LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

藤井直人監督『7s [セブンス]』

完成しなかった映画「7s」と、関わったすべての人の物語

伊坂幸太郎の小説を映画化した『オー!ファーザー』で商業映画監督デビューを果たした藤井直人監督の最新作『7s [セブンス]』の公開が決定した。本作は藤井直人監督が、自身の映画制作の経験をもとに制作。未完に終わった映画『7s』を巡って夢を追う若者たちの苦悩、葛藤、友情、裏切り、挫折など等身大な若者の青春が描かれる。キャストには、深水元基、淵上泰史、アベラヒデノブ、須賀貴匡らが名を連ねているほか、斎藤工、餓鬼レンジャーが友情出演している。
藤井直人監督『 7s [セブンス] 』
11月7日(土)より、新宿武蔵野館にてレイトショー!他、全国順次公開
■公式サイト
http://7smovie.com/
■公式Twitter
https://twitter.com/7smovie
■公式Facebook
https://www.facebook.com/7sMOVIE
『7s [セブンス]』

(2015年/日本/96分/カラー/デジタル)

監督:藤井道人 

脚本:川原田サキ、藤井道人、アベラヒデノブ

出演:深水元基/淵上泰史/アベラヒデノブ/須賀貴匡/佐々木卓馬/小林夏子/サンガ/竹井洋介/網川凛/麻亜里/木村啓介/池田嘩百哩/坂井裕美/須田暁/瀬下尚人/あべなぎさ/海東健(友情出演)斎藤工/餓鬼レンジャー/Heartbeat 

製作:and pictures/BABEL LABEL/配給・宣伝:ビーズインターナショナル

Ⓒ7s/セブンス製作委員会
ストーリー:売れない映画監督のサワダは、大学の同級生のサナガワと一緒に作った自主映画でインディーズ映画祭のグランプリを獲得する。賞金をもとにさらに大きな映画を作ろうと意気込むサワダ。そんなある日、アルバイトをしている居酒屋で運命的な出会いをすることになる。お客として来ていた小劇団のメンバーたちと意気投合し、サワダの作品に出演してもらうことが決まる。その中には、お笑い芸人として人気絶頂のゴギョウをはじめ、人気モデルのカブや、看板女優のナズナなどがおり、サワダにとってもまたとないチャンスだった。書き上げた脚本は「7s」というタイトルで、7人の天才詐欺集団が世の為、人の為に詐欺を行うというスリリングな映画。スタッフも集まりいよいよ映画「7s」がクランクインする。序盤の撮影は、順調そのものだった。しかし徐々にその空気に暗雲が立ち込める。俳優の遅刻、スタッフ内の喧嘩、制作部の失踪、キャストの突然の降板…。ついには撮影したデータが消えてしまうという事件が勃発。資金も底をつき、映画「7s」は未完のまま撮影がストップしてしまった。そして3年が経った。スタッフ、キャストはバラバラになり、だれも「7s」の話をすることはなくなっていたのだが・・・。