LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

オムニバス映画『恋につきもの』

新進気鋭の漫画家ふみふみこのファンタジックで切ない世界を初めて映像化した3つのラブストーリー

本作は、毎年、東京藝術大学の学生が、企画開発、脚本制作、資金集め、キャスティング、撮影、編集、宣伝、配給までの、商業映画が辿る全ての工程を実施するカリキュラムの中で製作された短編3話のオムニバス作品。原作は、新進気鋭の漫画家ふみふみこが描くファンタジックで切ないラブストリー。人から見たらちょっと変わった登場人物たちによって紡がれる、友人、恋人、夫婦といった様々な愛の形。彼らは「どんな形だって愛は愛」と、軽々とすべてを超越してみせる。表題作『恋につきもの』は、ふみふみこと製作スタッフが原案から共同開発した完全書き下ろし!主題歌は、世界的な評価を受けているボアダムス始め、ROVO、羅針盤など多くのバンドの中心メンバーとして知られる山本精一が、本作のために書き下ろした“恋につきもの”。耳に残る名曲が映画を彩る。

桝井大地監督作品『いばらのばら』
【Story】誰もが振り向く美貌を持つ女子高生のいばらは、感情が高ぶると全身から薔薇のような刺が出てしまうという秘密を抱えていた。一方、同じく特異体質で鉱石の体を持つ幼なじみの流花は、そんな彼女をいつも側で見守っていた。流花の猛アプローチの末、二人の仲は恋愛関係に発展。しかしそこに淀橋という問題児がいばらを奪ってしまう。数多のジレンマを経て、物語はある結論へとたどりつく。

五十嵐耕平監督作品『豆腐の家』
【Story】結婚と同時に新居に暮らし始めた陽一と絹子。二人は真っ白な壁と絹子の名前にちなんで豆腐の家と名付ける。陽一は就職も決まり、これからあたたかな結婚生活が始まるはずだった。しかし食事はいつも豆腐しか出さないなど、自由奔放な絹子に振り回され、仕事のストレスも重なり、徐々に陽一は精神を病んでいく。そのうち絹子は「豆腐の家が腐って来ている」と言いはじめる。

一見正隆監督作品『恋につきもの』
【Story】光多朗への想いを諦めきれないまま死んでしまった小春は、幽霊になって現世を彷徨う。自動車教習所の指導員である光多朗は、生徒の晴臣に目を奪われる。その現場を目撃してしまった小春は、彼がゲイなのではないかと疑い始める。「女である自分のことを、本当は愛していなかったのではないか」と不安にかられた小春は、真実を確かめるために晴臣への憑依を思いつき、光多朗に近づいていく。
『恋につきもの』
2014年4月12日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
■公式サイト
http://film.fm.geidai.ac.jp/koitsukimovie/
■劇場情報
シネマート新宿
■舞台挨拶&トークショー
4月12日(土)のみ20:15よりスタート(スクリーン1)
上映前に出演者舞台挨拶決定! 登壇…趣里、髙橋洋、谷口蘭、石田法嗣、松本花奈、伊藤沙莉、葉山奨之(予定)
4月13日(日)から 20:40より公開(スクリーン2)
13日(日) 製作スタッフ舞台挨拶
14日(月) トークショー 予定
15日(火) 音楽家・山本精一(本作主題歌) ×作家・ 嶽本野ばら(『下妻物語』) トークショー
『いばらのばら』
Ⓒふみふみこ/徳間書店 Ⓒ 2013『恋につきもの』製作委員会
監督:桝井大地/脚本:桝井大地、木村孔太郎/キャスト:松本花奈、伊藤沙莉、葉山奨之、北香那、吉岡睦雄
『豆腐の家』
Ⓒふみふみこ/徳間書店 Ⓒ 2013『恋につきもの』製作委員会
監督:五十嵐耕平/脚本:五十嵐耕平、磯脇潤士/キャスト:谷口蘭、石田法嗣、足立智充、嶺豪一、鈴木卓爾
『恋につきもの』
Ⓒふみふみこ/徳間書店 Ⓒ 2013『恋につきもの』製作委員会
監督:一見正隆/脚本:森崎洸貴/キャスト・趣里、髙橋洋、栁俊太郎、亀山陽、秋川百合、堀部圭亮
  • 『桝井大地(ますい・だいち)』
    1987年生まれ、北海道出身。慶應義塾大学在学中より自主映画製作を始める。主な監督作に『少女諸事情』(11)、『空洞』(12)、2014年4月公開予定のふみふみこ原作オムニバス映画『恋につきもの』の一編『いばらのばら』がある。
  • 『五十嵐耕平(いがらし・こうへい)』
    1983年静岡県生まれ。東京造形大学映画専攻に進学し、 同大学の教授、映画監督の諏訪敦彦氏のもとで映画を学ぶ。在学二年時に制作した初長編映画『夜来風雨の声』が、 Cinema Digital Seoul 2008 Film Festival に出品され、韓国批評家賞を受賞。2014年4月公開予定のふみふみこ原作オムニバス映画『恋につきもの』の一篇「豆腐の家」を監督。
  • 『一見正隆(いちみ・まさたか)』
    1987年生まれ。三重県出身。京都造形芸術大学映像舞台芸術学科に入学し映画制作を始める。在学中に「遠い部屋」(09)や「いきてるうちに」(10)を監督。2013年東京藝術大学大学院映画専攻に入学。監督した短編「無知と魚」(13)が札幌国際短編映画祭に入選。他の監督作品として2014年公開のオムニバス映画『恋につきもの』の一編『恋につきもの』がある。