LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ジョン・フォード監督生誕120年!「駅馬車」「静かなる男」デジタル・リマスター版上映

ジョン・フォード監督生誕120年!!

9月27日(土)~10月17日(金)までシネマート新宿、シネマート心斎橋にて、ジョン・フォード監督による「駅馬車」「静かなる男」の2作品がデジタル・リマスター版で劇場公開します。 20数年ぶりのリバイバル公開となる「駅馬車」は、ジョン・ウェインの所蔵の35mmプリントをもとに、デジタル・リマスター化された高品質のもの。また、近年再評価の気運が高まりつつある「静かなる男」はフォード監督が4度目のアカデミー監督賞を受賞したラブストーリーの名作。英国風カントリー・スタイルのファッションが公開時当時の鮮やかな色彩でよみがえります。
ジョン・フォード プロフィール
1917年『颱風』で監督デビュー。活動初期は西部劇専門の映画監督として活躍しハリー・ケリー主演の映画を26本手がける。1935年の『男の敵』でアカデミー賞他を受賞、1939年の『駅馬車』、1940年の『怒りの葡萄』などの不朽の名作を送り出した。他に、『荒野の決闘』、『黄色いリボン』、『ミスタア・ロバーツ』、『捜索者』などがある。生涯で百数十本を監督し、“男のメロドラマ”を描き続けた。
ジョン・フォード監督生誕120年!「駅馬車」「静かなる男」デジタル・リマスター版上映
9月27日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー
■チケット

劇場窓口にて前売り券発売中

・Tシャツ付前売券3500円

・2回券2600円

・1回券1500円
■公式サイト
http://mermaidfilms.co.jp/johnford/
『駅馬車』
【内容】1885年、アリゾナのトントからニューヨークのローズバーグまで、保安官に連行される若者リンゴ(ジョン・ウェイン)たち9人を乗せた駅馬車が大平原を走るが、途中でアパッチインディアンに急襲される。荒野を突っ走る駅馬車のスピード感にのせて、様々な人生模様が描かれる。
監督:ジョン・フォード
出演:クレア・トレヴァー/ジョン・ウェイン/アンディ・デヴァイン
『静かなる男』
【内容】元ボクサーの主人公シーンが、引退して故郷に戻ってきた。彼はやがて、一人の美しい女性と知り合い結婚を約束する。しかし、彼女の兄は付近でも知られた乱暴者のうえ、男の欲しがっていた家をシーンが手に入れた為、妹の結婚に反対する。かつて試合で人を殴り殺したことがある彼は、彼女の兄との争いを避けていたが……。アイルランド気質に溢れた、大らかなユーモア・ドラマ。
監督:ジョン・フォード
出演:ジョン・ウェイン/モーリン・オハラ