LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ラージ・二ディモールー&クリシュナDK監督作品『インド・オブ・ザ・デッド』

3月21日(土)よりヒューマントラスト渋谷にてレイトショー。他、順次全国公開

うっひょーん!ゾンビがでーたよーん!インド初のゾンビコメディー映画、いよいよ日本上陸…

年間1000本以上の制作本数を誇る映画大国インド!インドでは現在でも娯楽の中心に映画があり、ピクニックに行くのと同様、映画での「お一人様」ほど寒いことはないそう。家族、恋人、友人と連れだってワイワイガヤガヤ楽しむ、それがインドの映画館。そんな雰囲気の中で鑑賞されるため、内容がホラー映画でも館内からは爆笑が絶えないらしい。ジェーソンが出たら爆笑!井戸から這い上がってきたら爆笑!爆笑に次ぐ爆笑!そう、もはやコギャル!しかし、である。“箸が転んでも笑う”そんな状況だからこそ、お客さんは瞳を潤わせてスクリーンの前でニューワンを待っているもの。それ故、この映画の出現はもはや時間の問題だったのかもしれない。前置きが長くなったが、ついにインドでは、インド映画界初の“ゾンビ映画”が制作された!!!遺体は火葬して灰を川に流す習慣のあるインドで、ゾンビ映画が作られたのである…。そして、なんと!それがまもなく日本でも公開されるとのこと!その名も『インド・オブ・ザ・デッド』。雲ひとつない青空のようなタイトルである。あまりの含みのなさに、「完璧…」ついそんな言葉が口をついてしまう。監督はウィットに富んだスリラーを得意とするインド人監督コンビのラージ・ニディモールー&クリシュナDK。予告編では「なぜインドにゾンビが?」という映画の確信に迫るような疑問に「グローバル化さ!」と惜しげもなくその真意が語られている。あまりの切れ味に「ならしょうがない!」と膝を叩かせる圧倒的な説得力がある。出演者もなかなかに濃ゆい。主人公ボリスを演じるサイフ・アリー・カーンは王族の家柄で、父親は有名なクリケット選手、母親は往年の名女優という、業界内でも随一の血統を誇る「貴公子」。今作では新型ドラッグの影響でゾンビになってしまったひとを撃って撃って撃ちまくっている。この映画はもう、止められないグローバリゼーションとインド映画が遥かなる高みで交わった、超アクチュアルな作品なのかもしれない!どうなんだ!?『インド・オブ・ザ・デッド』!(ちなみに、映画同様ウィットに富む公式Twitterアカウントからも目が離せない)

【Story】

失職したハルディク、失恋したラヴ、そして彼らに巻き込まれた憐れなバニーは、ムンバイから「ヒッピーの聖地」として知られるビーチリゾート、ゴアを訪れる。3人は離島を会場としたロシア人マフィア主催のレイヴパーティーに忍び込むが、そこでお披露目された新型ドラッグは、食べた者がゾンビ化する、とんでもない代物だった!3人はお金がなくてドラッグを買えず、ゾンビ化をまぬがれるが、周囲はゾンビだらけ。しかもゾンビに噛まれたらゾンビになる!パーティーに誘ってくれた、ラヴの新たな意中の女性ルナの安否も気遣われる。3人は、ホラー映画で得た知識とTVゲームで鍛えた射撃能力を駆使してゾンビたちに立ち向かおうとするが・・・?
ラージ・二ディモールー&クリシュナDK監督作品『インド・オブ・ザ・デッド』
3月21日(土)よりヒューマントラスト渋谷にてレイトショー。他、順次全国公開
■公式サイト
http://www.odessa-e.co.jp/india-of-the-dead/
■公式Twitterページ
https://twitter.com/Indiaofthedead
『インド・オブ・ザ・デッド』

(原題:GO GOA GONE/2013/インド/カラー/107分/シネスコ/5.1ch/ヒンディー語/© Eros International Ltd 2013)

監督:ラージ・二ディモールー&クリシュナDK

出演:サイフ・アリー・カーン/クナール・ケームー/ヴィール・ダース/プージャー・グプタ―/アーナンド・ティワリー