LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

染谷将太監督 最新作『清澄(仮)』が完成間近!川瀬陽太とのW主演!

2015年内の上映、 LOAD SHOWでの配信を予定! (劇場公開は未定)

『シミラー バット ディファレント』(2013)以来の、監督第二作!

染谷将太の監督最新作『清澄(仮題)』が完成間近となり、2015年内の上映と、 LOAD SHOWでの配信が予定されている。
主演は、公開中の 『ローリング』(冨永昌敬監督)をはじめ、数多の映画で活躍を続ける、川瀬陽太。監督・主演を務める染谷将太とのW主演となっており、前作 『シミラー バット ディファレント』 と同様に、全編16mmフィルムで撮影されたショートフィルムとなる本作は、隅田川付近を漂流する、ある中年の男と若者によって繰り広げられるファンタジー作品。撮影は前作と同様に、長編デビュー作 『ディアーディアー』 が公開待機中の菊地健雄が監督補、佐々木靖之( 『不気味なものの肌に触れる』 (濱口竜介監督) 『5windows』 (瀬田なつき監督)など)が撮影監督を務めている。

染谷監督コメント

今回の作品は漂流する男2人を撮りました。ある日中年のスーツの男と若者のスーツの男が隅田川付近を散歩します。しかしその2人はその場に存在する人なのかどうなのか?時制の歪みからなる人の変わりよう、性格の変化を描きました。なんとも違和感あるファンタジー作品です。
『清澄(仮)』
(C)2015 MIXVOXXXX
出演:川瀬陽太、染谷将太

プロデューサー:金林剛


監督・脚本:染谷将太


監督補:菊地健雄


撮影監督:佐々木靖之


録音:髙田伸也

編集:横山昌吾

撮影助手:下川龍一

スチール:内堀義之

ヘアメイク:有路涼子


暗躍人:岡本英之

プロダクション:MIXVOXXXX

  • 『川瀬陽太(かわせ・ようた)』
    1969年生まれ、神奈川県川崎市出身。当初、自主制作映画の助監督の仕事を中心に活動していたが、たまたま参加していた福居ショウジン監督の自主映画『RUBBER'S LOVER』に主役として出演する事に。この後、福間健二監督の『急にたどりついてしまう』(1995年)に出演。この映画の制作に参加していたスタッフの多くがたまたまピンク映画出身であったため、そうした経緯で瀬々敬久監督をはじめとしたピンク映画の関係者と交流を深め多くの作品に参加、近年では『サウダーヂ』(11/富田克也監督)、『クローバー』(14/古澤健監督)、『超能力研究部の3人』(14/山下敦弘監督)、『みずち』(15/堀江実監督)、『ジョーカー・ゲーム』(15/入江悠監督)、『さよなら歌舞伎町』(15/廣木隆一監督)、『乃梨子の場合』(15/坂本礼監督)など一般映画やテレビ分野、舞台へも進出し、その個性的な演技で注目を集めている。公開中作品に、冨永昌敬監督の新作『ローリング』、公開待機作に『新しき民』(14/山崎樹一郎監督)、『息衝く』(木村文洋監督)、『蜃気楼の舟』(竹馬靖具監督)、『月夜釜合戦』(佐藤零郎監督)など。瀬々敬久監督とのコンビが有名。
  • 『染谷将太(そめたに・しょうた)』
    1992年9月3日生まれ、東京都出身。9歳の時に『STACY』(01/友松直之監督)で映画デビュー。『パンドラの匣』(09/冨永昌敬監督)で長編映画初主演。以降、日本映画の新世代を代表する俳優として活躍し、2011年『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(瀬田なつき監督)で第66回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、2012年『ヒミズ』(園子温監督)で第68回ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞、『ヒミズ』と『悪の教典』(三池崇史監督)で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞、2013年にエランドール賞新人賞を受賞、2015年に第14回ニューヨーク・アジア映画祭でライジング・スター賞を受賞、近年の主な出演作に『リアル〜完全なる首長竜の日〜』(13/黒沢清監督)、『永遠の0』(13/山崎貴監督)、『不気味なものの肌に触れる』(13/濱口竜介監督)、『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』(14/矢口史靖監督)、『ぶどうのなみだ』(14/三島有紀子監督)、『さよなら歌舞伎町』(15/廣木隆一監督)、『寄生獣』(14/山崎貴監督)、『寄生獣 完結編』(15/山崎貴監督)。公開中作品に『ソレダケ / that's it』(15/石井岳龍監督)、『ストレイヤーズ・クロニクル』(15/瀬々敬久監督)、『バケモノの子』(15/細田守監督)などがある