LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

映画美学校 「体験出来るオープンスクール」開催決定!

脚本コース2015年度、4月開講!

プロで活躍出来る脚本家育成のためのコース

2011年より開講された、プロで活躍する脚本家育成のためのコース、映画美学校脚本コース。脚本コース2015年度が4月に開講される。それに伴い、募集ガイダンス及びオープンスクールを開催。どなたでも気軽に参加出来る体験講義となっている。

■映画美学校脚本コース オープンスクール開催

物語の創作に興味がある、いつか映画やTVのシナリオを書いてみたい……。でも、ハードルが高そうな気がして手が出ない。そんな方々はいらっしゃいますか? 建築物に設計図がある様に、映画には「シナリオ」という設計図があります。映画をあらゆる切り口から徹底解剖する事で「物語作り」の核心に迫ります。アイデアの発想方法から、シナリオ作りの基礎までを脚本コース第5期担当講師がこっそりお教えします。もちろん、受講希望の方のみならず、物語が大好き、映画が大好きなあなたも奮ってご参加ください! 半年間、どんな講義を行うのかも実体験出来ます!

(映画美学校)

【第1回】2/22(日)14:00〜 講師:高橋洋(脚本家・映画監督『リング』シリーズ脚本、『恐怖』)
【第2回】3/20(金)13:30〜 講師:田中幸子(脚本家『トウキョウソナタ』『アントキノイノチ』)
【第3回】4/4(金)19:00〜 講師:村井さだゆき(脚本家『スチームボーイ』「シドニアの騎士」)
場所:映画美学校 [渋谷区円山町1−5 KINOHAUS B1F]
料金:無料 ※各回ごとの予約制。映画美学校ホームページ http://www.eigabigakkou.com/にて予約を受け付けている。
■講師プロフィール
高橋洋(脚本家):『リング』『リング2』などの大ヒットシリーズを始め、多数の映画脚本を手がける。04年監督作『ソドムの市』が公開。以後『狂気の海』(07)『恐怖』(09)『旧支配者のキャロル』(12)と監督作が続く。著書に「映画の魔」(青土社)『映画の生体解剖』(共著・洋泉社)など。
田中幸子(脚本家):東京藝術大学大学院映像研究科卒業後、『トウキョウソナタ』(08)でデビュー。主な脚本作品として『アントキノイノチ』(11)『すーちゃんまいちゃんさわ子さん』(13)『リアル〜完全なる首長竜の日〜』(14)など。
村井さだゆき(脚本家):93年『飛べないオトメの授業中』で第6回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞。その後『パーフェクトブルー』(98)『千年女優』(02)『スチームボーイ』(04)などの映画や、「エコエコアザラク」などのテレビドラマ、「ゼーガペイン」(06)「夏目友人帳」(09−11)などのテレビアニメなど実写、アニメを問わず広い分野で活動している。
映画美学校脚本コース 第5期初等科4/24(金)、第4期高等科4/23(木)開講!
第5期初等科前期ガイダンス※初心者の方が対象
3/14(土)15:00〜 登壇(予定):高橋洋、田中幸子、村井さだゆき
第4期高等科前期ガイダンス※すでにシナリオの勉強をされたことがある方が対象
2/28(土)17:30〜 登壇(予定):高橋洋、高橋泉、小中千昭
■映画美学校HP
http://www.eigabigakkou.com/