LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ジョン・ジョスト/デジタル・シネマ・ワークショップ 5/9(土)スタート!

5/9(土)17:00〜、5/16(土)17:00〜 映画美学校にて計2回講義

まるでジャズのように即興的な撮影の積み重ねが魅力的な映画となる by John Jost

ニューヨーク近代美術館を始め多くの国で特集上映が組まれたアメリカの映画作家ジョン・ジョスト氏のワークショップが開催される!
「映画のデジタル化によって誕生した小型キャメラは、まさに楽器のような存在である。ジャズのミュージシャンが、日々の練習により楽器に習熟し、やがて見事な音楽を奏でるように、日々の即興的な撮影の積み重ねが魅力的な現代映画を誕生させる」と語ったジョン・ジョスト監督3年ぶりのワークショップ。
このワークショップはご自身が撮りたいものを撮ってきていただき、実際に撮られたものを観ながら、自分がやろうとしてできていないことや撮っていながら気づいていなかったことなどを、ジョン・ジョスト監督からアドバイスをいただき制作する講義となる。
Massage from John Jost

デジタル・ビデオとメディアの恩恵で、自分自身の作品を作る際にあった技術的・経済的な障害は過去のものになった。だがだからと言って、誰でも映画が作れ るようになったわけでもないし、誰にでも映画を作る資格が出来たわけでもない。どんな芸術や職人芸でも同じことだが、なにか意味があるものを作り出すため には努力と、その表現手段を理解すること、それに才能が必要なことに、なんの変わりもない。このワークショップでは皆さんが自分で鍛錬を重ねるために出来ることについて現実的な視点から手早く検討して、自分でやることによって自ら学ぶことの基礎になる基本的なやり方を共に学んで行きたい。

《John Jost プロフィール》
1943年生まれ。1960年代に起こったアメリカのドキュメンタリー 映画運動集団「ニューズリール」の創設にかかわる。1973年、初の長編『スピーキング・ダイレクトリー』を発表。以後、フィクション、ドキュメンタリー、実験作品などさまざまな映画作品を手掛けている。
ジョン・ジョスト/デジタル・シネマ・ワークショップ
5/9(土)17:00〜、5/16(土)17:00〜 映画美学校にて計2回講義 ※5/10〜5/15の間はフリー撮影日となる。
受講料:7,000円(税込)
定員:30名(先着順)
申し込み方法は映画美学校ホームページ〔 http://www.eigabigakkou.com〕にて!