LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ジェフリー・サックス監督作品『フランキー&アリス』

彼女の目的は「私」を殺すこと。「私」は「私」に負けない。

今作のテーマである「解離性同一性障害」に挑んだのは、『チョコレート』(01)でアフリカ系アメリカ人として初のアカデミー賞®を受賞し、近作『ザ・コール[緊急通報指令室]』(13)などで活躍する女優・ハル・ベリー。本人自らプロデューサーも兼ね、10年もの長い歳月をかけて本作の映画化権を獲得。見事な演技で世界中から絶賛され、ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた。監督は『アレックス・ライダー』『サイレントノイズ』を手がけたジェフリー・サックス。『フランキー&アリス』は解離性同一性障害という病気が今ほどの認知と理解を得られていなかった時代に、複数の人格障害と戦い抜いた女性に着想を得た真実の物語である。

【Story】

70年代アメリカ。解離性同一性障害を抱えるNo.1ストリッパーのフランキー(ハル・ベリー)。彼女は人種差別主義者のアリスという厄介な人格も抱えていた。アリスはフランキーの存在を否定し、消そうとする。ある日、アリスが犯した傷害事件により警察に逮捕されてしまったフランキーは、逮捕か精神病院への入院か決断を迫られ、サイコセラピストのオズと出会う。研究専門のオズは彼女の特異な病に興味を持ち、日々存在感を増していくアリスが生まれた原因、フランキーの封印された衝撃の過去を紐解いていく・・・。
ジェフリー・サックス監督作品『フランキー&アリス』
9月20日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
■公式サイト
http://frankie-alice.jp/
『フランキー&アリス』

2010年/カナダ/カラー/シネスコ/101分/DCP/原題:Frankie & Alice 提供・配給:プレシディオ/協力:エイベックス・ピクチャーズ (PG-12) © 2009 F&A PRODUCTION SERVICES INC. All Rights Reserved.

監督:ジェフリー・サックス/脚本:マルコ・キング、メアリー・キング、ジョナサン・ワターズ/製作:ハル・ベリー、ヴィンス・シリンシオン、サイモン・デカリック、ハッサン・ザイディ/製作総指揮:ブレンダン・ファーガソン、アビー・ラストギ、ジョン・ロイ、ショーン・ウィリアムソン/音楽:アンドリュー・ロッキングトン/撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル,ASC/衣装:ルース・カーター/編集:デヴィッド・M・リチャードソン/美術:リンダ・デル・ロサリオ、リチャード・パリス

出演:ハル・ベリー、ステラン・スカルスガルド、フィリシア・ラシャド、チャンドラ・ウィルソン、ジェームズ・カーク、エイドリアン・ホームズ、ブライアン・マーキンソン