LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

入江悠監督作品『日々ロック』

世界一カッコ悪いロックスター伝説!究極の爆音ムチャぶりエンターテイメント!!

2010年から週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優氏の究極のロックコミックを『SR サイタマノラッパー』シリーズで映画界の話題をさらった入江悠監督が映画化!11月22(土)より松竹配給にて公開となる。主人公の日々沼拓郎を演じるのは、2014年注目の若手俳優・野村周平。主人公・拓郎の運命を変えていくことになる存在、トップアイドル・宇田川咲を演じるのは第64回ヴェネツィア国際映画祭で日本人として初めて最優秀新人賞を受賞した二階堂ふみ。彼女が劇中では歌やダンスを披露し、新境地に挑む。また、ロック映画にふさわしく、数多くのミュージシャンが初演技を披露!!ロックは世界を変えられるー!?世界一ダサいロックスターの伝説が始まる。

【Story】

究極のダメ男・日々沼拓郎。サエない高校生活を送っていた拓郎は、ある日、友人の誘いでバンドを結成することになる。バンドの名前は“ザ・ロックンロールブラザーズ”。ギター&ボーカルの拓郎は、ベースの草壁とドラムの依田とともに上京して、伝説のライブハウス“モンスターGOGO”で活動を始める。しかし観客は電線のカラス程度しか集まらない毎日。鬼のように怖いライブハウスのオーナー・松本の計らいで、店の掃除などをさせられながら、住み込みで何とかライブに出させてもらう。ある日、ザ・ロックンロールブラザーズのライブ中に、1人の酔った女が客席から飛び出してきた!!彼女の名前は宇田川咲。斬新なスタイルで世界的な評価を得ているトップアイドルだ。彼女は拓郎のマイクを奪い、RCサクセションの「雨あがりの夜空に」を熱唱する。アイドルとは思えないその凄味を感じるギター演奏とボーカルに圧倒される拓郎たち。<日本一ヘタレなロッカー>と<世界基準のアイドル>のありえない出会いの先にある奇跡の結末とは!?
【日々沼拓郎役/野村周平のコメント】
今回の撮影は僕の中では人生で一番過酷なものでした。
でも、その辛さがあったからこそ最後のシーンも気持ちが入りましたし、楽しい撮影になりました。殴られる、蹴られる、全裸で寒い中に放り出されることもあり・・・あとはラストシーンでものすごい雨と風に当たりながら演奏するシーンもありました。演奏については、去年の12月末からずっと先生とマンツーマンでやってきて、現場に入る前は不安でしたが、ザ・ロックンロールブラザーズの3人とも撮影を通して一体感も生まれてきて、撮影最後のサウンドチェックでは本当にすごいバンドになったと思いました。『日々ロック』は青春もあり、音楽もあり、アクションもあり、ちょっと恋愛もあり、ギクシャクした男と女の関係もあり、いろんなことが詰まっている映画です。あとは音楽の力の強さに気づかせてくれる映画になっています。やっぱり音楽なしでは感動は作れないですし、人を変えられるのも音楽なんだなって思いました。僕も原作がすごく好きで、読者の皆さんの気持ちを裏切りたくないという思いで、死ぬ気で拓郎を演じたので、ぜひその姿を劇場に見に来ていただきたいです。
【宇田川咲役/二階堂ふみのコメント】
ギターもやって、ダンスもやって、アクションもやって、あっという間で本当に一瞬のことのように感じます。入江さんとは2回目ということもありましたし、どのシーンも結構楽しく演じられたような気はします。撮影では色んな苦労がありましたが、やっぱり宇田川咲というカリスマ性のあるキャラクターを作るにあたって、ファッションに関しては3、4回衣装合わせをするほどこだわったので、そうしたところも見てもらえたら嬉しいです。ライブシーンの撮影は、お客さんも一緒に乗っているっていう設定だったので、画面を通してやらされている感じが出ないように、本当に乗せなきゃいけないと思いました。自分がどこまで出来るんだろうって考えていたけど、楽しく、気持ちよく演じることができました。『日々ロック』は現代のロックンロールな映画だと思います。現場ではすごくバタバタで大変なこともありましたが、その分、凄くライブ感があるとてもロックな映画になったんじゃないかと思います。面白いキャストの方々と、力のあるストーリーをぜひ劇場で、大音量で見てください。
入江悠監督作品『日々ロック』
11月22日(土) 全国ロードショー!!
■公式サイト
http://hibirock.jp/
『日々ロック』

原作:榎屋克優「日々ロック」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)監督:入江悠/音楽プロデューサー:いしわたり淳治/共同脚本:吹原幸太

出演:野村周平、二階堂ふみ、前野朋哉、落合モトキ、岡本啓佑、古舘佑太郎、喜多陽子、毬谷友子、蛭子能収、竹中直人

劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)

制作・配給:松竹

(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社