LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

日台合作映画『南風』公開記念、黄河(コウ・ガ)主演、陳永錤(チェン・ヨンチー)監督短編『キャシー5号』配信開始!

LOAD SHOWでは、映画『南風』の公開を記念し、出演俳優である黄河(コウ・ガ)主演、台湾で注目される若手映画監督、陳永錤(チェン・ヨンチー)による短編『キャシー5号』の配信を本日7/11より開始します!

黄河は1989年シンガポール生まれの24歳。16歳で『藍色夏恋』の易智言(イー・チーイェン)監督による30話連続ドラマ『危険心霊』に主演し、台湾のアカデミー賞に値する金鐘賞最優秀主演男優賞を受賞。その後も数々の映画に主演し台湾の人気俳優として活躍中。監督の陳永錤は1979年生まれ。短編処女作でもある『キャシー5号』は文化部99年度補助金を受け製作され、2012年台北映画祭短編コンペティションノミネート、香港アジア映画祭台湾映画ニューウェーブ入選、2013年度金穂賞一般作品優秀賞を受賞するなど、話題となった一作です。LOAD SHOWにてどうぞお楽しみください!

『キャシー5号』Story

どこかでお会いしましたか?」とタコーはプラットフォームでキャシーという女の子に声をかける。彼は、電車に乗り遅れた彼女に「キャシー」についての物語を話し始める。  タコーの元カノは皆キャシーという名前。一人目のキャシーにフラレて以来、どの彼女もキャシーの影をまとっていた。彼女たちが本当に瓜二つだったかはわからないが、いわば彼女はキャシーの復刻版だった。  しかも、彼女たちは絶えずタコーの前に現れ、一人と別れると必ず次が現れる。タコーは彼女たち一人一人の首に数字の刺青があることに気づく。二人目のキャシーには「2」、三人目のキャシーには「3」というように。ただし、5番目のキャシーだけは、タコーに首を見せようとしなかった。彼が必死にそれを見ようとしても彼女は拒んだ。彼女の首には数字があったのだろうか。何の数字だったのだろうか。首のことを巡って二人と喧嘩をした末に…。また、プラットフォームで話を聞いているキャシーは何者なのか。
作品詳細ページ: http://loadshow.jp/film/54
『南風』
■7/12(土)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー!
監督:萩生田宏治
出演:黒川芽以、テレサ・チー、郭智博、コウ・ガ
2014年/日本・台湾/93分/デジタル/1:1.85
©2014 Dreamkid/好好看國際影藝
配給:ビターズ・エンド

《Story》

私、風間藍子(黒川芽以)は東京の出版社で働く26歳。最近彼氏を年下の女に奪われ、さらに大好きだったファッション誌の編集から地味な単発の企画担当へ飛ばされ、まさに仕事も恋愛も崖っぷち状態。4日後に日月潭(リーユエタン)で元プロサイクリスト植村豪が主催するサイクリングイベントの取材のため台湾へやってきた。頼れる先輩・由貴さん(シュ・エイセイ)に取材を手伝ってもらうつもりでいたら、会ったらまさかの妊娠中! 中国語も話せないし、これからどうしよう……そんな時、レンタサイクルのために立ち寄った自転車屋で出会ったのが、ファッションモデルを夢見る高校生の少女・トントン(テレサ・チー)。その子の顔を見てびっくり!だって元彼を奪った女に瓜二つだったから……しかもこの子、私のガイドをしたいと言い出した。内心かなり不満だけど、由貴さんに頼れない今、背に腹は代えられない。トントンは妙に浮かれてる。 こうして、私とトントンは日月潭に向けて出発した。
■公式サイト
http://www.nanpu-taiwan.com