LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

エドワード・ヤン監督作品『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』

第29回東京国際映画祭<ワールド・フォーカス部門>にて上映!

2017年、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー!

エドワード・ヤン監督 生誕70年、没後10年。映画史上に残る傑作、劇場公開!!

名匠エドワード・ヤン監督が1991年に発表した、傑作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』がデジタル・リマスターされ、25年ぶりに日本のスクリーンに戻ってくる!
本作はBBCが1995年に選出した「21世紀に残したい映画100本」に台湾映画として唯一選出され、2015年に釜山映画祭が選出した「アジア映画ベスト100本」の第7位に選出されるなど、映画史上に残る傑作として評価されながらも、日本では初上映以来25年間、観れる機会がほとんどなかった。本作の発表から25年を記念して、3時間56分デジタル・リマスター版が10月25日より開催される第29回東京国際映画祭<ワールド・フォーカス部門>においてプレミア上映が決まり、エドワード・ヤン監督の生誕70年、没後10年となる2017年に劇場公開されることが決定!
エドワード・ヤン監督作品『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』
第29回東京国際映画祭<ワールド・フォーカス部門>にて上映

2017年、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』
監督:エドワード・ヤン

出演:チャン・チェン、リサ・ヤン、チャン・クオチュー

1991 年/台湾/236分 /(c)1991 Kailidoscope
ストーリー:1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。