LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

奥田庸介監督作品『クズとブスとゲス』

7月30日(土)より、渋谷ユーロスペース他全国順次公開!

究極のバカどもが蠢く、純粋無垢な暴力映画!!

監督・脚本は、自主制作映画『青春墓場』三部作(08・09・10)が高く評価され、最終作『青春墓場~明日と一緒に歩くのだ~』は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門グランプリを受賞。若干24歳にして『東京プレイボーイクラブ』(11)で商業映画デビューを飾った異才・奥田庸介。華々しくデビューしたものの、その後思うように作品を撮れず、日雇いや夜の世界に身を投じくすぶっていた彼が持てる全てのエネルギーを注入、本作は4年ぶりの長編新作となる。
主役のスキンヘッドの男を監督自ら演じており、体重を15キロ減量、眉を剃り落とし、鼻ピアスを着ける肉体改造を施し圧倒的な存在感を見せる。その徹底ぶりは鬼気迫るものがあり、アクションはすべてリアルファイト、流れる血は本物、本番中にビール瓶で自ら頭をカチ割って12針も縫う大けがを負い、そのまま病院送りになって撮影が中断したほど。この通常の映画づくりを無視したような規格外の熱量に誰もが度肝を抜かれ、第16回東京フィルメックスではスペシャル・メンションを授与され(奥田庸介個人に対し)、第45回ロッテルダム国際映画祭にも正式出品された。
共演は直情バカのリーゼント男に、『青春墓場』三部作時代から奥田映画となじみの深い板橋駿谷。その恋人で理不尽な状況を必死に生きる女に、オーディションで選ばれ、これが本格的な女優デビューとなる岩田恵理。さらに『その男、凶暴につき』(89)以来、多くの北野武作品や多数のTVドラマで活躍する芦川誠が、3人の運命を掌で転がすヤクザ役で出演している。
露悪的な題名から確信的に本作は、観る者の常識を、モラルを徹底的にゆさぶって、問いかけ直してくるだろう。
奥田庸介監督作品『クズとブスとゲス』
7月30日(土)より、渋谷ユーロスペース他全国順次公開
■公式サイト
http://kuzutobusutoges.com
■公式Facebook
https://www.facebook.com/eigabanzoku/
『クズとブスとゲス』
監督・脚本・主演:奥田庸介

キャスト:板橋駿谷 岩田恵理 大西能彰 カトウシンスケ 芦川 誠

プロデューサー:奥田大介・小林 岳・福田彩乃 撮影:矢川健吾 編集:小野寺拓也 録音:根本飛鳥 照明:松永光明

製作:映画蛮族 配給:アムモ98

(C)2015 映画蛮族

2015年/日本/カラ―/DCP/ 5.1ch/シネスコ/141分
ストーリー:女を拉致監禁し、裸の写真をネタに強請(ゆす)りで生計を立てるスキンヘッドの男。ヤクの運び屋から足を洗ったものの、ストレート過ぎる性格が災いして過ちを繰り返すリーゼントの男。自己主張が苦手で、流されるがまま生きてきた結果、苦界にはまり込んでしまう女。社会適応力ゼロな彼らが繰り広げる血と暴力と涙の物語を、凄まじい迫力で描き切る。