LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ヤン・オーレ・ゲルスター監督作品『コーヒーをめぐる冒険』

ドイツの新鋭監督デビュー作!ツイてない朝から始まるベルリンの街。

“ドイツ映画界に救世主が現れた!”──2013年、そんなセンセーショナルな言葉がメディアにおどり、新しい才能の誕生にドイツ中が沸いた。人々を夢中にさせた新鋭監督の名は、ヤン・オーレ・ゲルスター。ドイツ映画テレビ・アカデミーの卒業作品にして初監督作となる『コーヒーをめぐる冒険』が、海外で熱狂的な人気を呼び、30を超える映画祭で数々の賞を受賞。ドイツ国内でも大ヒットを記録し、ドイツ・アカデミー賞9部門にノミネート、作品賞・監督賞を含む主要6部門を獲得するという快挙を成し遂げた。フランスでは、ヌーヴェルヴァーグが生まれた時のようなフレッシュさ、ジム・ジャームッシュのデビュー作を感じさせ、ウディ・アレンのようにチャーミングな映画とまで絶賛された。ベルリンの街をさまよう青年の災難続きの1日をモノクロ映像で描いたオフビート・コメディ。

【Story】ベルリンで暮らす青年ニコは、2年前に大学を辞めたことを父に秘密にしたまま、“考える”日々を送っていた。恋人の部屋でコーヒーを飲みそこねた朝、ツイてない1日が幕を開ける。車の免許が停止になり、銀行のキャッシュカードはATMに吸い込まれ、アパートの上階に住むオヤジに絡まれる。気を取り直して親友マッツェと街に繰り出せば、ダイエットに成功してまるで別人の元同級生ユリカ、クサい芝居の売れっ子俳優等々、ひとクセある人たちが次々に現れる。さらに退学が父親にバレ、ユリカに誘惑され、行く先々でコーヒーにふられ──と災難は続き、逃げ出した夜の街で、ナチス政権下を生き抜いた老人と出遭う。果たして、ツイてない1日の幕切れは──?
■『コーヒーをめぐる冒険』公式サイト
http://www.cetera.co.jp/coffee/
■劇場情報
http://www.cetera.co.jp/coffee/theater.html
『コーヒーをめぐる冒険』
© 2012 Schiwago Film GmbH, Chromosom Filmproduktion, HR, arte All rights reserved
監督・脚本:ヤン・オーレ・ゲルスター/撮影:フィリップ・キルスアーマー/編集:アンニャ・ズィーメンス/製作:マルコス・カンティス、アレクサンダー・ワドー/出演:トム・シリング、マルク・ホーゼマン、フリデリーケ・ケンプター、ウルリッヒ・ネーテン、ミヒャエル・グヴィスデク/原題:OH BOY/2012年/ドイツ/85分/モノクロ/配給・宣伝:セテラ・インターナショナル
http://www.cetera.co.jp/coffee/