LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

五十嵐耕平監督作品『息を殺して』

6月20日より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開!

息を殺して。ここにはいない誰かに思いを馳せる

2017年12月30日、深夜のゴミ処理工場で、家に帰らず遊ぶ人たち。機械の音が支配する冷たい静寂。だれもが一度は迷い込んだことのあるような汎用性のある舞台で、過去と未来にタッチする五十嵐耕平監督作品『息を殺して』の全国公開が決定した。本作は東京藝術大学大学院映像研究科修了作品として制作され、第67回ロカルノ国際映画祭新鋭監督コンペティション部門においては“そのスタイルが非常に特別”と評されるなど、日本映画の新たな息吹が感じられる一作となっている。深夜の巨大な工場内で、独特な存在感を光らせるのは、モデルとして活躍する谷口蘭。自身も監督として活躍する嶺豪一と稲葉雄介。 チェルフィッチュなどの舞台にも数多く出演する足立智充。他、原田浩二や日本のパントマイムの第一人者、あらい汎らが脇を固めている。

【Story】

東京オリンピックを約2年後に控えた2017年、12月30日。ゴミ処理工場で夜勤を終えた人々は帰らず遊んでいる。上司の足立さんとの不倫関係に思い悩むタニちゃんは、いつしか既に死んだはずの元工場長の父親が、ここにいるのではないかと感じ始める。
五十嵐耕平監督作品『息を殺して』
6月20日より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開!
■公式サイト
http://ikikoro.tumblr.com/
■公式Twitter
https://twitter.com/ikikoro
■公式Facebook
https://www.facebook.com/ikiwokoroshite
『息を殺して』

(日本 |2014|COLOR|DCP|5.1ch| アメリカンビスタ |85min)

監督・脚本:五十嵐耕平/製作:大木真琴、加藤圭祐

出演:谷口蘭、稲葉雄介、嶺豪一、足立智充、原田浩二、田中里奈、稲垣雄基、のぼ(Nobody)、あらい汎

助監督:廣原暁/撮影・照明:髙橋航/録音・整音:稲村健太郎/美術:河股藍/衣装:谷本佳菜子/ヘアメイク:光岡真理奈atelier ism®/編集:姜銀花/音楽:Sleepy Lemon

©東京藝術大学大学院映像研究科