LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ジョシュア・オッペンハイマー監督作品『アクト・オブ・キリング』

前代未聞の手法を用いて人間のモラルを揺さぶる衝撃のドキュメンタリー

完成前のラフカットを観て心を奪われたエロール・モリス、ヴェルナー・ヘルツォークという2人の巨匠監督が製作総指揮として参加し、劇場公開を全面的にバックアップしている本作は、2012年のテルライド映画祭、トロント映画祭で上映され、その衝撃的な内容と斬新な手法、圧倒的な作品力が話題を呼び、瞬く間に批評家たちの熱烈な支持を集めた。翌2013年にはベルリン国際映画祭で2部門を制覇し、以降、15以上の映画批評家協会賞を総なめにしたほか、すでに50以上の映画賞を受賞。快進撃は今なお続き、第86回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にもノミネートされ、オスカー受賞の最有力候補として、その圧倒的な評価を不動のものとした。

【Story】1960年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者たちは、驚くべきことに、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人権団体の依頼で虐殺の被害者を取材していたが、当局から被害者への接触を禁止され、対象を加害者に変更。彼らが嬉々として過去の行為を再現して見せたのをきっかけに、「では、あなたたち自身で、カメラの前で演じてみませんか」と持ちかけてみた。まるで映画スター気取りで、身振り手振りで殺人の様子を詳細に演じてみせる男たち。しかし、その再演は、彼らにある変化をもたらしていく……。

ジョシュア・オッペンハイマー監督作品『アクト・オブ・キリング』
2014年4月12日(土)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開
■公式サイト
http://aok-movie.com/
■劇場情報
http://aok-movie.com/theater/
『アクト・オブ・キリング』
© Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012
製作・監督:ジョシュア・オッペンハイマー/共同監督:クリスティン・シン/製作総指揮:エロール・モリス、ヴェルナー・ヘルツォーク、アンドレ・シンガー/匿名希望 スペシャル・サンクス:ドゥシャン・マカヴェイエフ/2013年/デンマーク・ノルウェー・イギリス合作/インドネシア語/121分/原題:THE ACT OF KILLING/カラー/5.1ch/ビスタ/DCP/配給:トランスフォーマー
http://aok-movie.com/