LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

康 宇政監督作品『小三治』

趣味や遊びだからこそ真剣に取り組まなければ面白くない

重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された噺家・十代目柳家小三治を追った 2009年制作のドキュメンタリー映画『小三治』の再上映が東京・ポレポレ東中野にて、9月6日より 3 週間行われる。2009年2月の同館を皮切りに、全国60カ所以上を巡って3万2千人超を動員し、単館系ドキュメンタリーとしては異例の大ヒットを記録。今回は“凱旋上映”となる。再上映では35mmフィルムで上映されるそうで、こちらも楽しみのひとつ。どこか永遠の少年であるかと思えるほどの純粋さをもつ小三治師匠の魅力が散りばめられた珠玉のドキュメンタリー、是非この機会にお見逃し無く。

【内容】

落語のこと、自分のこと、多くを話したがらない小三治だが、ふとした時に見せる表情や語られる言葉から、小三治の落語に対する気持ちが垣間見えてくる。高座での美しく堂々とした姿とは裏腹な、迷い悩み自分と格闘し続ける“人間・柳家小三治”の姿を 3 年に渡り追ったドキュメンタリー。
康 宇政監督作品『小三治』
ポレポレ東中野にて 9 月6日(土)~26 日(金) まで、10:20 より一日一回上映
■上映場所
ポレポレ東中野(住所:東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル地下)
■公式サイト
http://www.mmjp.or.jp/pole2/
『小三治』

監督:康 宇政/プロデューサー:安西志麻、米山靖/撮影:杉浦 誠/録音:米山靖 /企画・製作:オフィス・シマ/ヒポ コミュニケーションズ

出演:柳家小三治、入船亭扇橋、柳家三三、立川志の輔、桂米朝/語り:梅沢昌代

(2009 年/ドキュメンタリー映画/104 分)