LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ベネディクト・エルリングソン監督作品『馬々と人間たち』

男と女と馬の数だけ、愛の物語が生まれる--。

第26回東京国際映画祭のコンペティション部門ワールドプレミアにて話題となり、見事、最優秀監督賞を受賞した『馬々と人間たち』の劇場公開が遂に決定した。アイスランドの雄大な自然を舞台に繰り広げられる、「人と人」、「人と馬」、「馬と馬」の物語は、馬の視点で描かれるというなんとも新感覚の愛のドラマ。監督・脚本は、アイスランド演劇界で最も成功を収めている人気演出家ベネディクト・エルリングソン。製作は、日本でもヒットを記録した『春にして君を想う』(91)や、永瀬正敏主演で話題となった『コールド・フィーバー』(95)の名匠フリズリク・ソール・フリズリクソン。世界一平和で男女平等の国としても今大注目のアイスランドから届いた、驚きと笑いと感動を呼び起こす、とびきりユニークな作品。こうご期待!

【Story】

馬々と人間たちが仲良く暮らすアイスランド。村に春が訪れ、愛の物語が始まる。独身男コルベイン(イングヴァル・E・シグルズソン)は子持ちの未亡人ソルヴェーイグ(シャーロッテ・ボーヴィング)に惹かれ、彼女も彼に惹かれている。村中がこの恋の発展を興味津々で見守るなか、なんと!馬同士の愛が先を越してしまうのだった。コルベインがソルヴェイグの家から自慢の牝馬グラウーナにまたがり颯爽と帰宅の途についた直後、ソルヴェーイグの種馬ブラウンがグラウーナに向かって突進し、愛の行為に及んだのだ。コルベインはショックの余り、ソルヴェーイグすら眼中になくなる。果たして二人の恋の行方は? そして禁断の愛に身を焦がしたグラウーナとブラウンの運命は……!?
ベネディクト・エルリングソン監督作品『馬々と人間たち』
11月上旬 シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー決定!!
■公式サイト
http://www.magichour.co.jp/umauma/
『馬々と人間たち』

監督:ベネディクト・エルリングソン/製作:フリズリク・ソール・フリズリクソン

出演:イングヴァル・E・シグルズソン、シャーロッテ・ボーヴィングほか

(2013/アイスランド・ドイツ・ノルウェー/アイスランド語・スウェーデン語・ロシア語・スペイン語/カラー/ 2.35:1 /81分/原題Hross í oss/英語題OF HORSES AND MEN/日本語字幕:栗原とみ子)

(C)Hrossabrestur2013