LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

真利子哲也監督作品『ディストラクション・ベイビーズ』

2016年5月21日(土)、テアトル新宿ほか全国公開!

日本映画史上もっとも過激な108分!

若き才能がぶつかりあう!!

国内外から圧倒的注目を浴びる新鋭 真利子哲也監督の、満を持しての商業映画デビュー作にして衝撃作『ディストラクション・ベイビーズ』。脚本は真利子哲也と共に、『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀賞を受賞し、若い世代の感情の揺らぎを掬いとる名手 喜安浩平が担当。
そして、世界が注目する新鋭監督のもとに、柳楽優弥(25)、菅田将暉(22)、小松菜奈(19)、村上虹郎(18)と日本映画界を担い、革命をもたらす若き才能が集結!さらには、池松壮亮(25)、でんでん(65)ら、主役級の存在感を誇る演技派の競演も決定。
ポスタービジュアルでは、怒りとも挑発ともつかない混沌とした狂気をたたえる主人公・泰良役の柳楽優弥を筆頭に、彼に触発され凶行に及ぶ裕也(菅田将暉)、裕也たちの危険な遊びに巻き込まれる那奈(小松菜奈)、泰良唯一の血を分けた兄弟である将太(村上虹郎)の姿を捉えている。柳楽は、物語の中でほとんど言葉を発さず、衝動的な暴力行動に身を宿す「獣」のような若者・泰良を演じた。理性を越えた生まれたてのアウトローを、まさに「目」と圧倒的存在感で演じきっている。
若者の狂気と欲望を圧倒的な強度と密度で描き、昨今の日本映画の枠には収まりきらないパワーを持つ衝撃作だ!!
真利子哲也監督作品『ディストラクション・ベイビーズ』
2016年5月21日(土)、テアトル新宿ほか全国公開
■公式サイト
http://distraction-babies.com
■公式Facebook
https://www.facebook.com/distraction.movie/
■公式Twitter
https://twitter.com/DB_movie
『ディストラクション・ベイビーズ』
監督・脚本:真利子哲也

脚本:喜安浩平

柳楽優弥 菅田将暉 小松菜奈 村上虹郎 池松壮亮 北村匠海 三浦誠己 でんでん

©2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会
ストーリー:愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所のプレハブ小屋に、ふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。日々、喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。それからしばらく経ち、松山の中心街。強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、逆に打ちのめされても食い下がる泰良の姿があった。街の中で野獣のように生きる泰良に興味を持った高校生・北原裕也。彼は「あんた、すげえな!オレとおもしろいことしようや」と泰良に声をかける。こうしてふたりの危険な遊びが始まった。やがて車を強奪したふたりは、そこに乗りあわせていたキャバクラで働く少女・那奈をむりやり後部座席に押し込み、松山市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を捜すため、松山市内へとやってきていた。泰良と裕也が起こした事件はインターネットで瞬く間に拡散し、警察も動き出している。果たして兄弟は再会できるのか、そして車を走らせた若者たちの凶行のゆくえは―