LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

国際アニメーションフェスティバル〈GEORAMA 2014〉

これまでのアニメーションのイメージを覆す、奇想天外な作品が集結!!

これまでアニメーションにまつわる数々の上映企画を行ってきたレーベル『CALF』 が、2015 年に始める新しい国際アニメーションフェスティバルを記念して第 0 回大会を開催!東京・山口と旅を重ね終着点「神戸」での開催です。フェスティバルのフィナーレを飾るべく、アメリカからのスペシャルなゲスト、クリス・サリバンさんを迎え、これまで巡回した東京・山口を上回 る、3会場史上最高の密度でお届けする7日間。いま現在も大きく広がりつつあるアニメーションの世界をこの機会にぜひご体感下さい。
■開催日時
2014年7月18日(金)〜25日(金)
■会場
神戸アートビレッジセンター(KAVC) JR「神戸」北西へ徒歩 10 分、神戸高速「新開地」徒歩 3 分
CinemaKOBE(7/18 のみ) JR「神戸」、神戸高速「新開地」徒歩 5 分
■チケット料金

上映 1プロにつき 当日 1500 円

◯ライブ&オールナイト前売3500円(整理番号付き/神戸アートビレッジセンター窓口のみで販売)

◯ライブ&オールナイト当日3800円


※GEORAMA フリーパス 前売8000円(オールナイトを含む全プログラム鑑賞可能/神戸アートビ レッジセンター窓口のみで販売、ただし、7/20(日)16:00 コンシューミング・スピリッツ[爆音上映] にはご使用いただけません。ご了承下さい)
■上映作品
『アロイス・ネーベル』監督:トマシュ・ルナク

(2011 年/チェコ/84 分/DCP)


日時:7/19(土)11:00 7/23(水)20:20


内容:1989 年、孤独な鉄道員アロイスはチェコスロバキアとポーランドの国境の小さな駅で働いていた。 彼をときおり悩ますのは霧のようなイメージ。そして、第二次世界大戦中の悲痛な記憶。無口な男の到 来が、彼と、彼の仲間たちの運命を大きく変えていく。チェコ・アニメーションのイメージを大きく裏 切るハードボイルドなこの長編で描かれるのは、共産党政権の崩壊を背景とした、過去の清算と未来の 希望の物語である。

『マイ・ドッグ・チューリップ』監督:ポール&サンドラ・フィエリンガー

(2009 年/アメリカ/83 分/ブルーレイ
) 日時:7/21(月・祝)13:00 7/23(水)18:40

内容:「他人を愛することができない英国人は、自然と犬を愛するようになる」――イギリスの小説家 J・ R・アッカーリーが、わんぱくなジャーマン・シェパード・ドッグ、チューリップと過ごした 16 年間を 振り返る。ふとしたことから飼うことになった「彼女」は、アッカーリーにとっても驚いたことに、生涯の「恋人」であり、「わがまま娘」そして「理想の友人」――つまり、まさに彼が長年探し求めていた 相手――となる。クリストファー・プラマー、イザベラ・ロッセリーニをはじめとした豪華声優陣に支 えられた老練のアニメーション技術が作り上げる、成熟の傑作。

『チトー・オン・アイス』監督:マックス・アンダーソン&ヘレナ・アホネン


(2012 年/スウェーデン/77 分/ブルーレイ)


日時:7/21(月・祝)11:00 7/25(金)20:30

内容:自身の新作コミック『ボスニアン・フラット・ドッグ』の宣伝のため、スウェーデンのアーティ スト、マックスとラースは旧ユーゴスラビア諸国を旅することにした――旧ユーゴのカリスマ元大統領 チトーのミイラと共に。旅を進めるうち二人がやがて気づくのは、現実は自分たちの作りだしたフィク ションを遥かに圧倒するという事実だった。ドキュメンタリー映像と立体アニメーションを組みあわせ たハイブリッド表現による、力強い表現。オタワ国際アニメーション映画祭長編部門グランプリ

『あまりにも単純化しすぎた彼女の美』監督:テレンス・ナンス


(2012 年/アメリカ/84 分/ブルーレイ
)

日時:7/20(日)13:00 7/24(木)18:30

内容:どうしても好きな女性がいる。彼女の気を引くために、一緒にフィクション映画も作ろうと提案 する。僕たち二人の関係をベースにして......そこに描かれた愛を彼女はフィクションだと思うかもしれ ない。でも、僕にとっては、彼女に近づくための唯一の手段なのだ。「彼」と「彼女」のあいだのプラト ニックでロマンティックな関係を、実写とアニメーションを組み合わせて描くこの作品は黒人監督テレ ンス・ナンスのデビュー長編であり、Jay-Z もプロデューサーに名を連ねるこの作品は、「進化するブラ ック・シネマ」の新しいかたちでもある。

『背の高い男は幸せ?』監督:ミシェル・ゴンドリー


(2013 年/アメリカ/88 分/ブルーレイ)


日時:7/20(日)11:00 7/24(木)20:20


内容:PV や数々の長編映画でアニメーションを巧みかつ華麗に用いてきたミシェル・ゴンドリーが新作の題材に選んだのは、なんと、言語学者ノーム・チョムスキーの理論のアニメーション化。チョムスキ ーの比肩するもののない圧倒的な知性が、ゴンドリーによるナイーブかつ複雑なドローイング・アニメ ーションによって彩られる。アニメーションという解釈を通じて結果として浮び上がるのは、卓越した 思想家としての、そして一人の人間としてのチョムスキーの姿である。ゴンドリーの長年の夢だったア ニメーション・ドキュメンタリーの制作は、実り多き結果をもたらした。

フィル・ムロイ「ザ・クリスティーズ」トリロジー一挙上映

日時:7/19(土)16:00

◯『さよならミスタークリスティー』監督:フィル・ムロイ
(2010 年/イギリス/77 分/ブルーレイ)

◯『死亡以上埋葬未満』監督:フィル・ムロイ
(2011 年/イギリス/80 分/ブルーレイ)

◯『痛くて惨めだ』監督:フィル・ムロイ
(2013 年/イギリス/75 分/ブルーレイ)※本作に限り 7/21(月・祝)15:00 からも上映あり。
■イベント
祝・来日! アメリカの鬼才クリス・サリバン特集

『コンシューミング・スピリッツ』監督:クリス・サリバン(2012 年/アメリカ/131 分/ブルーレイ)


日時:7/20(日)16:00(爆音上映) 7/25(金)18:00

クリス・サリバン講演&初期作品上映


日時:7/20(日)18:30

内容:シカゴより来日するクリス・サリバンが、『コンシューミング・スピリッツ』をはじめとする創作 の秘密を特別に公開。知られざる巨匠サリバンの歩みが本人の口から語られます。現在制作中の長篇第 2作の一部も日本で初公開。『コンシューミング・スピリッツ』へとつながる初期作品もたっぷり上映す る特別な機会!上映予定作品:『エイント・ミスビヘイヴィン』(1981 年、5 分)、『ザ・ビーホールダー』(1983 年、9 分)、『マスター・オブ・セレモニーズ』(1986 年、8 分)、『イカロスの失墜の風景』(1992 年、23 分)

ウィンザー・マッケイ特集&『恐竜ガーティ』再現上映

『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか――アニメーションの表現史』は、20世紀前半アメリカで生み出されたアニメーションの歴史を、息遣いまで聴こえそうなくらいにダイナミックに再創造する本として、2013 年、話題を呼びました。そのなかでも大きく取り上げられたウィンザー・マッケイは、新聞マンガの日本での公開を控えるなど、盛り上がりを見せていますが、本書が明らかにしたのは、『恐竜ガーティ』 が今からは想像もつかないような形態で上映されていたという事実です。2014 年、『恐竜ガーティ』100 周年を記念して、なんと、著者の細馬宏通さんがウィンザー・マッケイに変身。1914 年当時の『恐竜ガ ーティ』上映を一回限りの特別再現! 細馬さんによるレクチャー&マッケイ傑作選の上映もあわせて、マッケイを多角的に再評価していきます。

『恐竜ガーティ』監督:ウィンザー・マッケイ (1914 年/アメリカ/12 分(上映版)/ブルーレイ) 日時:7/19(土)13:00
前夜祭オールナイト
「ひらのりょう特集&かえるさんライブ&変態アニメーションオールナイト in 神戸」
あなたの心に突き刺さり、身体の奥底も震わせる変態的アニメーションを集めに集めて一挙に公開する CALF の大人気企画「変態アニメーションオールナイト」。
日時:7/18(金)22:00-翌 6:00

◯ひらのりょう『パラダイス』完成記念パーティーin神戸!

「男のラジオかえる沼」公開収録にようこそ

◯変態ナイト3D:奇妙な立体作品特集

◯変態ナイトクラシックス

◯水江未来と抽象アニメーション大戦争パート2

■公式サイト
http://georama.jp
『はじまりへの旅』
監督・脚本:マット・ロス

出演:ヴィゴ・モーテンセン、ジョージ・マッケイ、フランク・ランジェラ

原題:Captain Fantastic 119 分/シネスコ/英語/日本語字幕:中沢志乃 配給:松竹

© 2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
ストーリー:ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6 人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6 ヶ国語を操り、18 歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400 キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…?(※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)