LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

シネマ☆インパクト

シネマ☆インパクト第3弾5作品、2013年3月30日(土)~4月19日(金) までオーディトリウム渋谷にて公開。

シネマ☆インパクトは、映画監督山本政志が主宰する実践型映画ワークショップであり、映画製作スタッフと出演者を一般から募り、決められた予算内で実践的に映画作りを学んでいくプロジェクト。 第一線で活躍する映画監督を招へいし、2012年は1年間で15本の作品を製作、これまでに第1弾・第2弾作品がすでに劇場公開され、のべ5000人近くの動員を記録している。第3弾となる今回は、熊切和嘉 『止まない晴れ』、いまおかしんじ 『集まった人たち』 大根仁 『恋の渦』、廣木隆一 『海辺の町で』、山本政志 『水の声を聞く- プロローグ- 』の5作品を公開。『海炭市叙景』の熊切和嘉をはじめ、『モテキ』の大根仁の参加など、まさに第一線で活躍する映画監督たちによる要注目のプログラムだ。

「シネマ☆インパクト」は、ワークショップではない。選ばれた精鋭の監督達が、役者として、スタッフ として参戦した戦士達のエネルギーを吸収し、限られた時間と予算の中で”映画作り”に しのぎを削る、 映画の格闘場だ。(山本政志)
『止まない晴れ』
2013年 / 32分
監督 : 熊切和嘉
脚本:辻田洋一郎 / 撮影:高木風太 / 録音:小山道夫 / 編集:堀善介
出演:伊藤尚美、関寛之、樹香、吉原大地、松竹史桜、小松茂孝、小川朝子、小川貴史、森川しゅう、吉原大地、間部祐介、伊藤公一、北村ゆり、岡田瑞葉、吉田正樹、長尾卓磨、麻美、安保優一、南部真人、中村夏子、松本江梨子、飯島多佳奈、吉田彩乃、川上史津子、小嶋喜生、朝雛香世、齋藤 隆文、川村麻実、礒村夬、下野雅史、鈴木将一朗、久保圭一、ジジ、圓谷健太、小倉涼、児玉龍太郎、椎名琴音、仁平拓、松枝風、山本圭祐、吉岡陸
ストーリー:ささやかで平凡な生活を送っていた夫婦。 ある日同窓会に参加すると徐々に驚愕の事実が明らかになっていく。 日常に潜む狂気を見事にえぐり出した熊切監督最新作!
せっかくこういう機会なので、型にはまらない、むきだしの俳優と出会えたらいいなと思っていました。そしたらいたんです、凄いのが。彼女をいかに追いこみ、ぶっ壊し、どれだけ本当の感情を引き出すことが出来るか?それだけを考えて一本の映画を作ってみました。撮ってて泣けたのは久しぶりです。(熊切和嘉)
『集まった人たち』
2013年 / 62分
監督・脚本 : いまおかしんじ
撮影:戸田義久、録音:光地拓郎、編集:神谷朗、助監督:甫木元空
出演:新山志保、松永祐樹、鈴木将一朗、重田裕友樹、阿部隼也、小川朝子、木谷賢史、加納浩太、松竹史桜、佐藤文吾、宮園康秀、池田薫、籾木芳仁、武田祐一、山田将生男、澁川智代、中村健、影山聡美、高麗靖子
ストーリー:とにかくセックスがしたい!だけどうまくいかない! 老いも若きも男も女も右往左往! 世界を脱力させ続ける、いまおかワールド・フルストッロル!!
何やっていいか分からず、まず“ねるとん”やって、カップル作って、エチュードやって、芝居見て、そうやってる内に、何となく“セックスしたいけどなかなかできない人たち”の話をやったらいいんじゃないかと思って、一日でシナリオ書いて、その場しのぎで撮影しました。歩道橋でセックスするシーンを撮影してたら警察が来て、ビックリした。公然ワイセツだと。うるせえ!バカ!(いまおかしんじ)
『恋の渦』
2013年 / 140分(予定)
監督・撮影 : 大根仁
原作・脚本:三浦大輔、撮影:高木風太、大関泰幸、録音:岩倉雅之、光地拓郎
出演:新倉健太、若井尚子、柴田千紘、後藤ユウミ、松澤匠、上田祐揮、澤村大輔、圓谷健太、國武綾、松下貞治、鎌滝博秋、杉尾真理子、広瀬登紀江
解説:超絶劇団ポツドールの三浦大輔、原作・脚本「恋の渦」の映画化に、大根仁監督が「モテキ」以降、初の長編作品として挑む。これはもう“事件”だ!!
「現場は地獄になる。だが地獄からしか作品は生まれない」久々にこの言葉を思い出しました。初めての自主映画、2時間20分を4日で撮影、限りなくゼロに近い制作費、撮影前日に役者が逃亡、山本プロデューサーの恫喝… だがしかし、間違いなく面白い作品が出来ました。ご期待ください!!(大根仁)
『海辺の町で』
2013年 / 64分
監督・脚本 : 廣木隆一
撮影:鍋島淳裕、録音:ジョイスあゆみキャスリーン、編集:和田剛
出演:高麗靖子、真辺照太、北口 辰也、小嶋喜生、山口可奈子、安部一希、長尾卓磨、久保麻里菜、三島ゆう、かわはらゆな、泉川朱里、小林弘美、泪野あゆみ、鯰江りこ、北村ゆり、西尾 英子、橋本美和、星乃小夜利、三坂知絵子、下山重幸、日暮丈洋、湯舟すぴか、門脇 麦、折居志信、高木悠衣、続木春菜、堀杏子、小川朝子、柴田千紘、宮園康秀、池田良、日下範子、高松博美、古谷佳也、野川慧
解説:福島出身の廣木隆一監督が、同じく福島出身の撮影:鍋島淳裕と共に 福島ロケを敢行。様々な人々が交差する海辺の町を舞台に綴られた映像詩。この新鮮な映画力、必見!
全員が出るアルトマンのような映画にしたかった。全員を福島に連れて行きたかった。津波から3年目のいわきを見せたかった。皆がどう感じ、演じるか見たかった。
役者と言うよりも一個人的な人間として感じて欲しかった。そして、自分もどう感じるか、撮影して見たかった。彼らの中に俺の中に吹き付けるような冬の風と雪と海と雨と夕陽に試されてるような不思議な感覚と静かな感動があるはずだと信じたい。(廣木隆一)
『水の声を聞く-プロローグ-』
2013年 / 31分
監督・脚本 : 山本政志
撮影:高木風太、録音:小山道夫、編集:山下健治、制作:吉川正文、音楽:Dr.Tommy
出演:玄里、鎌滝秋浩、小田敬、高橋美穂、齋藤隆文、樫原由美子、松崎颯、中村夏子、西尾英子、間部祐介、富士たくや、高木悠衣、久保麻理菜、田川太一、山田将生男、かわはらゆな、牛丸亮、柴田千紘、有元由妃乃、真辺照太、川村麻実、籾木芳仁、湯舟すぴか、広瀬彰勇、池田薫、大津尋葵、菅原雪、市橋優子、細川佳央、大川恵子、植山絵美
ストーリー:ミンジョンは、新宿コリアンタウンのシンバン=巫女。 彼女の元をおとずれる、様々な苦悩を背負った人々に、水と緑からのメッセージを伝える。傷ついた魂に水の声は、届くのか。
短編は飽きた。長編を撮ろうと思った。
しかし、インパクトの枠には収まらない。で、予算枠に収まる程度の長さで、長編の冒頭から撮った。今まで意図的に避けてきた、「ロビンソンの庭」「熊楠」につながる世界になった。気合が入った。本編 「水の声を聞く」は、5月に撮影することにした。(山本政志)
  • 『シネマ☆インパクト』
    シネマ☆インパクトは、映画監督山本政志が主宰する実践型映画ワークショップであり、映画製作スタッフと出演者を一般から募り、決められた予算内で実践的に映画作りを学んでいくプロジェクト。
    第一線で活躍する映画監督を招へいし、2012年は1年間で15本の作品を製作、これまでに第1弾・第2弾作品がすでに劇場公開され、のべ5000人近くの動員を記録している。