LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

幻の傑作 フォルカー・シュレンドルフ監督作品『バール』ドイツ映画特集で上映!

ドイツ映画特集 2014年11月19日(水)〜11月22日(土)ドイツ文化会館ホールにて

ファスビンダー主演×シュレンドルフ監督×ブレヒト原作

映画ファンなら見逃せない“幻の映画”。20世紀を代表するドイツの劇作家ブレヒトが、20歳で書いた最初の戯曲「バール」。その戯曲を、現在『シャトーブリアンからの手紙』もヒット中のフォルカー・シュレンドルフ監督が、1970年に映画化。主演はなんと、鬼才ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー。長らくブレヒトの遺族の意向で上映が禁止されていた“幻の映画”が、44年の時を経て「ドイツ映画特集2014」で本邦初上映される。
当時、長編第一作『テルレスの青春』(66)で一躍ニュージャーマン・シネマの旗手となったフォルカー・シュレンドルフ監督は、テレビ局の依頼で劇映画の製作に着手した。シュレンドルフが原作に選んだのは、『三文オペラ』などで知られる世界的な劇作家ベルトルト・ブレヒトが、20歳で書いた最初の戯曲「バール」。主演には、後にニュージャーマン・シネマきっての鬼才監督となるライナー・ヴェルナー・ファスビンダー。共演には、今では『ハンナ・アーレント』の監督として有名だが、当時はまだ女優として活躍し、後にシュレンドルフと結婚することになるマルガレーテ・フォン・トロッタと、後にファスビンダー映画のミューズとなる伝説の女優ハンナ・シグラ。
しかし、1970年に完成した映画は、人々の目に触れることはなかった。一説によると、ブレヒト亡き後、権利を保有していたブレヒトの妻がファスビンダー演じるバールのあまりの放埒さに衝撃を受け、一切のテレビ放映・上映を禁止してしまったと言う。それから44年。長き封印の後、ブレヒト夫人の死去により権利を受け継いだブレヒトの娘は、この作品の映画史における重要性を認め、デジタル化にも同意。今年2014年2月のベルリン国際映画祭でデジタル・リマスター版として、ついに初上映にいたった。これから30歳になろうとするシュレンドルフ監督と、24、5歳の若さだったファスビンダー。フォン・トロッタも27歳、シグラもまだ26歳。まさにニュージャーマン・シネマの若々しく荒々しい情熱が溢れた必見の問題作!
ドイツ映画特集
2014年11月19日(水)〜11月22日(土)ドイツ文化会館ホールにて
フォルカー・シュレンドルフ監督作品『バール』上映日
11月21日(金)16:00&11月22日(土)18:00
*その他の上映作品
『警察官の妻』『ゲーテなんてクソくらえ』『西という希望の地』
お問い合わせ
東京ドイツ文化センター 03-3584-3201
『バール』
監督:フォルカー・シュレンドルフ

脚本:フォルカー・シュレンドルフ(ベルトルト・ブレヒトの戯曲に基づく)

撮影:ディートリヒ・ローマン

出演:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー、シギ・グラウエ、マルガレーテ・フォン・トロッタ、ハンナ・シグラ、イルム・ヘルマン