LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

奥原浩志 監督作品『黒四角』

近くて遠い国・中国で、ひとりの日本人監督が作り上げた問題作。

釜山国際映画祭グランプリ『タイムレス・メロディ』(00)、ロッテルダム国際映画祭・最優秀アジア映画賞『波』(01)、『青い車』(04)の奥原浩志監督、5本目の長編作品。独特の空気感で人と人との関わりを描いてきた奥原は、2008年に文化庁の在外研究制度で中国へ渡る。反日デモが吹き荒れるなか、中国のインディーズ映画人らと積極的に交流し、日中気鋭のスタッフを集め製作した本作は、2012年の尖閣諸島問題がまさに先鋭化するなか行われた東京国際映画祭で、ワールド・プレミア上映された。日本と中国の「戦争と現在」という危ういテーマを扱った本作は、未だ中国本土での公開が認められていない。両国の猜疑と反目が深まる今、監督・奥原が伝えたかった想いとは――。

【Story】

中国・北京の芸術村で暮らす画家のチャオピンは、画廊で「黒四角」という名の、黒一色に塗りつぶされた絵を目にする。翌日、チャオピンは空を飛んでいく黒い物体を発見し、それに誘われて荒涼とした大地にたどり着く。そこで突然現れた裸体の男。その男は自分の名前さえ憶えておらず、どこから来て、どこへ向かうのかも分からないと言う。しかし、チャオピンとその妹のリーホワは、既視感を覚え、遠い記憶の中に男の面影を探そうとする――。そして物語は60年前、悲惨な戦争に従軍した日本兵と中国人兄妹の切ない愛と友情の記憶へと変転していく。
奥原浩志 監督作品『黒四角』
新宿 K’s cinemaほか全国公開中!
■『黒四角』公式ホームページ
http://www.u-picc.com/black_square/
『黒四角』
監督・脚本・編集:奥原浩志/プロデューサー:李鋭、奥原智子/制作:路潞/撮影監督:槇憲治/照明:高根沢聡志/美術:高鵬/録音:張陽/音楽:サンガツ/視覚効果:オクティグラフィカ/助監督:東伸治/協力:尾崎元英/星空壹禾影視發展有限公司/配給:太秦
出演:中泉英雄/ダン・ホン/チェン・シーシュウ/鈴木美妃/ゴウズ/ジャン・ツーユー/ワン・ホンウェイ
2012年/日本・中国合作/カラー/HD/144分
© 2012 Black Square Film Gootime Cultural Communication Co.,Ltd