LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督作品『ヒトラー暗殺、13分の誤算』

10月、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開

あと13分演説を続けていれば、

ヒトラーは殺され、世界は変わった


ドイツ国家が封印した真実に迫る衝撃の実話を描いた作品、『ヒトラー暗殺、13分の誤算』の日本公開が決定した。
ヒトラー暗殺という衝撃的な題材を繊細かつ力強く描きだしたのは、『ヒトラー ~最期の12日間~』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督。ライフワークとしてナチスを描くと明言しており、本作でも歴史の知られざる一面を解き明かす。
また今回解禁されたポスタービジュアルに配された「ヒトラーが最も恐れた暗殺者は、平凡な家具職人だった」というコピーが意味する通り、ヒトラーは、自分の死の直前まで家具職人のゲオルク・エルザーを生かし続け、ドイツ国家は長らく彼の存在を封印してきた。その裏側には一体何が隠されていたのか?今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える!
【Story】
1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発、ヒトラーが退席して13分後のことだった。
その日のヒトラーの予定を徹底的に調べあげた計画は緻密かつ大胆、時限装置付の爆弾は精密かつ確実だった。ゲシュタポ(秘密警察)の推理は単独犯はありえない、イギリスの諜報員の仕業だと睨んだが、逮捕されたのは、ゲオルク・エルザー36歳、スパイどころか田舎に住むただの家具職人の単独犯行だとわかった。にわかには信じられない彼の供述―それを知ったヒトラーは、決行日までの彼の人生を徹底的に調べるよう命じる・・・。
オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督作品『ヒトラー暗殺、13分の誤算』
10月、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開
■公式サイト
http://13minutes.gaga.ne.jp/info/?page_id=10
■公式Twitter
https://twitter.com/13minutes_gaga
『ヒトラー暗殺、13分の誤算』
■監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル『es [エス]』、『ヒトラー ~最期の12日間~』、『インベーション』、『ダイアナ』 

■製作ボリス・アウサラー、オリバー・シュンドラー、フレート・ブライナースドファー

■脚本レオニー=クレア・ブライナースドファー■撮影ユーディット・カウフマン ■音楽デヴィッド・ホームズ

■出演:クリスティアン・フリーデル『白いリボン』、カタリーナ・シュットラー『コーヒーをめぐる冒険』、ブルクハルト・クラウスナー『グッバイ・レーニン!』『愛を読む人』『リスボンに誘われて』、ヨハン・フォン・ビュロー

■配給:ギャガ ■(c)2015 LUCKY BIRD PICTURES GMBH,DELPHIMEDIEN GMBH,PHILIPP FILMPRODUCTION GMBH & CO.KG ■原題:Elser(13minutes)

【2015年/ドイツ映画/言語:ドイツ/114分/カラー】