LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

【LOAD SHOW 映画セミナー】酒井耕(映画監督)“「キオク」と「キロク」vol.1” 

「映画の話をしよう」とは?

映画サイト「LOAD SHOW」が主催する(Supported by JVTA)映画好きならどなたでも気軽に参加できる映画セミナーです。映画の世界に深く関わる講師陣と映画の話をしてみませんか? 第3回目のタイトルは “「キオク」と「キロク」vol.1”。講師に酒井耕監督(『東北記録映画三部作』)をお迎えし、「アーカイブってなんだろう?」をテーマに、映画の視点から「記憶」と「記録」について考えます。
酒井耕(映画監督)“「キオク」と「キロク」vol.1” 
〜 アーカイブってなんだろう? 映画の視点から「記憶」と「記録」について考えます 〜
■日程
2014年7月11日(金) 19:00~21:00
■場所
日本映像翻訳アカデミー(JVTA)
東京都中央区日本橋本石町3-2-4 共同ビル2F / 3F ※会場は3Fとなります。
外堀通りと江戸通りの交差点(新常盤橋)の角、共同ビル2F / 3F。1Fはミニストップ。
JR 新日本橋駅(総武線の2番出口より徒歩3分)
JR 神田駅(南口より徒歩5分)
地下鉄 三越前駅(銀座線A8出口/半蔵門線B1出口より徒歩5分)
地下鉄 日本橋駅(銀座線・東西線のA4出口より徒歩10分
■料金
一般=1,300円
学生・JVTA受講生/修了生=1,000円
■お問い合わせ・お申し込み方法
info@loadshow.jpまで下記の事項をご入力の上、送信ください。
・ご氏名 ・電話番号 ・件名に「映画セミナー:「キオク」と「キロク」vol.1」とご入力ください
※お申し込み先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。
『酒井耕(さかい・こう)』
1979年長野県生まれ。映画監督。現在の活動拠点は東京。東京農業大学在学中に自主制作映画を手掛け、卒業後、社会人として働いた後、2005年に東京藝術大学大学院映像研究科監督領域に入学。修了制作は『creep』(2007)。『ホーム スイート ホーム』(2006)の他、濱口竜介と共同で東北記録映画三部作『なみのおと』(2011)『なみのこえ』 (2013)『うたうひと』(2013)を監督。現在は映画製作と平行して、各地の土着文化の再編活動に携わっている。
『日本映像翻訳アカデミー(JVTA)』
業界の第一線で活躍するプロの映像翻訳者を養成するスクール。輩出したプロは 約1000人に上る。併設するエージェント部門(東京/LA)では映画・テレビドラマなど エンターテイメント素材を中心に多様な翻訳案件を扱うほか、字幕版・吹き替え版の 制作など映像編集業務にも対応する。国内外の映画祭、映像イベントでの特別上映 プログラムやワークショップの実施などコラボレーション企画の実績も豊富。著書に 「はじめての映像翻訳」(アルク)などがある。公式Webサイト: http://www.jvtacademy.com/
東京都中央区日本橋本石町3-2-4 共同ビル2F / 3F 
外堀通りと江戸通りの交差点(新常盤橋)の角、共同ビル3F。1Fはミニストップ。
TEL:03-3517-5002
JR 新日本橋駅(総武線の2番出口より徒歩3分)
JR 神田駅(南口より徒歩5分)
地下鉄 三越前駅(銀座線A8出口/半蔵門線B1出口より徒歩5分)
地下鉄 日本橋駅(銀座線・東西線のA4出口より徒歩10分