LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

飯塚俊光監督作品『独裁者、古賀。』

なんの取り柄のない男子生徒の物語。地味で存在感がなく、いじめを受ける学校生活。そんな彼を変えたのは、一枚の手紙だった。

映画『独裁者、古賀。』は、群馬県中之条町で毎年秋に開催された伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2012の中編の部で大賞を受賞したシナリオの映画化で脚本を執筆した飯塚俊光みずからが監督した作品。

2013 年の秋に作品が完成し、伊参スタジオ映画祭で完成披露上映され、シナリオ大賞審査員の豊島圭介監督や映画祭スタッフからも賞賛された。福岡インディペンデント映画祭2014 準グランプリや今年のPFF(ぴあフィルムフェスティバル)ではすでに入選を果たしており、今後ますます注目される作品だ!

飯塚監督の出身校ニューシネマワークショップ主催のMovies-High14 で都内初の上映を果たす。
【Story】

冴えない高校2年の古賀(16)と副島(16)は、みんながやりたがらない学級委員を押し付けられ、虐げられて高校生活を送っていた。ある日、古賀がクラスメイトの青木と本田から、からかわれていると副島がふたりを注意する。

その日を境に本田と青木は、副島をいじめ始め、副島は学校を休んでしまう。数日後、担任の岡本先生から頼まれて古賀が授業のプリントを副島へ届けに行ったが、古賀は、自宅に居た落ち込んだ副島の様子を見てしまう。それからも岡本先生からプリントを渡すように頼まれて、副島にプリントを届ける日々が始まっていく。古賀は、いじめに対抗する為に、近所の強面のヤクザ風の黒柳から喧嘩の指南をうけ、青木や本田に対抗しようとする。
飯塚俊光監督作品『独裁者、古賀。』
7/25(金)新宿K’s cinemaにてMovies-High14内でのプレミア上映
■上映日時
7/25(金)19時〜
■料金
当日 1,300 円
『独裁者、古賀。』
監督・脚本 飯塚俊光

キャスト

清水尚弥、村上穂乃佳、芹澤興人、臼井千晶、輿祐樹、松木大輔、大出勉、杉崎佳穗、、坂場元、竹本実加、細川岳、菅井知美、町田佳代、福井成明、関根航、ほりかわひろき、山口遥、須田浩章、長岡明美

製作 伊参スタジオ映画祭実行委員会

制作協力 ニューシネマワークショップ

作品時間 79 分