LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ヤーノシュ・サース監督作品『悪童日記』

世界中の読書人を驚愕させたロングセラー小説、待望の映画化!

両親と離れて別世界にやって来た少年たちが、過酷な生活のなかで肉体と精神を鍛え、実体験を頼りに独自の世界観を獲得していく。ハンガリー出身のアゴタ・クリストフによる原作は、双子たちの日記という体裁をとり、殺人も躊躇しない彼らの行動が簡潔に綴られたもの。1986年にフランスで刊行されると、ほぼ口コミによりベストセラーとなり、40にもおよぶ外国語に翻訳され、全世界を熱狂の渦に巻き込んだ。日本でも多くの著名人が話題にしブームとなった。

数々の文学賞に輝いた珠玉の小説の映画化は、これまで、ポーランドのアグニエシュカ・ホランド監督(『ソハの地下道』)やデンマークのトマス・ヴィンターベア監督(『偽りなき者』」)などが映画化権を獲得しながらも、実現に至らなかった。この、映像化不可能と言われてきた作品が、ついに出版からほぼ30年を経て、見事に映画に変換された。

ハンガリーのヤーノシュ・サース監督がついに映画化した本作は、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(チェコ)でグランプリを獲得したほか、アカデミー外国語映画賞のハンガリー代表作にも選出された。
【Story】

第2次世界大戦下、双子の兄弟が「大きな町」から「小さな町」へ疎開する。疎開先は、村人たちから「魔女」と呼ばれる祖母の農園だ。僕たちは、粗野で意地悪なおばあちゃんにコキつかわれながら、日々の出来事を克明に記し、聖書を暗唱する。強くなることと勉強を続けることは、お母さんとの約束だから…。
ヤーノシュ・サース監督作品『悪童日記』
10月TOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテ他全国順次公開!
■公式サイト
http://akudou-movie.com/
『悪童日記』
監督:ヤーノシュ・サース/原作:アゴタ・クリストフ 『悪童日記』ハヤカワepi文庫
出演:アンドラス・ギーマント、ラズロ・ギーマント、ピロシュカ・モルナール
2013年/ドイツ・ハンガリー合作/ハンガリー語 デジタル5.1ch/シネマスコープ/111分/PG-12/仏題:LE GRAND CAHIER/
Ⓒ 2013 INTUIT PICTURES - HUNNIA FILMSTUDIO - AMOUR FOU VIENNA - DOLCE VITA FILMS