LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

「爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン」開催決定!!

9月27日(火)〜10月1日(土)Shibuya WWW、Shibuya WWWXにて開催!

空族、富田克也最新作『バンコクナイツ』東京プレミア爆音上映決定!

2014年の吉祥寺バウスシアター閉館により、開催が途絶えていた東京での爆音映画祭。2016年は4月に恵比寿ガーデンシネマでの坂本龍一セレクションによるスペシャル・ヴァージョンの爆音映画祭が開催されたが、さらに特別仕様にチューンナップした爆音映画祭2016の開催が決定!
今回の爆音映画祭はタイの“イサーン地方”に焦点を当てた音楽と映画の特集。タイの中でもイサーン地方は特別な風土と歴史を持ち、その土地と時間が育んだ独特の文化を育てている。そのイサーン地方が主要のロケ地でもあり、第69回ロカルノ映画祭でインターナショナル・コンペティション部門に正式出品が決まったばかりの空族、富田克也監督最新作『バンコクナイツ』が東京プレミア爆音上映される!!上映後は、『サウダーヂ』に引き続き、空族とがっちりタッグを組んだ山梨のヒップホップ・クルー<stillichimiya>のミニライブ、そして、監督の富田克也、脚本の相澤虎之助、それから本作の音楽面で大きく貢献したタイ音楽の伝道師ことDJユニット<Soi48>、爆音映画祭主宰の樋口泰人らのトークも有り。これが東京で『バンコクナイツ』の全貌が明かされる初めての機会となる!
加えて、本作にも出演しているタイの人間国宝、アンカナーン・クンチャイらも招聘し、「モーラム」と呼ばれるイサーン独自の音楽を生で体感する貴重なライブや、日本ではめったに観られない貴重なタイ映画を6本を限定上映。そして、イサーン文化を背景に生まれた国際的映画監督アピチャッポン・ウィーラセタクンの3作品、新作『光りの墓』の東京初爆音上映を始め、これまでの監督特集でもなかなか上映されることのなかった長編『アイアン・プッシーの大冒険』と中・短編で構成される「アートプログラム」を上映する。
「爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン」
日程:2016年9月27日(火)〜10月1日(土)
会場:Shibuya WWW、Shibuya WWWX(渋谷区宇田川町13-17 ライズビル)
主催:boid、空族、Soi48
協力:WWW、Thai Film Archive、Donsaron Kovitvanitcha、Nonzee Nimibutr
助成:国際交流基金アジアセンター
■公式サイト
http://bakuonthai2016.com
■公式Facebook
https://www.facebook.com/bakuonfilmfes/
■公式Twitter
https://twitter.com/boid_bakuon?lang=ja