LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

「CO2 東京上映展2015」第11回 助成3作品上映!

2015年10月31日より1週間、渋谷ユーロスペースにて公開!

今、最も期待すべき若手映画監督3人の長編劇映画!!

大阪で映像制作者の人材発掘を行い、石井裕也や横浜聡子、最近では安川有果(第8回CO2 助成作品『Dressing UP』)や、草野なつか(第10回C02 助成作品『螺旋銀河』)など、数多くの若手映像作家を輩出するシネアストオーガニゼーション大阪(CO2)の第11回 助成3作品が東京に上陸!長谷川億名監督『DUAL CITY』、黒田将史監督『バカドロン』、松本大志監督『誰もわかってくれない』と、3監督の短編作品を上映する。
長谷川億名監督のSF映画『DUAL CITY』は南北に分断された2034 年の近未来の日本の紛争を舞台にした大規模な意欲作で、国外最大の日本映画祭「ニッポンコネクション 2015」(ドイツ・フランクフルト開催)にて審査員の熊切和嘉監督にその意欲と発想を高く評価され、審査員特別賞を受賞した。また、本作品は日本人監督としては初めて、オーストラリアのSF映画祭 SCI-FI FILM FESTIVAL にて、映画『タクシードライバー』、『ボディガード』のプロデューサーである審査員のフィリップ・ゴールドファーブらに選出され、ますます海外で注目が高まっている!
黒田将史監督のコメディ映画『バカドロン』は、大阪アジアン映画祭でプレミア上映の際には即日チケットは完売となった人気作。独特のユーモアと個性豊かな出演陣の魅力で、大阪の観客の心を鷲掴みにし、大きな笑いを巻き起こした。また、本作品は MOOSICLAB2015ではクロージング作品に選出され、新宿の k'sシネマで上映された。弱冠22歳ながら国内の映画関係者からの支持も厚い、注目の監督の初長編作品!
松本大志監督のサスペンス映画『誰も分かってくれない』は、昨年よりスタートしたCO2俳優特待生の辻凪子を主演に起用し、大阪アジアン映画祭にてプレミア上映され、巧みな演出と丁寧な心理描写で話題を集めた!また、本作品主演の辻凪子はCO2東京上映展のチラシの表紙の写真となっている。
「ここから、はじまる」新たな若き才能の息吹を劇場で感じよう!!
「CO2 東京上映展2015」
日程:2015年 10月 31日(土)~11月 6日(金)
時間:連日 21:00~
劇場:ユーロスペース
スケジュール:
○10 月 31 日(土)21:00~ 『 バカドロン』(監督:黒田将史)
○11 月 1 日(日)21:00~ 『 おとなになりたくて』(監督:黒田将史)『イリュミナシオン』(監督:長谷川億名) 『新作短編(仮)』(監督:松本大志)
○11 月 2 日(月)21:00~ 『 DUAL CITY』(監督:長谷川億名)
○11 月 3 日(火)21:00~ 『 誰もわかってくれない』(監督:松本大志)
○11 月 4 日(水)21:00~ 『 バカドロン』(監督:黒田将史)
○11 月 5 日(木)21:00~ 『 誰もわかってくれない』(監督:松本大志)
○11 月 6 日(金)21:00~ 『 DUAL CITY』(監督:長谷川億名)
■公式サイト
http://co2intokyo2015.tumblr.com/
■公式Facebook
https://www.facebook.com/co2intokyo2015
■公式Twitter
https://twitter.com/co2intokyo2015
『DUAL CITY』
監督: 長谷川億名/ 2015 年/日本/ 100 分/シネスコ/カラー/ステレオ/HD
ストーリー:2034 年、南北に分断された日本。紛争が続く北部で看護師として働く依子は、死んだ娘の生前情報を再生し、安らぎを得ていた。ある日依子は、巨大都市として発展した南部で、娘が情報生命として生きていると知る…。生と死、過去と現在の教会が揺らぐデジタル化された世界の中で、愛は失踪する。巨大企業の暗躍や、テクノロジーの発展が覆う未来社会を、低予算ながら説得力あるヴィジュアルに結実したSF ドラマ。

『バカドロン』
監督:黒田将史/ 2015 年/日本/ 100 分/シネスコ/カラー/ステレオ/HD
ストーリー:リサイクル業者の辰男とボンは、回収に訪れた先々で、金品をくすねては小遣い稼ぎをしていた。それがバレて職場をクビになった2 人は、辰男の姉がいる大阪へ。そして辰男は中国人の娘に出会い一目惚れするが、彼女はある男を探していた。2 人の聞に飛び込んでくる奇妙な人々と珍妙な事件。はたして彼らの行き着く先は。日常に潜むユニークな表情を切り取り、小気味良いリズムでユーモアを生む青春コメディ。

『誰もわかってくれない』
監督:松本大志/ 2015 年/日本/ 66 分/ 16:9 /カラー/ステレオ/HD
ストーリー:少女漫画家の塔子は、担当編集者である瑛志からの突然のプロポーズに、流されるままに婚約。瑛志の実家へあいさつに行った帰リ、2 人はある女性を車でひき殺してしまう。平坦な日々に起きた、突然の事故。その事故を隠蔽しようとする彼女に芽生える「なにか」。そして塔子は被害者の息子と出会う―。丁寧な心理描写が異常を際立たせるサスペンス ドラマ。

  • 『長谷川億名(はせがわ・よくな)』
    1985 年栃木県生まれ。東京都在住。幼い頃から映像に目覚め、映画に憧れながら、家にあったビデオカメラでコラージュ映像を作り始める。 2006 年頃よりインターネットを利用し、Yokna Patofa 名義で作品を多数発表。写真の分野でも 2013 年度キヤノン写真新世紀で佳作受賞。 2012 年頃から、近未来日本を舞台にした「日本零年三部作」を構想。第 1 部として、映画『イリュミナシオン』を完成させる。今作は、その第 2 部となる。
  • 『黒田将史(くろだ・まさふみ)』
    1993 年生まれ、大阪府出身。大阪市立咲くやこの花高等学校演劇科中退後、吉本の養成所 NSC へ入学。NSC 卒業後 1 年間芸人活動するが、すぐに 諦め独学で映画の道へ。初監督作品『おとなになりたくて』が、したまちコメディ大賞2013 でグランプリと観客賞を史上最年少受賞。 MOOSIC LAB 2014 参加作品『QOQ』は同コンペで準グランプリと主演のケツが最優秀男優賞を受賞。
  • 『松本大志(まつもと・だいし)』
    1985 年 10 月 17 日生まれ千葉県出身、東京都在住。成城大学文芸学部芸術学科にて映画学を専攻。同校映画研究部に入部、以後自主映画の制作を続ける。 映画美学校第15 期フィクションコース高等科卒業。演出部として万田邦敏監督『イヌミチ』、染谷将太監督『シミラーバットディファレント』などに参加。 短編『NEVER TO PART』が第 1 回 LOAD SHOW コンペティションに入選。