LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ヤン・ヤーチェ監督作品『GF*BF』

彼と彼女、彼女と彼、彼と彼の、27年間にわたる愛の物語。

デビュー作の『Orzボーイズ!』(08)が評価されたヤン・ヤーチェ監督。80年代後半から90年代にかけて青春を送った監督が自ら脚本を手がけ、自身の経験を踏まえて時代の雰囲気を巧みに映し出したのが本作。そして、監督の期待に応えるべく3人の俳優が入魂の演技を披露している。報われない愛に苦しむ美宝(メイバオ)に扮したグイ・ルンメイ、誰にも言えない想いを抱える忠良(チョンリャン)役のジョセフ・チャン、自由のために闘いながらやがて変節する心仁(シンレン)を演じたリディアン・ヴォーン。彼らに求められたのは高校、大学、社会人という3段階を演じ分けること。加えてジョセフ・チャンは40代を演じる必要もあった。3人がそれぞれ難しい役柄に挑戦して見事に演じ切ったことによりグイ・ルンメイが台湾金馬奨の主演女優賞とアジア太平洋映画祭の主演女優賞を、ジョセフ・チャンが台北電影奨の主演男優賞、チャン・シューハオが助演男優賞を受賞した。
【Story】

1985年、戒厳令下にある台湾。南部の街・高雄で窮屈な高校生活を送る美宝、忠良、心仁。彼らは、夜店で発禁本を売り、生徒を監視する教官にささやかな抵抗をする一方で、バイクを走らせたり渓谷で戯れたりと、厳しい校則や思想統制に縛られる日々の中でも青春を謳歌していた。美宝は忠良が好き。心仁は美宝に片想い。そして、忠良が好きなのは――。1985年から2012年までの激動の台湾社会を背景に、3人の男女の切ない愛と友情を描いた感動の青春映画。自由ではないものの情熱に満ちていた時代、その後民主化された台湾で、それぞれの関係に傷つき悩みながら年齢を重ねていく彼らが選択した幸せとは?
ヤン・ヤーチェ監督作品『GF*BF』
6/7(土)よりシネマート六本木、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー!
■公式サイト 
http://www.pm-movie.com/gfbf/
『GF*BF』
監督・脚本:ヤン・ヤーチェ
出演:グイ・ルンメイ、ジョセフ・チャン、リディアン・ヴォーン チャン・シューハオ、レナ・ファン、ティン・ニン
2012年/台湾/中国語・台湾語/カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD/105分
提供:ポリゴンマジック 配給:太秦 
(C) 2012 Atom Cinema Co.,Ltd., Ocean Deep Films, Central Motion Picture Corporation, Huayi Brothers International Media All Rights Reserved