LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

キム・テギュン監督作品『愛の棘』監督コメント&メイキング映像!

ドロドロ三角関係 悲痛な愛の物語

映画『僕の彼女を紹介します』、ドラマ「IRISⅡ-アイリスⅡ」(主演)の人気俳優チャン・ヒョク主演の映画『愛の棘』が、9月27日(土)より公開中だ。今回、チャン・ヒョクと『火山高』以来約13年ぶりにタッグを組んだキム・テギュン監督の《インタビュー》と《本作の撮影風景映像》が公開された。

キム・テギュン監督コメント

本作『愛の棘』の脚本を選んだ理由を教えてください。
この脚本と出会ったのは7年前のことだ。ジュンギ(チャン・ヒョク)、ヨンウン(チョ・ボア)、ソヨン(ソン・ウソン)という3人の主要な登場人物を通して、いわゆる“愛”や“欲望”を描けると思った。

“愛”は胸をときめかせるものでありながらも、おぞましく恐ろしいものにもなり得るという考えに惹かれたんだ。

ジュンギ役のチャン・ヒョクとは『火山高』以来、13年ぶりにタッグを組むことになりましたね。彼を今回の作品に起用した特別な理由はあるのでしょうか。また13年前と比べて、彼との仕事の進め方に変化はありましたか。

※訳注:『火山高』の本国公開は2001年。日本公開は、2012年12月。


14年前に『火山高』を撮影していた頃、チャン・ヒョクはまだとても若くてね。血気盛んな青年という感じだったのが、今やすっかり成熟した俳優になった。繊細な心の機微を表現しているその姿を、他の出演作で立て続けに目にしたよ。期待していた通り、彼の奥深くて感情を揺さぶるような演技は、今回の作品を成り立たせる上で非常に頼りになった。
本作を撮るにあたって、最も苦労したことは何ですか。
どれもたやすくはなかったけど、一番大変だったのはベッドシーンかな。20年の監督人生の中で初めての経験だったから、すごく苦労したよ。
『愛の棘』を通して、観客に伝えたいこととは?
僕はこの作品を通して、“愛”にまつわる様々な疑問を投げかけたかった。愛は必ずしも完璧なものとは限らないし、人によって捉え方も異なる。それゆえ誰かを愛し、相手に依存していると感じたことがある人もいるはずだ。平凡な愛からたった一歩進んだだけで、依存という魔物に遭遇する。愛は尊く、何よりも優先してしまいがちだが、時としてそれは恐ろしい結末を招きかねない。愛とは何かについて、観客の皆さんとぜひ意見交換したいね。

『愛の棘』メイキング映像

【Story】

体育教師のジュンギ(チャン・ヒョク)は、親戚一同が集まると、うだつがあがらない者として扱われ、教師としてさほどやる気も出さず、平凡な日常を送っていた。しかし、ある日、女子高生のヨンウン(チョ・ボア)の恋心に気づく。ジュンギに、ヨンウンは、忘れていたときめきを抱かせてくれた。雨の降る日、傘もなく雨に濡れたヨンウンに、ジュンギは、自分の体育着を貸し、誰もいない教室で、迷いながらも彼女に触れてしまう。しかし、我に戻ったジュンギは、彼女を一人学校に残し逃げてしまう。ヨンウンと距離を置こうとするジュンギ。しかし、純粋で盲目的な彼女の恋は、次第に狂気に変わっていく。「キリキリ」と音をさせながら、カッターナイフの刃を出し、うつろな表情をみせるヨンウン。ジュンギの寝室に忍び込んだり、妊娠している妻のソヨン(ソン・ウソン)に接近したりと、彼を追い詰める行動を繰り返す。ついに、ジュンギに近づく他の生徒が何者かに襲われる殺傷事件が起こり・・・

キム・テギュン監督作品『愛の棘』
ヒューマントラストシネマ渋谷絶賛公開中
■公式サイト
http://www.finefilms.co.jp/toge
『愛の棘』
監督:キム・テギュン『彼岸島』(10)、『クロッシング』(08)、『百万長者の初恋』(06)、『オオカミの誘惑』(05)、『火山高』(01)

CAST:チャン・ヒョク『依頼人』(12)、『僕の彼女を紹介します』(04)、『火山高』(01)チョ・ボア「馬医」、ソン・ウソン『チョン・ウチ時空道士』(11)

2014/韓国/カラー/韓国語/118分/原題:가시/英題:Innocent Thing/配給:ファインフィルムズ

©2014 INVENT STONE. All Rights Reserved