LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

橋口亮輔監督作品『恋人たち』

11月 テアトル新宿ほか全国ロードショー

『ぐるりのこと。』から7年ぶりのオリジナル長編作品が完成間近!

映画『恋人たち』は、通り魔殺人によって妻を失った男“アツシ”、自分に関心をもたない夫とそりが合わない義母と暮らす主婦“瞳子”、そして同性愛者で完璧主義のエリート弁護士の3人、それぞれの異なる“恋人たち”が織りなすストーリー。完成間近となった橋口亮輔監督7年ぶりのオリジナル長編作品を盛り上げる多彩な俳優陣が発表された。
“アツシ”役に、橋口監督の中編『ゼンタイ』にも参加した篠原篤、“瞳子”役は同じく『ゼンタイ』に参加の成嶋瞳子、エリート弁護士役には、ビジネスコンサルタントを経て俳優になったという異例の経歴をもつ池田良、いずれも橋口監督自らが選び抜いた3名の新人俳優が主要キャストを担う。そして、彼ら主要キャストを支えるべく、瞳子の前に現れ一筋の光を与える男役に光石研、その愛人役に安藤玉恵、アツシの先輩役としてリリー・フランキー、黒田大輔、加えて山中崇、山中聡、内田慈、木野花といった個性溢れる日本映画界の実力派たちが集結している。
「『今の日本が抱えていること、そして絶対にメジャー映画では拾わないであろう “人間の感情”を、ちゃんと拾ってあげたい』と思って制作に取り掛かりました。この映画を観た方に『ああ、ここに自分と同じ想いがある』と、感じてもらえたら、この映画が、その方の支え、救いになるのではないかと思ってます。」 橋口監督が、こう語る『恋人たち』は、11月の公開に向けて現在鋭意制作中。
松竹ブロードキャスティングによる作家主義、俳優発掘を理念としたオリジナル映画製作プロジェクトのひとつである本作。同プロジェクトには沖田修一監督作品『滝を見にいく』がある。
橋口亮輔監督作品『恋人たち』
11月 テアトル新宿ほか全国ロードショー
『恋人たち』
監督・脚本:橋口亮輔(『ぐるりのこと。』『ハッシュ!』)

出演:篠原篤、成嶋瞳子、池田良、安藤玉恵、黒田大輔、山中崇、内田慈、山中聡 、リリー・フランキー、木野花、光石研

配給:松竹ブロードキャスティング アーク・フィルムズ

製作:松竹ブロードキャスティング

©松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ