LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

勝又悠監督作品『いつかの、玄関たちと、』

初めましての、家族。知らなかった、過去の想い。

故郷からの旅立ちを前に葛藤し、時に真正面からぶつかっていく少女の成長、そして家族や故郷の人々の深い愛情が胸に迫る本作。

主人公・あやめを演じるのは、NMB48に移籍し女優としても成長著しい藤江れいな。姉のすみれ役に橘麦、母親役に山村美智、父親役を木下ほうから実力派俳優が脇を固め、大塚一家とすみれ夫婦を18年もの間手紙でつなぎとめる一恵を日本を代表する大女優・松原智恵子が演じる。他に松尾貴史、阿藤快、円城寺あや、五十嵐康陽、さらば青春の光 の森田哲矢など、バラエティに富んだキャスティングが光る。

監督はティーンエイジの揺れ動く心の機微を丁寧に描き出し、評価を高めてきた若手の注目株・勝又悠。主演の藤江れいなとは「Do you think about me?」に続く2作目のタッグ。本作の撮影後、スピンオフの短編映画「ワールドオブザ体育館」を撮影し、こちらはweb映画館「FunTheater」にて公開されている。

主題歌は「ワールドオブザ体育館」にも新曲「パレード」を提供し、現在は名古屋を拠点に活動を続けるシンガーソングライターのMASHの名曲「稲穂」。主人公あやめの心を映し出すかのようにエンディングを飾る。

【Story】

神奈川の山間の町・下村。ひょうきんな父と、優しく聡明な母の愛情を一身にうけ育ってきた大塚あやめは、高校卒業後は東京の専門学校に進学することを決めている。そんなある日、18年前から絶縁状態だった姉・すみれが帰ってくる。あやめと同い年の娘・茉祐子をつれて。自分の知らない家族の姿に戸惑い、受け入れられないあやめ。しかしすみれの過去の想いを知り、本当の「家族」の意味に気づいていく…。

勝又悠監督作品『いつかの、玄関たちと、』
10月18日(土)よりテアトル新宿にてレイトショー
■公式サイト
http://itsugen.jp
『いつかの、玄関たちと、』
【キャスト】藤江れいな 橘麦 木下ほうか 山村美智 勝尾麻結奈

五十嵐康陽 森田哲矢(さらば青春の光)円城寺あや 松尾貴史 阿藤快 松原智恵子

【スタッフ】監督・脚本:勝又悠 プロデューサー:中村勇介 撮影:古屋幸一 録音:小牧将人 照明:酒井隆英 美術:渡辺麗子 スタイリスト:部坂尚吾 助監督:渡辺裕也 ヘアメイク:深山健太郎 スチール:福田晃弘 車両:蓮本剛 ラインプロデューサー:藤岡晋介 編集:澤井祐美 音楽:松本龍之介 キャスティング協力:林芙結子 アシスタントプロデューサー:川邊健吾

制作プロダクション:STROBO RUSH 製作:「いつかの、玄関たちと、」製作委員会

配給:アルゴ・ピクチャーズ 【2014年/日本/カラー/HD/85分】

©2014「いつかの、玄関たちと、」製作委員会