LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ジェイムス・ロン、リン・リー監督作品『シネマパラダイス★ピョンヤン』

映画王国・北朝鮮に密着2年—“ちょっぴり本音”が見えるドキュメンタリー

本作は、シンガポールのドキュメンタリー映像作家であるジェイムス・ロンとリン・リーが、2008年のピョンヤン国際映画祭へ招待されたことから始まる。そこで彼らは、北朝鮮の映画監督、俳優たちは誰もが自国の指導者を称え、そのメッセージを伝えるために全存在をかけて尽くしていることを知る。プロパガンダの渦中に在る人々の原動力や生活を知りたいと思うようになった彼らは、8か月に及ぶ気の遠くなるメールのやりとりの末、北朝鮮当局からの撮影許可を獲得した。ただし、外出する際は必ず案内員が同行すること、撮影したものはその日毎に必ず検閲に出すことが条件。2009年〜2010年の間に4度の訪問、撮影。「何が「真実」か?どれが「本当」か?観客がこの作品を観て、判断してくれればそれでいい。」と彼らは語っている。

【Story】カメラは、ピョンヤン演劇映画大学に通う二人の学生と、映画制作という“国家事業”にエキストラとして動員された朝鮮人民軍の若者を熱く演出する映画監督の姿を記録する。科学者である父親の反対を押し切り女優への道を進むユンミや、国民的映画人を両親に持つウンボム。将軍様に愛されたピョ監督。彼らは平凡な人民と言うより、むしろ特権階級の人々だろう。しかし、これまでニュースなどの報道で目にしてきた姿とは、また違う一面に観客は新鮮さを覚えるに違いない。それぞれが様々な個性と夢を持ち、北朝鮮のいまを生きる人々。その素顔から見えてくるものとは?

ジェイムス・ロン、リン・リー監督作品『シネマパラダイス★ピョンヤン』
2014年3月8日(土)、渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
■公式サイト
http://cinepara-pyongyang.com/
■劇場情報
http://cinepara-pyongyang.com/?page_id=16
『シネマパラダイス★ピョンヤン』
©Lianain Films
監督:ジェイムス・ロン、リン・リー/2012年/シンガポール/朝鮮語・日英字幕/93分/配給:33 BLOCKS
http://cinepara-pyongyang.com/