映像が新たな関係を結んだこれまでにない映画が誕生した。 参加ミュージシャンは、長嶌寛幸(DOWSER)、T.Mikawa(Incapacitants/非常階段)、浜本亮、岡本英之、増田圭祐など気鋭の面々。本上映に先立つ2014年1月26日には、「キノトライブ2014」のオールナイト企画にて、監督加藤直輝と増田圭祐の音楽ユニットSierror!〽(シエラ!)によるライブ上映が行われるなど、話題の本作。「キノトライブ2014」の最後を飾る上映をどうぞお見逃しなく!
2014年1月31日(金)19:10〜
■料金
当日一般1200円 大学高校専門1100円 
■会場
オーディトリウム渋谷
東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
TEL. 03-6809-0538
http://a-shibuya.jp/
キノトライブ2014 公式ウェブサイト: http://kino-tribe2014.jimdo.com/
『2045 Carnival Folklore』

2013-14年/HD/パートカラー/ステレオ/16:9/93分/日本

監督・脚本:加藤直輝/原作・脚本・音楽:増田圭祐/撮影:定者如文/録音:黄永昌/編集:鈴木宏/制作:原尚子/製作:ENBUゼミナール、はらほろ/助成:ACY先駆的芸術活動支援事業 出演:石井順也、岡美咲、奥瀬繁、林亮佑、海老原恒和、大西冬馬、大村昌也、岡奈穂子、河添由夏子、小崎愛美理、土屋陽平、成瀬大樹、濱仲太、平岡祐介、矢野杏子、岡本英之、増田圭祐、Ryo HAMAMOTO、長嶌寛幸、T.MIKAWA
『Sonic Road Movie YOKOHAMA!』としていくつものVer.を生みながら未だ完成してないあの映画が再編集を経てまたまた今回限りの特別上映。2045年のファーイースト。かつて日本と呼ばれた国は天災によってすべての原発がメルトダウンし、崩壊した。数年後、とあるシティが奇跡的な復興を遂げる。絶望した人々の集合的無意識が理想郷を実現したのだ。完璧に調和された社会。そこに外から密命を帯びた異邦人がやってくる。この映画は彼が提出した報告書である。リストには人工麻薬、ミュータント、スカムパンクス、ノイズアニミスム、ソイレントフード、そしてマンドラゴラなどの項目がある。本企画での上映がワールドプレミアとなる。
  • 『加藤直輝』
    1980 年東京生。立教大学フランス文学科卒業。在学時は映画研究会に所属。2007年、東京藝術大学大学院映像研究科(映画専攻・監督領域1期生)を修了。修了制作作品『A Bao A Qu』が第12回釜山国際映画祭コンペ部門にノミネートされるほか、ドイツやオーストラリアなど各国の映画祭で上映。10年『アブラクサスの祭』(原作:玄侑宗久 出演:スネオヘアー、ともさかりえ 音楽:大友良英)で監督・共同脚本として商業作品デビュー。サンダンス映画祭2011、釜山国際映画祭2010など各国の映画祭で上映された。最新作は『2045 Carnival Folklore』(2013-2014)。