LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ゲイリー・ショア監督作品『ドラキュラZERO』

愛する者のために戦うことを選んだドラキュラの運命はー。

当作は15世紀に実在した一国の君主であり、“ドラキュラ”の起源とされた男、ヴラド・ドラキュラの物語である。実在のモデルをベースに描かれるこの物語では、これまでのドラキュラのイメージを一新。VFXを駆使した今まで見たことのないスタイリッシュさを放つ、アクション・エンターテインメント超大作に仕上がっています。オスマン帝国の侵略から自国を死守するために悪に変じた君主 “ウラド”を演じるのは『ワイルド・スピード EURO MISSION』で知られるルーク・エヴァンス。近年話題作に出演し続けている彼が、全く新しい英雄像を見事に作り上げており、さらに『コズモポリス』『危険なメソッド』のサラ・ガドン、『リンカーン/秘密の書』『マンマ・ミーア!』のドミニク・クーパーらが顔を揃えています。

【Story】

トランシルヴァニアを治める君主ウラド・ドラキュラは、民衆、そして妻と息子を愛し、国は繁栄を誇っていた。ある日、ヨーロッパ進行をもくろむ大国オスマン帝国より、息子を含む1000人の子供を徴兵するよう通達を受ける。しかし、ヴラドはこれを拒み、敵対することを決意する。ヴラドは迫りくるオスマン帝国から国と愛する人を守るため、古くから存在する強大な闇の力と契約を交わす。だが、それと引き換えに耐えがたい代償を払う。果たして、恐るべき悪と化しても、なお英雄でいられるのか――?
ゲイリー・ショア監督作品『ドラキュラZERO』
10月31日(金)全国ロードショ―
■公式サイト
http://dracula-zero.jp/
『ドラキュラZERO』

監督:ゲイリー・ショア

出演:ルーク・エヴァンス、サラ・ガドン、ドミニク・クーパー

提供:ユニバーサル・ピクチャーズ/レジェンダリー・ピクチャーズ/配給:東宝東和/ (C)Universal Pictures