LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

クリストフ・ガンズ監督作品『美女と野獣』

世紀のラブ・ストーリー「美女と野獣」、待望の実写映画化!

ファンタジーの最高傑作にして、ラブ・ストーリーの金字塔『美女と野獣』。小説、絵本、アニメーション、映画、ミュージカルと、様々に形を変えながら愛され続けてきた物語だ。

そして2014年、薔薇に囲まれた壮麗な古城、神秘的な不思議の森、眩いほどに優美な衣装とジュエリー、二人だけの舞踏会などロマンティックな名場面の数々。スクリーンいっぱいに広がる幻想的な世界が、実写映画版として、ここに完成した。

人を愛し、愛されなければ、人間の王子に戻れない野獣と、薔薇を盗んだ父の代わりに野獣の城に囚われの身となった美しい娘ベル。誰もが知っているこの物語には実は、語られることのなかった秘密があった。

それは、なぜ、王子は野獣になったのか?いったい、彼はどれほどの罪を犯したというのか?という大いなる謎。実際、ほとんどの作品が、「思いやりの心を持たなかった罰」としか触れていない。

フランスで生まれたこの物語の、秘められた深淵に挑むのは、気鋭監督クリストフ・ガンズ。1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を徹底検証し、ベルが野獣のミステリアスな過去を解き明かしていくというスリリングな展開に発展させた。

自らの手で運命を切り開こうとする現代的な性格と、エレガントなドレスが似合うクラシカルな美貌をあわせ持つベルに扮するのはレア・セドゥ。『アデル、ブルーは熱い色』で、カンヌ国際映画祭史上初の主演女優へのパルム・ドールに輝いた次世代スターだ。

野獣には、強烈な存在感をスクリーンに刻んできた個性派俳優、『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル。

野獣の過去に隠された、悲しくも美しいもう一つの愛の物語とは果たして。おとぎ話でありながら、大人をも魅了し続ける傑作が、新しい驚きを息吹に、かくも切なく、かくも豪華に生まれ変わる。

【Story】

バラを盗み、命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われた美しい娘ベル。死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。かつてその城で何があったのか、野獣が犯した罪とは?いま、真実の愛が、隠された秘密を解き明かしていく。

クリストフ・ガンズ監督作品『美女と野獣』
11月1日(土) TOHOシネマズ スカラ座他にて全国公開
■公式サイト
http://beauty-beast.gaga.ne.jp
『美女と野獣』
監督:クリストフ・ガンズ

CAST:レア・セドゥ/ヴァンサン・カッセル

配給:ギャガ提供:アミューズソフトエンタテインメント

ギャガ原題:La Belle et La Bete/2014年/仏独合作/113分/カラー

5.1chデジタル/シネスコ/字幕翻訳:丸山垂穂

(C)2014 ESKWAD – PATHÉ PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION – ACHTE / NEUNTE / ZWÖLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH – 120 FILMS