LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

濱口竜介監督作品『ハッピーアワー』第37回ナント三大陸映画祭 銀の気球賞+観客賞受賞!!

ロカルノ国際映画祭での受賞に続く快挙!

第68回ロカルノ国際映画祭で演技未経験者4名が最優秀女優賞を受賞したことでも大きな注目を集めた濱口竜介監督の新作『ハッピーアワー』が、第37回ナント三大陸映画祭のオフィシャル・コンペディションに正式招待され、準グランプリに当たる「『銀の気球』賞」そして「観客賞」のダブル受賞を果たした。
同映画祭はフランス有数の文化都市・ナントで1979年から開催され、アジア・アフリカ・ラテンアメリカの三大陸からの作品に特化する映画祭。商業映画からアート映画、ドキュメンタリー映画まで幅広く紹介するナント三大陸映画祭のオフィシャル・コンペティションは、今は世界的な巨匠として知られるホウ・シャオシェンやアッバス・キアロスタミ、ジャ・ジャンクーらをヨーロッパで初めて紹介したことで知られており、国際的に重要な映画祭と位置付けられている。
本作の主な出演者はまったくの演技未経験者も含む「KIITOアーティスト・イン・レジデンス2013『濱口竜介 即興演技ワークショップ in Kobe』」の参加者たち。濱口監督が生活拠点を移した神戸市内を主なロケ地とし、2014年5月から12月まで撮影がおこなわれ、総尺5時間17分の作品として完成した。
30代後半の女性たちを主人公に、4人それぞれの家庭や仕事、人間関係を丁寧に描きながら、どこにでもいる“普通”の女性たちが抱える不安や悩みを、緊張感あふれるドラマとして見事に表現。今の私は本当になりたかった自分なのか?本当に伝えたいことを言葉にできているのか?ゆっくりと、迷いながら発せられる彼女たちの一言一言が、観ている者にスリリングな感動を届けてくれる。

12月12日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

12月5日(土)より、神戸元町映画館にて特別先行上映

『ハッピーアワー』
©2015 神戸ワークショップシネマプロジェクト
田中幸恵 菊池葉月 三原麻衣子 川村りら
申芳夫 三浦博之 謝花喜天 柴田修兵 出村弘美 坂庄基 久貝亜美 田辺泰信 渋谷采郁 福永祥子 伊藤勇一郎 殿井歩 椎橋怜奈
製作総指揮:原田将、徳山勝巳

プロデューサー:高田聡、岡本英之、野原位

監督:濱口竜介

脚本:はたのこうぼう(濱口竜介、野原位、高橋知由)

撮影:北川喜雄

録音:松野泉

照明:秋山恵二郎

助監督:斗内秀和、高野徹

音楽:阿部海太郎

製作・配給:神戸ワークショップシネマプロジェクト(NEOPA,fictive)

宣伝:佐々木瑠郁
2015 / 日本 / カラー/ 317分 / 16:9 / HD
公式サイト:hh.fictive.jp
ストーリー:30代も後半を迎えた、あかり、桜子、芙美、純の4人は、なんでも話せる親友同士だと思っていた。純が1年にわたる離婚協議を隠していたと知るまでは……。純の現状を思わぬかたちで知った彼女たちの動揺は、いつしか自身の人生をも大きく動かすきっかけとなっていく。つかの間の慰めに4人は有馬温泉へ旅行に出かけ楽しい時を過ごすが、純の秘めた決意を3人は知る由もなかった。やがてくる長い夜に彼女たちは問いかける.—私は本当になりたかった私なの?
  • 『濱口竜介(はまぐち・りゅうすけ)』
    1978年、神奈川県生まれ。2008年、東京藝術大学大学院映像研究科の修了制作『PASSION』がサン・セバスチャン国際映画祭や東京フィルメックスに出品され高い評価を得る。その後も日韓共同製作『THE DEPTHS』(2010)がフィルメックスに出品、東日本大震災の被災者へのインタヴューから成る『なみのおと』『なみのこえ』、東北地方の民話の記録『うたうひと』(2011〜2013/共同監督:酒井耕)、4時間を超える長編『親密さ』(2012)、染谷将太を主演に迎えた『不気味なものの肌に触れる』(2013)を監督するなど、地域やジャンルをまたいだ精力的な制作活動を続けている。現在は神戸を拠点に活動中、新作『ハッピーアワー』(2015)でロカルノ国際映画祭最優秀女優賞受賞、脚本スペシャル・メンション授与。