LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

石井隆監督作品『GONIN サーガ』クランクアップコメント到着!

日本映画界を席巻した伝説のバイオレンスアクション大作!!

本作のメガホンをとるのは前作『GONIN』(95)をはじめ、『死んでもいい』(92)『ヌードの夜』(93)、近年では『甘い鞭』(13)など独自の世界観で国内のみならず海外でも多くの映画ファンを惹きつける日本映画界傑出の鬼才・石井隆(いしいたかし)。

本作でも脚本・監督を務め、前作『GONIN』から繋がる壮大な物語を並々ならぬ想いで描き、自らの集大成と位置付ける渾身の最新作。

そして本作の主演は、『桐島、部活やめるってよ』(12)で鮮烈なデビューを飾り、数々の新人賞を受賞、今後も主演作目白押しの若き逸材東出昌大(ひがしでまさひろ)。前作のGONINに襲撃を受け、命を落とした大越組若頭・久松(鶴見辰吾)の息子・勇人を演じる。

そして同じく前作で命を落とした久松の組長・大越(永島敏行)の息子・大輔には桐谷健太(きりたにけんた)。さらに前作の大越組を束ねる五誠会2代目に出生の秘密を握られ、愛人になり下がってしまった元グラビアアイドル・麻美に土屋アンナ(つちやあんな)。

9年前のGONIN事件の真相を追うルポライターとして、自らも19年前の事件に深い因縁を持つ・森澤に柄本 佑(えもとたすく)。そして、今回のGONINの敵役となる前作の五誠会会長・式根(室田日出男)の孫であり、麻美を愛人として囲う、五誠会三代目・誠司に安藤政信(あんどうまさのぶ)。

前作を上回る豪華実力派のキャストが集い、『GONIN』に対する各々の熱い想いとともに、物語を盛り上げる。

石井組という素晴らしい組で約一カ月演じさせていただいたのは、今まで経験したことのないような現場で、貴重な経験になりました。自分自身の反省点もありますがみんなで作った現場なので今は作品の完成が待ち遠しいです。撮影が終わってしまった寂しさはありますが、お客さんの手に渡って初めて映画は完成すると思っているので、その日を楽しみにしてます。

東出昌大【久松勇人(ひさまつはやと)役】コメント 《役どころ》大越組若頭、久松茂の息子。19年前の事件後、 五誠会に父が破門されるが、ヤクザの父に似ず、優しい心音の青年に育つ。ある事件をきっかけに、五誠会に復讐を誓う。

大変なこともあったけれど、しっかり撮り切った!というのはやはり監督の強い思いであり、人柄であり、だからこそ役者もついていけたと思います。スタッフ、キャストのみんなとも本当に気持ち良く撮影ができたし、何より自分自身も楽しんで撮影に臨めました。この現場に参加できて本当に良かったです。

桐谷健太【大越大輔(おおごしだいすけ)役】コメント 《役どころ》大越組組長大越の息子。19年前の事件で、父を失い、今は五誠会三代目・ジュニアの用心棒をしている。勇人とは幼馴染で秘かに大越組の再興を狙っている。

撮影中も監督の、あのつぶらな瞳に、やられてました。あの瞳は、すべてを語ります。キャスト、スタッフのみんなから本当に色々なパワーをもらった現場でした。みんな本当に頑張った!

土屋アンナ【菊池麻美(きくちあさみ)役】コメント 《役どころ》五誠会の2代目に秘密を握られて強請られ、今は3代目の愛人に成り下がっている、元グラビアアイドル。出生に秘密を持っている。

今回は覚える台詞の分量も多くて大変でしたが、「GONIN」という自分の大好きな作品に参加できて作品の出来上がりが本当に楽しみです。石井監督の世界の中で演じ切れて、本当に幸せな時間でした。ありがとうございました。

柄本佑【森澤慶一(もりさわけいいち)役】コメント 《役どころ》19年前の事件を追うルポライターとしてあらわれるが、本当の姿は謎に包まれている。19年前の事件に深い因縁があるようだが・・・

誠司は人間の悪の部分を徹底して背負い、それを貫かなければいけない役だったので石井監督とも何度もディスカッションしながら撮影をしていきました。僕も、自分のためでもあるけれど、何より監督が喜ぶような僕を選んでよかったと絶対思ってもらえるようにと考えながら最後までやり切りました。

安藤政信【式根誠司(しきねせいじ)役】コメント 《役どころ》五誠会3代目で、芸能事務所社長。麻美を愛人として囲っている。乗っ取ったバーズの跡地に高層ビル建設を計画し、その記念パーティーで自らの結婚披露のダンスパーティーを盛大に計画しているが・・

【Story】

前作『GONIN』からのSTORY

19年前、1995年--。バブル経済が崩壊、指定暴力団五誠会系大越組 から巨額の借金返済を迫られた元ロックギタリストで現在ディスコホールの経営者・万代(佐藤浩市)は、同じく時代に弾かれた男達五人を集めて大越組を襲撃、現金強奪に成功するが、大越組をまとめる五誠会は二人のヒットマン・京谷(ビートたけし)と一馬(木村一八)を放ち、一人、また一人と五人組を探し出して射殺して行く。

刑事崩れの氷頭(根津甚八)と三屋(本木雅弘)は土砂降りの夜、大越組を逆襲、大越(永島敏行)と久松(鶴見辰吾)ら組員全員と一馬を殲滅する。が、氷頭は京谷の凶弾に倒れ、三屋も逃亡中に追って来た京谷と相撃ちで死に、大越組は消滅、事件は終わった。かに思えた-それから19年、2014年。

男達が遺した家族にとって、事件は未だ終わっていなかった。

五誠会で3代目・誠司(安藤政信)が力をつける中、

久松の息子・勇人(東出昌大)。

そして大越の息子・大輔(桐谷健太)。

五誠会に囲われる・麻美(土屋アンナ)。

19年前の事件を追うルポライター・森澤(柄本佑)。

五誠会に恨みをもつ四人が出会い、物語は再び動き出す!
石井隆監督作品『GONIN サーガ』クランクアップコメント到着!
2015年、秋 全国ロードショー
■公式サイト
http://gonin-saga.jp
『GONIN サーガ』
監督・脚本:石井隆

出演: 東出昌大、桐谷健太、土屋アンナ、柄本 佑、安藤政信

製作:『GONINサーガ』製作委員会

製作プロダクション:ファムファタル

配給:KADOKAWA=ポニーキャニオン

(C)2015『GONIN サーガ』製作委員会