LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

グザヴィエ・ボーヴォワ監督作品『チャップリンからの贈りもの』

7 月18 日 YEBISU GARDEN CINEMA 他全国順次公開!!

チャップリンの遺体が誘拐された!?

実話が生んだ温かくてほろ苦い人生賛歌!


2010 年カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した『神々の男たち』グザヴィエ・ボーヴォア監督最新作!喜劇王チャップリンの遺体を誘拐?!1978 年、全世界が驚愕したニュースの正体は、マヌケな二人組のドジな犯行劇だった―。信じられないこの実話が、チャップリン遺族の全面協力を得て映画化!晩年を過ごした美しい邸宅や墓地をロケ地に、チャップリンの息子や孫娘も特別出演。『黄金狂時代』『街の灯』『ライムライト』など往年の名画名曲名シーンを散りばめ、とことんツイていない人間たちのコミカルな大騒動を、巨匠ミシェル・ルグランの美しい音楽に乗せて描いた本作は、フレンチテイストが香る原題のチャップリン映画のよう。
家族のために企てたまさかの犯行、天国のチャップリンに救いを求めた間ぬけな誘拐犯たちが、最後に手にした人生の宝物とは―。実際にチャップリンが眠る墓地の10メートル横で撮影されたという、バチ当たりすぎるチャップリンの墓を掘り起こすシーンをはじめ、心温まる場面写真が公開となった。
《チャップリン遺体誘拐は、実際に起きた事件だった!》
1978 年、チャップリンの死からおよそ2カ月後の3月2日、スイスのレマン湖畔のヴヴェイのお墓に埋葬されたチャップリンの遺体が棺ごと盗まれるという事件が発生した。迷宮入りかと思われた事件だったが、犯人はすぐに判明。24歳のポーランド人、ロマン・ヴァルダスと、38歳のブルガリア人、ガンチョ・ガネフである。2人は身代金(日本円で約1億円)で、自動車修理工場をはじめる目論見だったという。
【Story】
スイス・レマン湖畔。お調子者のエディの親友オスマンは、娘がまだ小さく妻が入院中。医療費が払えなくなるほど貧しい生活を送っていた。そんな時テレビから“喜劇王チャップリン死亡”という衝撃のニュースが。エディは埋葬されたチャップリンの柩を盗み身代金で生活を立て直そうと、弱気のオスマンを巻き込み決死の犯行へ。
ところが詰めの甘い計画は次々にボロを出し、ツキのなさにも見舞われて崩壊寸前。あきらめかけた時、追詰められたオスマンが最後の賭けに出た。人生どん底の二人に救いの手は差し伸べられるのか─。
グザヴィエ・ボーヴォワ監督作品『チャップリンからの贈りもの』
7 月18 日 YEBISU GARDEN CINEMA 他全国順次公開
『チャップリンからの贈りもの』
監督:グザヴィエ・ボーヴォワ『神々と男たち』 カンヌ国際映画祭グランプリ

音楽:ミシェル・ルグラン『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』

出演:ブノワ・ボールヴールド『ココ、アヴァン、シャネル』、ロシュディ・ゼム『あるいは裏切りという名の犬』、キアラ・マストロヤンニ

原題:The Price of Fame/フランス映画/ヴィスタ/115 分/カラー/5.1ch デジタル/字幕翻訳:齋藤 敦子

©Marie-Julie Maille / Why Not Productions