LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督作品『午後8時の訪問者』

2017 年 4月8日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

「あの時、ドアを開けていれば…」

ダルデンヌ兄弟が描く、これまでに見たことのないヒューマンサスペンス

異例の 7 作品連続カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品となった彼らの最新作「Unknown Girl(英題)/La Fille Inconnue(原題)」の邦題が『午後8時の訪問者』となり、日本での公開日が決定した!
診療受付時間をとっくに過ぎたときになったドアベルに若き女医ジェニーは応じなかった。その翌日、診療所近くで身元不明の少女の遺体が見つかる。診療所の監視カメラにはその少女が助けを求める姿が収められていた。彼女の名前は何? 何のためにドアホンを押したのか?自分はなぜあの時応じなかったのか?殺されたのか、事故なのか?……あふれかえる疑問の中、人を生かす医師である自分の正義、良心、人生、有り様を探ることになる。
主役のジェニーを演じるのは『水の中のつぼみ』(07)『メゾン ある娼館の記憶』(11)でセザール賞有望若手女優賞にノミネートされ、『スザンヌ』(13)で同賞助演女優賞受賞、“Les Combattants”(14)で同賞主演女優賞受賞とセザール賞受賞と、席巻し続けている若手実力派女優アデル・エネル。後悔の念から少女の身元を知ろうと探す若き女医ジェニーを熱演。そして、ジェレミー・レニエ、オリヴィエ・グルメ、ファブリツィオ・ロンジォーネ、トマ・ドレ、モルガン・マリンヌといった、これまでのダルデンヌ兄弟作品の常連名優たちが脇を固めるているのも見逃せない。
ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督作品『午後8時の訪問者』
2017 年 4月8日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
『午後8時の訪問者』
監督・脚本:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ

撮影監督:アラン・マルコァン 編集:マリー=エレーヌ・ドゾ

出演:アデル・エネル、オリヴィエ・ボノー、 ジェレミー・レニエ、オリヴィエ・グルメ、 ファブリツィオ・ロンジォーネ

2016年/ベルギー=フランス/113 分/配給:ビターズ・エンド

(c)Christine Plenus
ストーリー:ある夜、若い女医ジェニーの医院をひとりの女性が訪れるが、開業時間が終わっていたため、ジェニーは扉を開けなかった。翌日、その女性が身元不明の死体で発見される。罪の意識を感じたジェニーは、女性の身元を探るために奔走する。