LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

映画編集公開講座

「物語を紡ぎだす、『映画編集』をカイボウする」

東京藝術大学大学院映像研究科主催で公開講座が開講される。「映画編集の可能性と未来」というテーマのもと、 映画編集とは一体何なのか?編集が映画にどう関っているのか?編集という「物語を紡ぎ出す」領域を見つめ直すことで、映画の持つ力と創造性について再考する内容となっている。
講座内容は、本講座のゲストである西川美和監督作品『夢売るふたり』特別上映。映画編集者の第一人者・宮島竜二による、映画編集の講義。講義後は、映画制作の技術的解説や担当作品のエピソードなどを交えて、東京藝術大学教授・筒井武文との対談、映画監督・西川美和を交えた鼎談が行われる。

■開催日時
2014年3月15日 13:00~(開場12:30〜)
■場所
東京藝術大学大学院映像研究科 馬車道校舎3F 大視聴覚室
神奈川県横浜市中区本町4-44(みなとみらい線「馬車道」駅 5、7出口すぐ)
■プログラム
13:00〜 特別上映『夢売るふたり』(約130分)
15:30〜 講義(90分)[講師] 宮島竜治(映画編集者)
17:10〜 鼎談(60分)[ゲスト] 西川美和(映画監督)、筒井武文(映画監督・東京藝術大学教授)
■料金
(上映・講義とも)無料
■定員
103名
■申し込み方法
事前申し込み
■申し込み・問合せ先
geidai2014filmkouza@gmail.com
担当者:横山 昌吾
  • 『宮島竜治(みやじま・りゅうじ)』
    映画編集者、映画監督。長崎俊一監督『ロマンス』(96年)で映画編集者としてデビュー。矢口史靖監督『スウィングガールズ』(04年)、山崎貴監督『ALWAYS 三丁目の夕日』(05年)で、日本アカデミー賞最優秀編集賞を二年連続受賞した。その他の主な作品に、『ホテル・ハイビスカス』『リンダリンダリンダ』『ゆれる』『百万円と苦虫女』『中学生円山』『永遠の0』など。2007年には、『歌謡曲だよ、人生は~乙女のワルツ』で映画監督デビューも果たした。
  • 『西川美和(にしかわ・みわ)』
    是枝裕和監督、諏訪敦彦監督らの作品でスタッフとして活躍後、『蛇イチゴ』(02)で監督デビューし、数々の新人賞を受賞する。『ゆれる』(06年)は、カンヌ国際映画祭の監督週間に正式出品された。今回上映される『夢売るふたり』(12年)をはじめ、『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』など、多くの作品で編集者・宮島竜治氏とタッグを組んでいる。
  • 『筒井武文』
    フリーの助監督・映画編集者を経て、1986年、自主製作映画『ゆめこの大冒険』を劇場公開。主な作品に『オーバードライブ』(04年)『バッハの肖像』(10年)『孤独な惑星』(11年)。篠崎誠監督『おかえり』では製作と編集を、塩田明彦監督『どこまでもいこう』では編集を担当しているほか、映画批評・執筆も多数手掛けている。東京藝術大学教授。