LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

セバスティアン・レリオ監督作品『グロリアの青春』

グロリア、58歳、独身。人生はもっと輝きだす!

監督は『聖家族』(05)がトゥールーズ・ラテン・アメリカ映画祭グランプリなど世界各国で数多くの賞に輝き、一躍チリ映画界新世代のエースとして注目された鬼才セバスティアン・レリオ。グロリアを演じるパウリーナ・ガルシアは、80年代中盤からチリのテレビや映画、舞台と幅広く活躍している人気ベテラン女優。本作では、ヌードやベッドシーンも辞さず、グロリアを演じきり、2013年・第63回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(女優賞)を受賞した。孤独も更年期の不安も乗り越え、前向きに力強く生きるグロリアの生き方は世界中の女性に勇気をあたえている。

【Story】チリの首都サンティアゴ。キャリアウーマンとして忙しく働く58歳のグロリアは、息子も娘も独立し、夫との離婚後一人暮らし。中年の独身者たちが集まるダンスホールの常連となっていた彼女は、そこで年上の元海軍将校で実業家のロドルフォと出会い、一夜を共にする。グロリアにとってロドルフォは理想的なパートナーだったが、彼女には気になることが あった。1年前に離婚したばかりの彼は、今も元妻や娘たちの世話を全面的に見ており、グロリアと2人だけの時でも電話で呼び出されることが多かった。やがて、グロリアの苛立ちは頂点に達し、彼女はある行動に出る……。

■『グロリアの青春』公式サイト
http://gloria-movie.com/
■劇場情報
http://gloria-movie.com/theater/
『グロリアの青春』
© 2013 Fabula – Muchas Gracias
監督:セバスティアン・レリオ/脚本:セバスティアン・レリオ ゴンサロ・マサ/撮影:ベンハミン・エチャサレータ/編集: ソレダ・サルファテ、セバスティアン・レリオ/製作:フアン・デ・ディオス・ラライン、パブロ・ラライン、セバスティアン・レリオ、ゴンサロ・マサ/製作総指揮:フアン・イグナシオ・コレア、マリアンヌ・アルタール、ロシオ・ハドゥエ、アンドレア・カラスコ・ストゥーヴェン/出演:パウリーナ・ガルシア、セルヒオ・エルナンデス、マルシアル・タグレ、ディエゴ・フォンテシージャ/2013/スペイン・チリ合作/スペイン語・英語/109 分/シネスコ/カラー/DCP/5.1ch/配給:トランスフォーマー
http://gloria-movie.com/