LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

日本映像翻訳アカデミー特別公開セミナー「世界を目指せ!日本映画」

海外を目指すならこれだけは押さえておきたい“ポイント”

業界の第一線で活躍するプロの映像翻訳者の養成スクール“日本映像翻訳アカデミー(JVTA)”が「世界を目指せ!日本映画」と題した特別公開セミナーを実施。今年で14回目を迎える世界最大級の日本映画祭ニッポン・コネクション、同映画祭のディレクター、マリオン・クロムファム氏がドイツから来日。さらに、映画配給会社Third Window Films代表のアダム・トレル氏を迎え、トークセッションが行われます。世界が求める日本映画とは? また映画祭翻訳者に望むこととは? 海外を目指すフィルムメーカーなら“コレだけは押さえたい”ポイントに迫る。終演後には名刺交換や作品スクリーナーを手渡すチャンスもあるそう。世界進出を意識するフィルムメーカーには必見のセミナー。奮ってご参加ください。
日本映像翻訳アカデミー特別公開セミナー「世界を目指せ!日本映画」
2014年10月20日(月)、日本映像翻訳アカデミー日本橋校にて開催!
■日程
2014年10月20日(月)
■時間
19:00-21:00
■場所
日本映像翻訳アカデミー日本橋校 (住所:東京都中央区日本橋本石町3-2-4)
■講師
マリオン・クロムファス (Marion Klomfass)
「ニッポン・コネクション」の実行委員長。短編・長編合わせて毎年100本を超える上映作品の選定にもかかわる。2013年に日本文化の普及に貢献した実績を評価され外務大臣表彰受賞。「ニッポン・コネクション」はフランクフルトで2000年から開催されている世界最大規模の日本映画祭で、来場者数は16,000人を超える。コンペ部門の1つニッポン・ビジョンズアワードは、海外マーケットを目指す日本の映像作家の登竜門として話題を集めている。
アダム・トレル(Adam Torel)
映画配給会社Third Window Films代表。日本およびアジア映画を、劇場公開作品の配給やDVD販売を通じてイギリスをはじめとした世界の人々に紹介している。手がけた作品に『告白』(中島哲也監督)、『悪の経典』(三池崇史監督)、『悪人』(李相日監督)、『愛のむきだし』(園子温監督)など。共同制作作品に『希望の国』(園子温監督)、『福福荘の福ちゃん』(藤田容介監督)がある。レインダンス映画祭、テラコッタ・ファー・イースト映画祭などでプログラマーとしても活躍している。
■代金
1,000円(税込)
■お申し込みページ
http://www.jvta.net/extracurricular/世界の中の日本映画/
『日本映像翻訳アカデミー(JVTA)』
業界の第一線で活躍するプロの映像翻訳者を養成するスクール。輩出したプロは 約1000人に上る。併設するエージェント部門(東京/LA)では映画・テレビドラマなど エンターテイメント素材を中心に多様な翻訳案件を扱うほか、字幕版・吹き替え版の 制作など映像編集業務にも対応する。国内外の映画祭、映像イベントでの特別上映 プログラムやワークショップの実施などコラボレーション企画の実績も豊富。著書に 「はじめての映像翻訳」(アルク)などがある。公式Webサイト: http://www.jvtacademy.com/
東京都中央区日本橋本石町3-2-4 共同ビル2F / 3F 
外堀通りと江戸通りの交差点(新常盤橋)の角、共同ビル3F。1Fはミニストップ。
TEL:03-3517-5002
JR 新日本橋駅(総武線の2番出口より徒歩3分)
JR 神田駅(南口より徒歩5分)
地下鉄 三越前駅(銀座線A8出口/半蔵門線B1出口より徒歩5分)
地下鉄 日本橋駅(銀座線・東西線のA4出口より徒歩10分