LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

シャルル・ビナメ監督作品『エレファント・ソング』

2015年6月6日(土)より、新宿武蔵野館、渋谷アップリンク他、全国順次公開

失踪した精神科医と、愛を渇望した青年による心理劇。

監督だけに留まらず俳優としても評価の高いグザヴィエ・ドランが主演を務めた本作。 脚本を読み「これは僕だ。僕に演じさせてほしい」と自ら出演を熱望、 痛々しいまでに愛を求める青年マイケルを演じた。 本作は戯曲を原作としており、ブルース・グリーンウッドやキャサリン・キーナーなど実力派俳優と共に緊張感あふれる会話劇で観客を魅了し、俳優としての底力を発揮している。
先日フランスで開催された第68回カンヌ国際映画祭の審査員を務める等、世界を魅了する若き天才グザヴィエ・ドランの今後に注目だ。

【Story】

ある日、一人の精神科医が失踪した。手がかりを知るのは、彼の患者であるマイケルという青年だけ。院長のグリーンはマイケルから事情を聞こうとするが、ゾウやオペラについての無駄話で、話をそらすばかり。「母を殺した」「ローレンス医師から性的虐待を受けていた」など、嘘か本当かわからないようなことをほのめかし、グリーンを巧妙な罠に取り込んでいくが…。
シャルル・ビナメ監督作品『エレファント・ソング』
2015年6月6日(土)より、新宿武蔵野館、渋谷アップリンク他、全国順次公開
■公式サイト
http://www.uplink.co.jp/elephantsong/
■公式Twitter
https://twitter.com/elephantsong_JP
■公式Facebook
https://www.facebook.com/elephantsong.jp
『エレファント・ソング』

(2014/カナダ/100 分/シネマ・スコープ/DCP/©Sébastien Raymond)

監督:シャルル・ビナメ

脚本:ニコラス・ビヨン

撮影:ピエール・ギル

編集:ドミニク・フォルタン

出演:グザヴィエ・ドラン、ブルース・グリーンウッド、キャサリン・キーナー、キャリー=アン・モス、ガイ・ネイドン、コルム・フィオールドン、ほか

配給・宣伝:アップリンク